1分露光の成果(その3-M42オリオン星雲)

久しぶりに週の半ばから週末にかけて冴えた星空が続いたが、長期出張中だったため悔しい思いをしながら夜を過ごしていた。ということで、ふたたび10月26日の晩の八ヶ岳山麓での撮影に戻る。

ミニ・ボーグに30mm接眼レンズを組み合わせてコリメート撮影した最後は、M42オリオン星雲だ。撮影をはじめた時点での時刻は既に4時前で、64秒露光でISO 1600、1000、800と4コマずつ撮影しているうちに薄明を迎えてしまった。そこで32秒露光に設定し直してISOを800にして10コマ撮影すると、15秒露光で12コマを追加撮影した。さらに、星雲の中心の明るい部分まで出せるようにと、15秒露光でISOを800から100まで段階的に落としながら30コマを撮影して終了とした。終わった時には午前5時を少し過ぎていた。

b0167343_114370.jpg
こうして撮影した全部で70コマをコンポジット処理し、若干の強調処理を施した画像をトリミングなしでアップした。鳥が羽を広げたような星雲の本体から後方にひろがるウエディングドレスのベールのような淡いガスの様子も鮮明に写っている。

b0167343_122947.jpg
さらに、中心部分をトリミングした画像もアップする。星雲の周辺の淡い部分から中心に近い明るい部分まで、かなり広い階調をカバーすることができた。今回は薄明の中での撮影となったため、露光時間を短くせざるを得なかったが、ISOを抑え目にして64秒露光でコマ数をもっと重ねることができれば、相当に淡い部分まで写りそうだ。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-11-29 01:04 | ミニ・ボーグの世界

八ヶ岳おろしの季節

西高東低のいわゆる冬型の気圧配置になると、八ヶ岳から甲府盆地に向かって「八ヶ岳おろし」と呼ばれる北からの季節風が吹き下ろすようになる。とうとう11月20日の晩には、本格的な八ヶ岳おろしがやって来た。この風を避けるため、いつもより八ヶ岳から少し離れた観望地に出掛けたのだが、そこでも北風が吹いていた。

できれば久しぶりにNikon 8cm本体でのコリメート撮影をやろうと思っていたのだが、望遠鏡が風にあおられて星が視野の中で躍っていた。そこで、ミニ・ボーグでのコリメートに切り替えてみたのだが、バックモニターで撮影したコマを拡大して確認すると、星が肥大して写っていた。

それならと、赤道儀の上に自由雲台を取り付けてデジカメ本体でガイド撮影することにした。できれば数分の露光時間を試してみたかったが、すでに月の出の時刻だったので、コンデジの露光時間は50秒と短めに設定した。コンデジ本来の28mmだと広角過ぎて望遠鏡まで写りこんでしまったので、ズームを35mmに切り替えた。そして、ISOを1250で5コマ、800で10コマ、640で5コマ撮影した。コンデジ自体での撮影なら、ガイドが多少粗かろうが問題はないので、随分と手動ガイドも楽だった。これなら、数分の露光時間でも手動ガイドに体が耐えられそうだ。

20コマをコンポジットしてみると、オリオン大星雲はもちろん、火焔星雲や馬頭星雲、はたまたバラ星雲やバーナードループの存在も淡いながらも確認出来て、これはこれで、なかなか面白そうだ。コンデジの長秒露光での天体写真のレパートリーが、また1つ増えたことになる。特に、これから八ヶ岳おろしが本格化してきて風が強い夜であっても、撮影を楽しむことができるのは嬉しい。

b0167343_2432499.jpg
考えてみると、オリオン座をガイド撮影したのは天文少年の頃以来ということになる。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-11-24 02:45 | 月・星のある風景

1分露光の成果(その2-M31アンドロメダ銀河)

M45に続いてM31アンドロメダ銀河。ミニ・ボーグに30mm接眼レンズを組み合わせてのコリメート撮影は、M45の撮影の時に64秒露光でISO3200に設定したら背景がかなり明るくカブってしまったので、今回はISOを1600からスタートした。ISOを1600で12コマ、1250で8コマと、ISOを段階的に下げながら撮影した合計39コマをコンポジット処理した。合計の露光時間は40分ほどだが、1コマごとに露光時間と同じだけダーク減算処理に時間がかかるので、最初のコマから最後のコマまで1時間半ほどを要した。

b0167343_0333248.jpg
できあがった画像に増感処理を最小限に加えたものを、トリミングなしでアップしたが、過去2回の撮影にくらべると画像が数段シャープなのは、露光時間を延ばすことでISOを下げることができたためだろう。

b0167343_0335495.jpg
さらに中心部をトリミングした上で、中間調の強調処理を少し追加した画像もアップする。口径が5cmのために解像度の点では暗黒帯の細かい濃淡までは判別できないものの、コンデジのコリメート撮影としては満足できる仕上がりになった。欲を言えばキリはないが、寒さの中での手動ガイドという手間は十二分に報われたと思う。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-11-20 00:36 | ミニ・ボーグの世界

1分露光の成果(その1-M45スバル星団)

もう1ヶ月近く前のことになるが、10月26日の晩は見事に晴れ上がった。寒さを覚悟して、名古屋出張の折に閉店間際の登山専門店に駆け込み購入しておいた冬山登山用の防寒下着を早速に着用してみた。八ヶ岳山麓に着いたのは23時ごろ。その時点での気温は5度で、これが明け方に帰る時には0度になっていた。木枯らし1号が吹き荒れた直後なので、北風も吹いていて体感気温は氷点下の感じだ。それでも上着を着てしまえば寒さはあまり気にならなかったのは、防寒下着の効果だろうか。

まずは長秒露光に備えて、しっかりと極軸合わせを行なう。といってもNikon 8cmの赤道儀には極軸望遠鏡はなく、しかも赤緯が35度で固定されてしまっている。八ヶ岳山麓の緯度は36度近いので、水準器を水平よりも若干上を向くように調整しながら望遠鏡を北極星の方向に向けた。試しに適当な星を選んで望遠鏡を向けて見ると、十字線に合わせた星は手動ガイドでピタリと収まった。どうやら極軸合わせはうまくいったようだ。

最初に望遠鏡を向けたのはM45。ミニ・ボーグに30mm接眼レンズを組み合わせるとコンデジを装着した。ここで、長秒露光できることを考えて、少しでも像がシャープになるように、コンデジのF値を開放の2.0から2.8へと少し絞り込んだのであるが、これが良かったかどうかは、後々に考えさせられることになった。ということで、くっしーさん仕込みのCHDKで露光時間を64秒に固定すると8cm屈折望遠鏡でガイド星を睨みながらひたすら手動ガイドを行なった。ダーク減算処理に露光と同じ時間をかけるので、1分間のガイドの後は一休みできる。その間に、バックモニターで写りを確認し、首や肩そして腕をグルグル廻して体をリラックスさせ、手袋の指先が切ってあるので凍えた指先をマッサージする。そして、再び1分間の手動ガイドに集中する。その繰り返し。

b0167343_1152259.jpg
ISOは3200でスタートさせて、5コマ撮影する毎に段階的に下げていった。ISOを下げるにしたがって像はシャープになって画像の粗さも改善されるが、当然ながら暗い部分は写らなくなってくる。ISOを800程度にして露光時間をもっと延ばせればいいなあ、という感じだ。結局ISOを400まで下げながら撮影したコマの中から全部で38コマをコンポジットした。それに最小限の強調処理を施したものをアップしておく。F値を少し絞ったためか、星団の主星に6本の輝線が入ってしまった。キラキラした雰囲気でなかなか面白いのだが、重なる青いガス星雲が目立たなくなってしまったのは残念だ。結果的には絞りは開放の方が良かったかも知れない。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-11-19 01:18 | ミニ・ボーグの世界

ミニ・ボーグによる散開星団三態(その3-M46&M47)

おおいぬ座周辺は散開星団の宝庫と言ってもいいくらい沢山の星団があって、メシエ天体だけでもM41、M46、M47、M50、M93がある。その中でM46とM47は比較的近くて、二重星団になぞらえることもあるぐらいだ。しかし、両者の特性が大きくことなるのは、一目瞭然。この2つの星団は、散開星団マニアのオールトの雲さんから、撮影のご要望があったペアだ。

青白い明るい星で構成される疎らな星団がM47で、光度が揃った暗い星で構成される均一な感じの星団がM46。双子に例えるならば、本家の二重星団を一卵性双生児とすると、M46とM47は男の子と女の子のペアの二卵性双生児といった感じだろうか。両者の対比が面白い。

同じく15秒露光の26コマをコンポジットしたが、M46を詳しく見るとNGC2438という惑星状星雲が、恒星に比べて面積を持って写っているのがわかる。また、写真でM47の左側にはNGC2423という疎ら散開星団があるのも見てとれる。さらに、M47のNGC2423とは反対側の少し離れた辺りにNGC2414という散開星団があるようだが、8等級の青白い星に重なってゴチャゴチャとしているのが、そうなのだろう。

b0167343_1383442.jpg
明け方近くなってきて疲れで手動ガイドが粗くなってしまい、星像が若干伸びてしまっているが、クリックして大きな画角でどうぞ。

追伸
b0167343_1521375.jpgクリックしたぐらいでは、NGC2438は見えないようなので、トリミングして貼付けておく。M46星団の中央左寄りにある輪郭がボケた青白い光芒がそれ。

小さいなりにも、惑星状星雲の雰囲気は十分に醸し出されていて、ミニ・ボーグでもちゃんと写ったことに少々ビックリだ。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-11-15 01:23 | ミニ・ボーグの世界

ミニ・ボーグによる散開星団三態(その2-二重星団h-χ)

M36とM38を撮影している間に、二重星団h-χが天頂付近から高度を少し下げてきて、三脚に邪魔されずに鏡筒を向けることができるようになった。ということで、ミニ・ボーグに30mm接眼レンズを組み合わせて、コンデジの露光時間を15秒に固定してISOを2000から800まで段階的に下げながら、M36&M38同じように手動ガイドでコリメート撮影した。こちらは全部で18コマをコンポジット処理した。

M36とM38は、くっしーさんがコメントに書き込んでくれたように、φ星と三角形を形成するように見えていることで、趣が異なる2つの星団に何か関連があるような印象を受けるところが面白い。これに対して二重星団は低倍率だと一見シンメトリーな印象だが、倍率を上げて見ると意外と2つの星団の雰囲気が異なっている。

b0167343_042263.jpg
こちらも、写真をクリックして大きな画角でも楽しんで下さい。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-11-11 00:42 | ミニ・ボーグの世界

ミニ・ボーグによる散開星団三態(その1-M36&M38)

このところミニ・ボーグを使った長秒露光での星雲のコリメート撮影に力が入っていた。以前とは次元の違う写真が撮れるようになって嬉しい限りだが、なにせ手動ガイドなのでこちらの消耗も激しくなる。それから、なんと言っても秋から冬の空は散開星団が旬だし、散開星団なら敢えて長秒露光を試みる必要はない。ということで、11月1日の晩に八ヶ岳山麓で散開星団のミニ・ボーグでのコリメート撮影に挑戦してみたので、10月末に撮影した星雲に先だってアップしてみようと思う。

と言っても、ミニ・ボーグに30mm接眼レンズを組み合わせての倍率は約8倍なので、単独の星団を撮影しても面白みに欠ける。なので、2つ以上の星団が同一視野に入るような対象を選んでみた。そうなると代表格は二重星団なのだが、ちょうど天頂付近で望遠鏡がうまく向けられなかったので、「ぎょしゃ座」の五角形の中に収まっているM36M38を最初に選んだ。

露光時間を15秒に固定してISOを2000から800まで段階的に下げながら手動ガイドでコリメート撮影した36コマをコンポジット処理した。星雲の場合だと増感処理がどうしてもキツくなり、そのために微光星まで強調されてしまって、どうしてもうるさい感じの画像になってしまう。しかし散開星団なら増感処理を行なう必要はないので、星像がシャープで自然な感じに仕上がっている。視野が丸く写るのがコンデジでのコリメート写真の特徴なので、そのままトリミングせずにアップしてみたが、割と周辺部までクリアな像になった。スタパのオーナーさんが双眼鏡での星空探訪を推奨しているが、出来上がった画像はちょうど双眼鏡で眺めたときの感じに近いものになった。

b0167343_1295233.jpg
いつもより大きめの画像にしてありますので、クリックして星空探訪をお楽しみ下さい!!
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-11-08 01:21 | ミニ・ボーグの世界

大失態の60秒露光(網状星雲・・・・)

10月半ばの週末に名古屋へ出張した。日曜日の午後の帰りの列車では、小淵沢を過ぎると車窓からは見事な青空が広がって、木々が色づいた八ヶ岳が美しく見えていた。そんな澄んだ空を見ていると、なんだか無性に星が見たくなった。満月を過ぎてまだ4日ほどしか経っていないが、日暮れから月の出までは1時間ちょっとあるので、夕方のうちに出掛けてみよう。そう決めると、窓から外を眺めながら心はもう星空にあった。

家に戻ってGPV予報を確認すると日没から雲が出てくるらしく、八ヶ岳方面よりも富士山麓の方が条件は少し良さそうだった。ということで、機材を積んで富士山麓に向かった。ところが行楽帰りの車の小渋滞をかわすつもりで脇道に入ったところ道を間違えたりして、目的地に到着したのは18時になってしまった。西の空にまだ明るさは残っているが、暗くなってきた空には夏の銀河が見えている。大慌てで望遠鏡を組み上げた。

対象として考えていたのは北アメリカ星雲か網状星雲。それを、くっしーさんのお陰で可能になったコンデジの64秒露光で、ミニ・ボーグを使ったコリメート法で撮影してみようという心積もりだった。天頂付近にあって、街灯りと昇ってくる月明りの影響を受けにくいだろうというのが、選んだ理由だった。ところが望遠鏡を向けようとしてみると北アメリカ星雲の方向は望遠鏡の接眼部が三脚につかえて導入できない。ジリジリしながら、なんとか網状星雲の近くの「はくちょう座」52番星をミニ・ボーグの視野の中央に入れた。

網状星雲は眼視ではもちろん確認できないので、頭の中のイメージを頼りに、52番星にかかるNGC6960星雲と「こ」の字を書くように対の位置にあるメインのNGC6992-5星雲の両方が、構図の真ん中に入るように望遠鏡の向きを調整した。そして短時間露光のコリメート撮影を繰り返しながら、フォーカスを合わせた。準備が整った時には時刻は既に19時をまわり、月の出までは30分ちょっとになっていた。しかも、予報通り西から筋雲が広がってきていた。早速に露光時間を64秒に設定してガイド撮影してみたが、デジカメのモニターでは網状星雲の存在は確認できなかった。こうなると、もう見切り発車だ。

b0167343_138882.jpg
露光時間を64秒に設定したまま、ISOを3200、2000、1600、1250、1000、800、640、500と段階的に落として、それぞれ3コマずつ手動ガイド撮影を行った。ガイド星を追いながらよくよく考えてみると、どうも左右を取り違えて構図をとってしまった事に思い当たった。しかし、月の出までの時間を考えると撮り直しはできない。また、極軸合わせも不十分だったようで、丹念にガイドを行なっていても64秒の間にズレが出てくる。残念だがテスト撮影だと割り切って撮影を続けた。そうやって撮影した全部で24コマをコンポジット処理してみたが、やはり画像の左右が違っていて、メインのNGC6992-5星雲は構図の外になってしまっていた。

b0167343_1382963.jpg
それでも、何とか52番星に重なるNGC6960星雲は写っていた。ただ、極軸合わせが不十分で星が流れて写っていることもあり、星雲の淡い部分は背景の沢山の星に埋もれそうな感じだ。やはり予想通りなかなか難しい対象だ。

短時間ではあるが、星空の下にいられたのは幸せだったが、なんとなく悔しい気持ちで家路についた。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-11-04 01:43 | ミニ・ボーグの世界

30秒露光の効果(その2-三ツ星付近)

10月1日の晩に、M33の撮影に区切りをつけたのが午前3時半。帰ろうと思っていた時刻を既に過ぎていた。しかし、ようやく空が安定してきて全天が見渡せるようになり、このまま撤収する気持ちは雲とともに霧散してしまった。

次に望遠鏡を向けたのはオリオン座の三ツ星。ミニ・ボーグで初めて撮影した夜には、三ツ星と小三ツ星の両方を視野に入れようとして、結果的にどちらも視野の中心から外れたため、冴えない画像になってしまった。そこで、今回は三ツ星のうち一番東側にあるアルタニクを視野の中心に据えた。お目当ては、もちろん馬頭星雲だ。そして、この構図だとM78星雲も視野の端に入っていて、ミニ・ボーグの眼視でも小さな光芒が確認出来た。

露光時間を30秒に固定し、ISOを3200、1600、1000と設定して手動ガイド撮影したが、ISOが3200だと馬頭星雲が背景の空の明るさに埋もれてしまい、1000だと馬頭星雲が明らかに露光不足だった。しかし、次第に薄明の時刻が近付いてきたため、露光時間を増やすことは諦めて撮影を切り上げた。時刻は4時半過ぎだった。そんななかから、それぞれ8コマ、14コマ、6コマの合計28コマを選んでコンポジット処理した。

三ツ星のブルーと火焔星雲のオレンジ、そして馬頭星雲の深紅の色合いがなかなか美しいが、火焔星雲も馬頭星雲も小さくて迫力不足との印象は拭えない。そして、左上の端に写っているM78になると、いかにも小さく一見すると恒星と区別がつかないぐらいだ。

b0167343_152520.jpg
ところがよく見ると、三ツ星付近には微光星が鮮やかに写っている一方で、馬頭星雲から三ツ星の反対側の写野の微光星は、薄いベールを通して見ているような感じをうける。コンデジのバック・モニターで見た時には、望遠鏡のレンズの半分側だけが結露しかけたのかと思ったほどだ。しかし、こうして画像を見てみると馬頭星雲の赤いガスから連続的に広がっている分子雲が、薄いベールのように写っていることがわかる。お目当ての馬頭星雲は小さくしか写らないが、ミニ・ボーグでのこの構図は、これはこれでなかなか面白い。

それに、どうだろう。「えっ、これがコンパクト・デジカメで撮影した天体写真なの?」そう思わせるような写真をいつかは撮りたい!と思ってやってきたが、それがだんだん現実になりつつあるようで、なんだかとても嬉しくなる。

これも、コンデジ本来の露光時間の上限を15秒から延ばしてくれた『くっしーさん』のお陰だなあ。感謝!
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2011-11-01 01:12 | ミニ・ボーグの世界