夏のオリオン星雲

この夏の最後の新月期も悪天候に祟られ、梅雨明け以降は夏の星雲・星団をじっくりと見ることができないままに8月も終わろうとしている。そんななか、昨晩は久しぶりに家からも雲間に星を見ることができた。ネットで調べると八ヶ岳山麓では夜半過ぎに雲量が減るというのが21時の時点での予報だった。よし出掛けよう。そう決めると、夜なべ仕事にも気合いが入った。

家を出たのは午前0時少し前。車が郊外に進むにつれて、空が暗くなり車窓からも雲間に星が見えるようになってきたが、八ヶ岳に近付くと逆に雲が増えて来た。1時間足らずで標高1400mのいつもの場所に着いたころには、時々霧を透かして夏の大三角が薄らと確認できるような状況だった。予報では午前2時過ぎに北の方から次第に雲が減ってくるということだったので、着いた時点で曇っているのは折り込み済みだ。ただ、風が南から八ヶ岳に向かって吹いていることがちょっと解せなかった。しかし、風があるのだから、いつかは晴れるだろう。そう思って、忍の一字を決め込んだ。ところが午前2時を過ぎても一向に晴れる気配はない。そこでとうとう、八ヶ岳の北東側に車で移動することにした。こんな時間に車が走るのは珍しいのか、路上でキツネを何度も見かけた。しかし走れども走れども星は見えてこない。仕方なく諦めて山を下り高速道路にのった。

標高を下げて盆地の街灯りが近付くと、なんと東側の空が晴れていてオリオン座が昇ってきているのがフロントガラス越しに見えるではないか。慌てて高速道路を下りて、空き地に車を止めた。まさか、この辺りは一晩中星が見えていたのではないか・・・、そんな疑念が頭の中で渦巻くが深く考えないようにして、さっさと望遠鏡を組み立てた。ところが、北極星が雲で見えないので赤道儀の方角が合わせられない。ふと、オリオン座の三ツ星は真東から昇るので昔の漁師が方角の標にしていたという話を思い出し、それを目安に適当に方角をあわせるとオリオン星雲に望遠鏡を向けた。時刻は午前3時半になろうとしていた。

露光時間を5秒に設定して例によって簡易手動追尾をはじめたが、途中で薄雲がかかったり電線が邪魔したりと、思うようにコマ数が稼げない。そうこうするうちに薄明の時間が近付いてきて、今度は焦りから追尾エラーが増えてきた。シリウスが昇ってきた午前4時過ぎに、東の山際の空が白んできたのを確認して撮影を止めた。

b0167343_23524741.jpg全部で200コマほど撮影したなかから43コマを選んでコンポジットしたのが、この写真だ。昨シーズンの終わりに追尾なしで撮影した写真に比べると、視野の中心に収まっていないコマが多かったために周辺部の星像が歪んではいるが、星雲の写り具合は別次元で追尾の威力は明らかだ。これから空の透明度が増して、星雲が南に高く昇った条件で撮影したらと、大いに期待される。

それにしても8月にオリオン星雲とは・・・。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-08-31 00:02 | 星雲

雲間のカシオペヤ

新月期が近付いてくると、お天気が気になって仕方がない。頭の中には、簡易手動追尾で撮影してみたい対象や、ドブソニアン望遠鏡でじっくりと眺めてみたい対象が一杯だ。ところが、連日の不安定な天候である。

悶々としているくらいなら出掛けてしまえと、8月25日の深夜に八ヶ岳山麓に向かった。ところが、着いてみると、やっぱり曇っていた。しかし、割とサラッとした爽やかな風が吹いていて雲がゆっくりと動いている。とりあえず望遠鏡の架台だけ組み立てると、のんびりと夜風に吹かれていた。

しばらくすると、西の空に夏の大三角が雲間から切れ切れに見えるようなって、晴れ間が次第に天頂方向に移動してきた。双眼鏡で雲間の星々を拾うようにして眺めていると、カシオペヤのW字が姿を現した。カシオペヤから二重星団を経てペルセウスの星々と重なって、どうやら銀河も見えている。雲が晴れれば、なかなかの星空が期待できそうだ。写真は、その様子をコンデジで6秒露光で撮影し、12コマを星の位置を基準にコンポジットしたものだ。

b0167343_1393715.jpg
ところが望遠鏡を出すまでもなく一瞬で星空は消えてしまい、夢を見ていたのではないかと思われるように完全に曇り空に戻ってしまった。辺りには秋の虫の音がしんみりと響き渡っている。

なんとなく納得したような気分になり、機材をしまうと家路についた。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-08-27 13:10 | 月・星のある風景

ズーム撮影の試み(M57リング星雲)

8月9日の晩のM31の撮影に先だって、まだ月明かりが残っていたので、空が明るくても比較的よく見える惑星状星雲のM57リング星雲に望遠鏡を向けた。30mmの接眼レンズでも、眼視だと小さな楕円形の光芒の中心が抜けていることが見えるのだが、そのまま撮影すると星雲が小さいために中心部がつぶれてしまってリング状には写らない(この手持ち写真は25mm接眼レンズなので、なんとかリング状に見えているが・・)。それなら、より短焦点の接眼レンズにすればいいのだが、コリメート撮影用のアダプターは他の接眼レンズには残念ながら繋ぐことができない。

そこで、コンデジのズーム機能を使ってみることにした。ズーム機能を使えばカメラのレンズのF値が上がるので、当然ながら暗い天体を撮影するには不利になってしまうが、簡易手動追尾ならそれをある程度は補えるハズだ。問題は倍率が上がる分だけ追尾のエラーが大きくなることだが、露光時間を無理しなければ何とかなるのではないか。

b0167343_1154866.jpgということで、ズームの程度を変えながら星雲の写り具合と露光時間との兼ね合いをテストしてみた。そして、デジカメのレンズは本来のF値が2.0で焦点距離が25mmなのだが、焦点距離が50mm(F値は3.2になった)で露光時間5秒を妥協点とした。この条件で簡易手動追尾していたが、残念ながら間もなくM57は雲に隠れてしまった。

撮影した中から追尾エラーの比較的目立たない24コマを選んでコンポジットし、得られた画像を円形にトリミングしてみたが、うまいこと中心部がつぶれずにドーナツ型をした星雲の特徴がわかる写真になった。よく見ると、やや楕円形をしていて長径の両端が少し細く暗くなっており、唇のような形をしている様子もわかる。もう少し大きくすれば、中心部にある星も分離して写る可能性はあるが、そうなると追尾エラーが多くなってしまうだろうから、やはりこの辺りが妥協点だろうか。

ということで、M57以外にも比較的明るい惑星状星雲や球状星団が対象なら、このズーム撮影は使えそうだ。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-08-23 01:17 | 手持ち撮影にこだわる訳

梅雨の合間の球状星団三昧(その8-M55球状星団)

6月21日の晩の球状星団巡りは終わったが、6月28日の晩にM55を眺めたので追加する。山中の森の小さな空き地からは、南空の低い部分は木々に隠れて視界が得られなかったのだが、たまたま木と木の間が開いている部分の空に「いて座」の柄杓よりも東側の空が見えていたので、双眼鏡で確認したところM55が木々の枝の上に姿を現していた。そこで、望遠鏡を向けると急いでデジカメを接眼レンズに装着して簡易手動追尾で撮影をはじめた。

デジカメのモニターのコマごとに星団周辺の星々が見えたり消えたりするのは、木の枝が視野にかかるからだろう。液晶画面でも比較的大きな光芒に星が分離して写っているのがわかる。結局、15分間ほど撮影を続けているうちに星団は完全に木に隠れてしまった。

b0167343_1324434.jpgそうやって露光時間を3.2秒で撮影した31コマをコンポジット処理した。昨年の夏の手持ち撮影は、何とか「見えました」という証拠写真にすぎなかったが、今回は簡易手動追尾したこともあって、大きく広がった光芒の中心に比較的明るい星が集簇しているのがわかる。眼視では不整形をした濃淡のある光芒といった感じだが、こうして写真で見ると「球状」星団というよりは「五角形」星団といった趣だ。南中しても高度が低いので、なかなかスッキリとは見えないが、南にいけば相当に見応えのある対象であろうことがうかがえる。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-08-20 01:34 | 星団

梅雨の合間の球状星団三昧(その7-M92球状星団)

6月21日の晩の球状星団巡りの最後はヘラクレス座のM92。近くにM13があるので何となく脇役のムードが漂うが、かなり立派な球状星団だ。初めて見た時には、その堂々たる風格に驚かされた。

一見して感ずるのは、その明るさだ。そして周辺部はなんとなく星が分離して見えているような感じがする。見かけの大きさはそれほどではないが、M5に匹敵しようかというぐらいの存在感がある。星団の密集度はIVに分類されているので、M13やM5のVや、M3のVIよりも高く、見かけの大きさの割に明るいのも納得がいく。

b0167343_00564.jpg例によって3.2秒の露光で簡易手動追尾した49コマを選んでコンポジットした画像でも、周辺部には星が分離して写っており、中心部が非常に明るいのがわかる。中心部の明るさは、M3やM5にも勝っているようだ。

M53から始まってM3からM5、そしてM13とM10さらにM12を経て最後にM92と7つの球状星団を巡っていつもながら感ずるのは、その多様な姿だ。密集度や広がり、きれいな球状から不整形、そして星団の周辺の星々のアクセントと、じつに様々な味わいがある。

いつの間にか明るく高く昇った月明かりのなかでカエルの声を聞きながら、この夜は満ち足りた気分で撤収した。観望は、いつもこんな風にありたいものだ。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-08-17 00:04 | 星団

新しい!?画像処理方法

これまでは、Photoshopを使って各コマを単純にコンポジット処理し、その画像の「明るさ」「コントラスト」「カラーカーブ」などを適当に調整して完成画像としてきたのだが、今回は独自の処理方法を考えて試してみた。

この処理方法は、前回のアンドロメダ銀河の画像を処理する過程で思いついて試してみたのだが、アンドロメダ銀河よりもプレアデス星団の方が、その効果をより感ずることができた。そこでプレアデス星団の画像の処理過程をモデルにして、その過程をまとめてみた。

コンデジのISO3200の画像は非常に粗いので、撮影したコマ数を増やしてコンポジット処理することで粗さと露光不足を補っているのだが、そうは言ってもコマ数には限界がある。今回のプレアデス星団では、がんばって全部で61コマをコンポジットしたが、それでも粗さが残ってしまう。

そこで、出来上がったコンポジット画像をコピーして8枚重ねた上で、それぞれを上下左右と斜め上下左右に僅かに移動させて、10%の比率で元の画像と合成してみたところ、シャープさはほとんど低下しないで、粗さが目に見えて改善された。

b0167343_14472.jpg一方、星雲などの淡い部分を強調しようとすると全体のコントラストが失われてしまって、強調処理にも限界があった。

そこで、今回はカラーカーブで淡い部分をかなり強調処理した画像と、コントラストを付けて星の部分を強調処理した画像を別々に作った。

それを、スムーズ処理した画像の上に、淡い部分を強調した画像を40%と、星の部分を強調した画像を20%の割合で重ねて合成処理してみたのが、プレアデス星団の完成画像だ。粗さも目立たず星雲の淡い部分も表現することができた。

コンデジを使った露光時間の短い「お手軽撮影」で天体写真を仕上げるには、画像処理もかなり重要になってくる。自己流だが、今後はこの方法をベースにしていこうと思う。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-08-15 00:39 | 手持ち撮影にこだわる訳

夏のスバル(M45プレアデス星団)

前の晩がとても楽しかったので、翌10日の晩も夜なべ仕事を終えてから八ヶ岳に向かった。着いたのは午前1時過ぎだったが、西の空にはまだ月が煌々と照っている。晴れてはいるが、月が沈んでからもカシオペヤあたりの銀河は判然とせずに、前の晩よりも透明度がもう一段悪いようだ。それでも、高原の夜とは思えないような比較的乾いた感じの風に吹かれて夜空を見上げていると、幸せな気持ちになる。

b0167343_22594435.jpgそんななか比較的良く晴れているのが東よりの空だったので、昇ってきたプレアデス星団に望遠鏡を向けると、露光時間を6秒に設定して簡易手動追尾をはじめた。30mmの接眼レンズだと残念ながら全部の星は入り切らず、アトラスは視野の外になってしまった。バックモニターでも、どうやらメローペのあたりのガス星雲が三角に写っているらしいことがわかったので、露光時間を8秒や10秒にしてみたが、星雲は確かに明るくなるが、追尾が難しくなり星が点像にならない。最終的には6秒露光ということで撮影を続けた。

そうやって撮影した61コマをコンポジット処理した画像では、星々の周囲に青い光芒が写っている。これがレンズの収差によるものではないことは、メローペやマイアの辺りの光芒に、ハケで掃いたような独特の風合いが微かに写っていることから確認できる。手動追尾の威力は、やはり絶大だ。透明度の高い空だと、どんな風に写るのだろうか。

次の新月期が待ち遠しい。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-08-14 23:03 | 星団

立秋の夜(M31アンドロメダ銀河)

暦の上では8月8日が立秋だったが、猛暑が復活して熱帯夜が続いている。そんな熱帯夜の8月9日の晩も日付が変わる頃に車に望遠鏡を積むと、八ヶ岳山麓まで出掛けた。自宅を出る時には28度だった車の温度計は着くと23度を示していて、心地よいそよ風が吹いている。

着いた時には月が沈もうとしているなか西側半分だけ晴れていたのが、少しずつ雲が南東側に移動していき、月が沈む頃には完全に晴れ上がった。夏の大三角は西の空に移り、カシオペアからペガススの四辺形が天頂にあって、東の空にはスバル星団が昇ってきており、もうすっかり秋の夜空だ。撮り残した夏の星雲・星団を目当てに来たのだが、天頂付近以外は薄雲がかかっている。そうなると、自然と望遠鏡をM31アンドロメダ銀河に向けた。簡易手動追尾の威力を確認するには最適の対象だ。露光時間を8秒に設定して微動装置を握りしめると、ウキウキしながら撮影を始めた。

b0167343_17315844.jpg肉眼でははっきりしないものの、薄雲がたびたび横切るようで、同じ露光時間なのに短い周期で写る星雲の明るさが変化する。それでも完全に雲に隠されるような感じはないので撮影を続けた。8秒露光だと追尾の手加減が難しくて星がなかなか点像にならないが、久しぶりの撮影は本当に楽しい。口笛でも吹きたいような気分だ。結局1時間ほどで約150コマを撮影したところで、星雲が雲に隠れてしまった。

そうやって撮影した中から43コマを選んでコンポジット処理した画像には、アンドロメダ銀河の姿がかなり鮮明に浮かび上がった。昨年秋の手持ち撮影でもそこそこには写ったので、追尾すれば銀河の全貌を捉えることも可能だろうとは思っていたが、空の条件が良くない中でここまで写るとは驚きだ。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-08-13 02:21 | 星雲

星のゆりかご M16散開星団

相変わらずはっきりしない天気が続き、夏の星座から秋の星座が主役になる時期になってしまった。そこで梅雨の合間に撮りためた夏の主役達を、またまたプレイ・バックする。

6月28日の晩は、これまた梅雨の合間に青空が広がった。ただし八ヶ岳方面は雲がかかっているようなので、自宅から西の方角にある南アルプス前衛の山並みの中腹に向かった。予定していた駐車場には街灯があったので、林道沿いのちょっとした空き地に車を止めた。林が周囲を囲んでいるため、北極星がギリギリで見えるような狭い視界だが、東側を除くと空はかなり暗い。それでも自宅から30分足らずで来られるのだから、ありがたい場所だ。

ただ、期待した南側の視界が悪くて「さそり座」は頭の部分しか見えないが、目標としていたM16は木々の上にあったので、早速に望遠鏡を向けてみた。M16は散開星団として分類されるが、鷲星雲の別名を持つ散光星雲が重なってある。星団は8cmでも十分に見えるのだが、星雲は非常に淡く8cmではなかなか難しい対象だ。それでも昨年の4月に透明度が素晴らしく良かった晩には、自宅からも星雲の存在が確認出来たことがあった。しかし、この夜は湿度が高いためか、眼視では星雲の存在を確信することはできなかった。

b0167343_12102986.jpg露光時間を6秒とやや長めに設定して簡易手動追尾を行うのだが、やはり露光時間が長いと星が点像にならなかったり視野の中心からズレてしまうコマが多くなる。それでも長時間露光(と言っても6秒だが・・)にこだわったのは、鷲星雲にある通称「ゾウの鼻」と呼ばれる暗黒帯の切れ込みを写し取りたかったからだ。この「ゾウの鼻」の部分では新しい星々が誕生している「星のゆりかご」というような場所らしい。

撮影した中から34コマを選んでコンポジット処理してみたが、赤い星雲の中心辺りに鮮明ではないものの黒い切れ込みが写っているのがわかる。こんな写真でも、こうやって写ると感動がある。そして改めて宇宙の不思議を思う。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-08-07 11:16 | 星雲

梅雨の合間の球状星団三昧(その6-M12球状星団)

8月になったが夏空は遠くなるばかり・・・。そこで、またまた6月21日の晩の球状星団巡り。今度はM10の隣にあるM12だ。

ほとんど光度が同じ2つの星団だが、眼視だとM12はM10よりも密度が低いため一段暗く見える。しかし、その分だけ中心部の星が幾つか分離して見えているように思う。そしてM12の面白さは、M12につながる梯子のように見える星の並びだと個人的には思っている。星団とは直接には何ら関係がない星々であるが、こういうとことが生で見る面白さではないだろうか。

b0167343_0125233.jpg例によって3.2秒の露光時間で簡易手動追尾した28コマをコンポジットした。こうして見ると球状星団としての密度が比較的低いことがわかる。以前の手持ち撮影の解像度とは随分と違う。このM12の姿をもっと遠くから見るとM71のような感じになるのではないだろうか。

それから、周辺部の星の並びも流れずにキレイに写っているのが嬉しい。これらの星々は通常の天体写真だと眼視では見えないような沢山の暗い星々に埋もれてしまうのだが、この撮影方法だと背景の暗い星々はそれほど写らないので(つまり露光不足)、眼視での印象がそのまま写しとられているところが面白いと、個人的に悦に入っている。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-08-04 00:15 | 星団