新たなステージへ(M31アンドロメダ銀河)

9月23日は、駆け足で北上した台風15号が蒸し暑さも運んでいってしまったかのように一転して涼しいお彼岸となった。まさに「暑さ寒さも・・」と言った具合だ。夕方には雨が降ったが夜には晴れて更に冷え込むという天気予報に、冬用の着物も車に積込んで八ヶ岳山麓を目指した。22時前に着いた時の気温は既に10度。望遠鏡が結露しないようにと、ずっと車の窓をあけてきたので、車を降りてもさほど肌寒さは感じなかった。

まずは、望遠鏡を組み立ててサブ望遠鏡を調整する。やはり焦点合わせに苦労して時間が経ってしまい、目指すアンドロメダ銀河に望遠鏡を向けて撮影をはじめられるようになるまでに1時間近くかかってしまった。そして手動ガイドであるが、低温で赤道儀のグリスが硬く夏の間に比べると微動ハンドルの動きが随分と渋く感じられる。一定の速度で動かすのが難しく、目標の星が視野の中で十字線のこっちとあっちを行ったり来たりしてしまい、追尾エラーが頻発する。露光時間は10 秒、13秒、15秒と試みたが、やはり露光時間に比例して追尾エラーの確率が高くなってくる。結局1時間半近くも夢中でガイド星を追いかけていた。

全部で100コマ以上撮影した中から追尾エラーの少ないコマを選んだところ、何とか使えそうなコマが10 秒露光で17コマ、13秒露光で20コマ、15秒露光で15コマと合計52コマ。このうち特に15秒露光では、多少の追尾エラーには目をつぶってコンポジット処理してみた。出来上がった画像は、暗黒帯もクッキリと写り、中心部に食い込むような微細な暗黒帯もかなり鮮明に見えている。星像は追尾エラーのため若干流れているが、この程度の大きさの画像にしておけば、ほとんど気にならない。通常の天体写真でみる姿よりも、宇宙の奥行きのようなものが感じられる独特の風合いの写真になった。これは、コンポジットの結果として周辺部で多少の収差が出ているのが、かえって奥行きや立体感を醸し出しているためだろう。伴星雲のM32もしっかり写って小さいながらも存在感を放っている。

b0167343_1384966.jpg夏の間に考えていた装備は整い、月明かりの影響のない空で手動ガイドでのコリメート撮影を果たすことができた。そして、出来上がった画像は、若干の追尾エラーを除けば十分に満足できる仕上がりになった。ただ、1コマあたり10から15秒の間集中してサブ鏡でガイド星と十字線を睨みながら追尾ハンドルを動かすのは思った以上に大変で、コンパクト・デジカメのコリメート法によるお手軽撮影と言いながら、結果的には今まで以上に大変な撮影となってしまった。まあ、仕上がった画像は、大変さを喜びに変えてくれるものではあるが・・・。

追尾エラーの原因としては、寒さのために追尾ハンドルの動きが渋くなってしまったことが大きいと思う。これから本格的な寒さに向かうなかで、これは何らかの対策が必要だなあ。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-09-30 01:41 | 手持ち撮影にこだわる訳

月夜のテスト撮影(その3-M27亜鈴状星雲)

9月18日の晩に、最初にテスト撮影したのはM27亜鈴状星雲だった。

月の出が迫り次第に雲が増えてくるなかで、サブ望遠鏡に2倍バローレンズを組み合わせた時の焦点がなかなか掴めずにしびれを切らし、えいっ!と短気を起こしてバローレンズなしでガイド撮影したものだ。しかし、バローレンズなしのサブ鏡の倍率は20倍。コリメート撮影している8cm屈折望遠鏡は40倍なので、視野の中でガイド星が少しズレただけでも追尾エラーになってしまう。

露光時間を長くしてみたり、また短くしたり、とバタバタやっていると、間もなく雲も広がってきて月も昇って来てしまった。そんななかで、なんとか写った中から多少の追尾エラーには目をつぶって選んだ21コマをコンポジット処理してみた。6秒、8秒、10秒と露光時間を変えたが、結局8秒露光のコマが一番多かった。それでも、ブラインドで追尾していた頃に比べると対象が中心から外れなくなったので、周辺部の星々でコンポジット処理による収差が余り目立たなくなった。

b0167343_030526.jpg
出来上がった画像では、星像が多少は流れているものの、亜鈴の両端から伸びる淡い広がりも何とか写って、全体として星雲がラグビーボールのような形をしているのが判る。まだまだ満足はできないが、手動ガイドによるコンパクト・デジカメのコリメート撮影でここまで写るようになった!!という事実を、まずは素直に喜ぼう。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-09-28 00:34 | 手持ち撮影にこだわる訳

標高1700メートルからの黎明

9月19日の明け方に、標高1700メートルから見た東の空。

b0167343_22311213.jpg
空には星が見えているのに、御坂山系の上に美しい朝焼けが現れた。下界には盆地の街灯りと雲海が見えている。

コンデジのF値は2.5でISOは800と抑えて、露光時間を2.5秒に設定して撮影した10コマを比較明処理した。

東の空に昇ってきたのは「しし座」の頭部。春の星座が早くも出番を待っていた。

「しし座」が夜空の主役になる頃には、どんな写真を撮っているのだろうか。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-09-25 22:34 | 月・星のある風景

月夜のテスト撮影(その2-NGC253銀河)

9月18日の晩のサブ望遠鏡を使ってのガイド撮影であるが、月から比較的離れた南天のNGC253銀河もテスト撮影してみた。露光時間は6秒に設定して撮影した中から14コマをコンポジット処理したのが右側の写真。同じ対象を9月6日の晩にもブラインドの簡易手動追尾による6秒露光で撮影してあった。こちらは左側の画像だが、41コマをコンポジット処理してある。

b0167343_03404.jpg
9月6日は月没後の撮影であったのに対して9月18日は月明かりの中の撮影であり、やはり右側の画像では星雲の淡い部分が背景の月明りに埋もれてしまっている。その一方で、ガイド撮影の画像の方が、星は点像になってシャープな仕上がりになっている。

月のない条件でのガイド撮影なら、銀河の周辺の淡い部もちゃんと表現出来そうな気がする。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-09-23 00:35 | 手持ち撮影にこだわる訳

月夜のテスト撮影(M31アンドロメダ銀河)

簡易手動追尾から一歩進めて、ガイド鏡での手動追尾によるコンデジのコリメート法での星雲・星団の撮影を試す時が来た。

9月18日の夜に、東京出張から戻ったのは午後8時前。街中からもキレイに星が見えている。月の出までは、わずかな時間しかない。食事を大急ぎで済ませると、車で30分ほど郊外の山の中腹に出掛けた。ところが届いたばかりのサブの望遠鏡が、うまく結像せずバタバタしているうちに雲が出て来てしまった。程なく木々の間から月が見えるようにもなって、失意のうちに山を下りた。しかし、そのまま家に戻る気持ちにはなれず、以前から観望候補地として目を付けていた場所に様子を見に行ってみることにした。

そして標高1700メートルの林道の終点に着いてみると、雲は眼下になって信じられないような見事な月夜だった。眼下に広がる盆地の街灯りは、うまい具合に雲に隠れされており、雲の切れ間からは美しい夜景が見える。下弦の月が高く昇って煌々と辺りを照らしてはいるが、空の透明度が高いので星もよく見えている。これならテスト撮影は十分に可能だ。

b0167343_1593414.jpgということで望遠鏡を組み立ててサブ機を調整しているうちに、ようやく合焦のポイントが掴めた。写真は月明かりに照らされた望遠鏡だ。足許に雲に覆われた街灯りが写っている。赤道儀の鏡筒バンドに据え付けられているカメラネジに微動装置付き雲台を付けて、そこに口径5cmのミニ・ボーグを載せた。焦点距離250mmのサブ望遠鏡は、2倍バローレンズに天頂プリズムを組み合わせると合成の焦点距離が3.3倍に延びて825mmになる。これにガイド用の12.5mmの接眼レンズを組み合わせると、倍率は約70倍。メインの8cm望遠鏡の焦点距離は1200mmで、コリメート撮影は30mmの接眼レンズとの組み合わせなので倍率は40倍。

テスト撮影をはじめてみると、ガイド鏡で確認しながらの追尾になったとは言え、ちょっとでも手加減を誤ると星が流れて点像を結ばなくなる。思っていたよりは難しい。それでも、カメラアングルを決めた上でガイド鏡の微動装置を使ってガイド星を視野の中心に置くので、以前のブラインドでの追尾のように、セルフタイマーでコマ数を重ねるうちに、だんだん対象がカメラアングルの中心からズレてしまうようなことはなくなった。

最初は、出来るだけ月から遠い対象を選んでテスト撮影していた。しかし、ガイド撮影の具合を確認するには、明るい対象の方がいいだろうと考え直した。そして、月の近くのM31アンドロメダ銀河に望遠鏡を向けると、露光時間を8秒に設定して追尾撮影してみた。30分余りで約90コマを撮影したが、そのうち4割のコマで星がほぼ点像になった。その34コマをコンポジット処理した画像がこれ。

b0167343_1595567.jpg
銀河の淡い部分は月明かりに埋もれてしまっているが、画像がグンとシャープになって、銀河の暗黒帯の微細な構造まで写っているのがわかる。ブラインドでの追尾撮影の解像度とは全然違う。これなら、月のない晩に撮影すれば、銀河の姿がかなり鮮明に写せそうだ。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-09-20 02:04 | 手持ち撮影にこだわる訳

魅惑のツブツブ感(M15球状星団)

8cm屈折望遠鏡で星々が分離しているのが眼視で判る球状星団は、M13M22など決して多くはない。30mm接眼レンズでの倍率は40倍。この倍率でコリメート撮影を行うと、メシエカタログにリストアップされている球状星団の大半は、周辺部の星々はなんとか分離して写るものの中心部は一塊となってしまう。中心部の星まで分離されるように写すには、もう少し倍率を上げる必要があるが、コリメート撮影用のリングが30mm接眼レンズ専用なので他の接眼レンズには残念ながら転用できない。

b0167343_2343543.jpg先日に、カメラのズーム機能を使ってM57リング星雲を撮影したところ、比較的うまく写すことができた。そこで、9月5日の晩に秋の代表的な球状星団のM15でも、ズーム機能を用いての簡易手動追尾を試みた。ただし、拡大率が上がると像が暗くなって追尾エラーも増えるので、本来のF値が2.0ところを2.5になる程度の軽度のズームに留めて、露光時間は3.2秒として簡易手動追尾を行った。追尾エラーのコマも多かったものの、ズームによって難易度が極端に増したような印象はうけなかった。

M15は眼視だと球状星団に特有の風合いは十分に感じられるものの、周辺部も含めて個々の星はほとんど確認出来ない。それが27コマのコンポジット画像では、中心部もほとんど白飛びしないで周辺部までツブツブとした球状星団らしい姿の写真になった。ちょっとしたズームなのに、ここまで効果があるとは驚きだ。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-09-14 00:00 | 星団

簡易手動追尾の集大成(オリオン星雲)

写ってビックリの馬頭星雲に先だって望遠鏡を向けたのは、オリオン星雲だった。先日に薄明迫る中で試した簡易手動追尾の画像が期待以上だったので、より良い条件ならどんな風に写るのか、ワクワクしながら望遠鏡をセットした。

星雲の微妙な広がりと、鳥の頭に当たるM43と本体のM42の間を暗黒星雲が隔ている様が、眼視でもよく見える。前回が、盆地の郊外とは言え街灯りの被る低空で、薄雲が時折通過する条件だったのとは、大違いの好条件だ。ただ、前回の方が気流は安定していてトラベジウムの星々が針で突いたように見えていたが、今回は星が多少は瞬いて見えている。

b0167343_1291.jpgまずは露光時間を段階的に増やしながらテスト撮影してみた。やはり、露光時間に比例して星雲の淡い部分まで写るようになって、10秒露光になると小三ツ星の北側の星々に重なる「ランニング・マン星雲」の明るい部分まで写っているのがデジカメのモニターでも確認できて、「おおっ!!」と思わず唸ってしまう。しかし、当然ながら露光時間に比例して追尾エラーが多くなってしまい、たとえ星が点像に写っても星雲が中心からズレてしまったりと、なかなか思い通りにはいかない。

b0167343_125525.jpg結局1時間近く格闘して撮影した200コマの中から、3.2秒露光で撮影した30コマ、6秒露光で撮影した20コマ、10秒露光で撮影した6コマを選んでコンポジット処理してみた。露光時間が長いほど視野の中心からズレたコマが増えるので、コンポジットした画像では周辺部の星像が線状から不整形と乱れてはいるものの、星雲本体は淡い部分までかなり鮮明に写っている。

この画像をブラインドでの追尾の集大成として、ひと区切りとしたい。そして、次の新月期までにはガイド鏡を使って撮影できるように機材を整えた上で、またオリオン星雲を撮影しようと思う。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-09-10 01:05 | 手持ち撮影にこだわる訳

憧れの馬頭星雲

とうとうこの日がやってきた。コンデジのコリメート法によるお手軽撮影でも星雲が写ると判った時から、いずれは挑戦できたらいいなと思っていた。昨シーズンの冬に凍える手で手持ち撮影した時には、次のシーズンには必ずや挑戦しようと思った。そして、先月に簡易手動追尾でプレアデス星団のガス星雲の存在をおぼろげながらも捉えた時には、間違いなく写ると確信した。

昨晩は、待ちに待った晴れ間がやってきた。天気がすぐれなかった夏の間に、天候が回復したらあれもこれも撮影してみたいと頭の中には煩悩の塊が育って渦巻いていた。日付が変わる頃に、八ヶ岳山麓のいつもの場所についた時には上弦の月は西に大きく傾き、八ヶ岳から張り出すように懸かっていた雲も時間の経過とともに少なくなっていった。さて、どこから手をつけたらいいのだろう。久しぶりの星空を前にして、月が沈んでも気持ちばかりが空回りしていた。

最初は上空にガスが懸かっていたのが、冷え込んでくるとともに夜空の透明度がどんどん増して来た。そんな中を午前2時を過ぎると東の空にはオリオン座が昇ってきた。冴えた星空は、冬の夜空を思わせる。そうなると、いてもたってもいられずに望遠鏡を向けた。とうとう、憧れの天体の撮影に挑戦する時が来たのだ。目指すは馬頭星雲。子ども頃に百科事典で写真を見て、その美しさと不思議さに打たれた対象だ。

b0167343_1155355.jpg三ツ星の東側のアルニタクを視野に導くと眼視では見えない存在を確認するために、まずはテスト撮影をして対象の位置を探ってみる。コンデジのバックモニターでも、その存在がどうやら確認出来た。カメラの構図を決めると、微動装置を握りしめて、ブラインドで追尾撮影をはじめた。露光時間を、5秒、8秒と延ばして10秒まで増やすと、追尾エラーが頻発するようになる。ここまで来るとブラインドの手動追尾で星を点像に写すのは至難の業だ。

そこで、多少の追尾エラーには目をつぶって、露光時間を10秒、13秒、そしてコンデジの設定上限の15秒まで増やしながら、撮影を続けていった。そうやって写した写真から、追尾エラーが比較的少ない6コマずつを選んでコンポジット処理し、同様の条件で少しだけ増感処理して比較してみた。15秒露光に挑戦している間に薄明を迎えてしまったので、背景が明るくなってしまったが、たかだか2-3秒の露光時間の違いなのに、10秒、13秒、15秒と露光時間が増すにつれて写り具合が驚く程に改善していた。

b0167343_1353432.jpgそして、10から15秒露光で撮影した全部で27コマをコンポジットし増感処理してみたのが、この画像だ。追尾エラーで星は線状に伸び、中心をズレたコマも無理矢理にコンポジットしたので周辺部の星は収差でズレズレだが、赤いガス星雲に重なってチェスのコマのような馬頭星雲が浮かび上がっているのがわかる。とうとう、少年の頃からの憧れをNikon 8cm望遠鏡のお手軽撮影で捉えることができた。40年近く前からの夢が叶ったことになる。

ここまで写るのだったら、赤道儀にサブ望遠鏡を載せて、対象を確認しながらの手動ガイドでお手軽コリメート撮影をやろう。そう決心した。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-09-08 01:36 | 手持ち撮影にこだわる訳

2つで1つ(二重星団h-χ)

8月10日のに月が沈むまでの間、二重星団のh-χに望遠鏡を向けてみた。空の条件が良いと、天の川の中に細長い光芒として肉眼でも十分に見えるのだが、この夜は西の空の月明りと縞状の薄雲の影響で肉眼ではハッキリしなかった。しかし、望遠鏡を向けてみると気流が安定しているせいか、針で突いたように繊細な微光星の群れが2つ視野に広がっていて、この星団の美しさは十分に感ずることができた。

北天の天体なので日周運動の影響が比較的少なく、昨年秋の手持ち撮影でも星はかなり点像に近く写ったのだが、簡易手動追尾によってよりシャープな星像が得られることを期待して、露光時間を3.2秒に設定して撮影してみた。やはり日周運動の影響が少ないため、3.2秒という比較的短い露光時間では追尾エラーもほとんどなく、半分ぐらいのコマで星が気持ちの良い点像に写っているのがバックモニターでもわかった。

b0167343_23212578.jpgそうやって撮影したコマの中から、できるだけ星団が視野の中心に写っているコマを選び出し、全部で45コマをコンポジット処理してみた。その甲斐あって、周辺部分の星はレンズの収差で若干線状に流れているものの、星団を構成する星々は概ね点像になった。特に暗い星がまさに針で突いたように写っているのが嬉しい。

こうして画像になってみると、2つの星団は思ったよりも星が疎らで規模も小さい。おそらく、単独ではこれほどまでに注目されない星団かも知れない。ところが、これを望遠鏡で見た美しさと言ったら、それこそ自然と溜め息が漏れてくるのだ。二重星団は決して2つの星団が並んで見えているのではなく、両方あわせて1つの天体なのだと、写真を見ながら強く思った。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-09-04 23:22 | 星団

月夜のみやげ(M29星団)

山の中の公共施設の駐車場で、不法侵入の烙印を押されて望遠鏡を敷地外に移動したのこと、晴れてはきたが煌々とした月明かりの中で唯一撮影したのがM29だった。

b0167343_23252029.jpg双眼鏡で小さな光芒として確認できるので、ついつい期待して望遠鏡を向けるのだが、これを本当に星団と呼んでもいいのか!?と思うような可愛らしい一群の星が見えてくる。星の数は眼視では7-8個といった感じだ。これを簡易手動追尾すれば、眼視では見えないような暗い星も写って、もう少し星団らしくなるのではないかと考えた。ただ、月明かりの影響も考えて露光時間は2.5秒としてみた。

そうやって撮影した16コマをコンポジット処理してみたが、周囲の星々がたくさん写っている分、写野の中央にこじんまりと収まった星団は眼視の時よりもかえって目立たなくなってしまった感じがする。それでも、どことなくユーモラスで憎めない感じの星団だ。眼視では、星団の傍らに二組の二重星が向きを揃えて並んで見えるのも面白いのだが、写真でも星団の左側にちゃんと星が分離して写っている。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-09-02 23:27 | 星団