Gift

日食が終わってポッカリ空いた心の隙間を埋めるためにも、週末は星空が見たいと思っていた。思わせぶりなGPV予報は、夜が近付くと悪い方に変わるパターンで土曜の晩は終わった。日曜の晩だろうが晴れたら見に行くぞ!と心に決めて昼間を過ごしたが、良さそうだったGPV予報はまたしても夕方に悪化。夜になったら雨までパラパラと降り出した。

それでも、北西から寒気の流れ込みで晴れ間が広がる気配も見えたので、日付が変わる頃に家を出て八ヶ岳山麓に向かった。盆地から見える山々には雲が低くたれ込めていて、ワイパーを動かすほどではないが雨が落ちている。高速道路は走る車も少ない。ラジオに耳を傾けながら、一路北西に走る。高速道路とは思えないような急坂を何回か登るうちに、アレッ星が見え出した!!気分は自然と盛り上がってくる。

長野との県境のインターチェンジを下りて、八ヶ岳への道を走る。雨で濡れた路面から霧のように蒸気が立ちのぼっている。これじゃあ、晴れたとしても望遠鏡が結露するのじゃあないだろうか、不安が頭をよぎる。フロントガラス越しに目を凝らすと星がポツポツと見えている。イヤイヤ、北風さえあればきっと晴れる!そう思って山道を登る。いつもの場所に着くと、日付は既に月曜日。誰もいない。ドキドキしながらエンジンを止めて車から降りた。

予想通り北西側に晴れ間があって星が見えている。しかも、強くはないが北西から風が吹いている。よし、いいぞ。このまま雲を麓に追いやれ!!そう念じながら望遠鏡を組み上げた。三分の一ほど晴れ間があるが、まだ天気はどう転ぶのか確信は持てない。それなら、コンデジを赤道儀に直に載せてお手軽ガイド撮影をしながら天候の回復を待とうと決めた。

b0167343_119478.jpg南側が雲に覆われた夏の大三角を撮影していると、西から雲と晴れ間が交互に空を通過しながら、次第に晴れ間の割合が増えてきた。頬に吹く風はサラッとしていて、結露の心配もなさそうだ。でもまだ安心はできない。見え始めた夏の銀河に沿って双眼鏡で眺める。すると天頂方向は、かなり透明度も安定してきたようだ。よし、行くか!この夜の対象と決めていた天体に望遠鏡を向け、さあ撮影という時になって、もう一度西の空を見てみた。すると、帯のような雲がこちらに伸びてきている。GPVでは、薄明が近付くにつれて雲が再び広がる予報だった。この晴れは一時的なものなのだろうか。

それじゃあ、またコンデジで直に夏の大三角を撮影しながら天候の見極めをしようと決めた。せっかくだし、露光時間を1分、2分、4分、6分と延ばしながら手動追尾で撮影してみた。ダーク減算処理の間は、西の空の具合に気を配りながらも、双眼鏡で夏の銀河を川下り。時折、西の空が瞬間的パッと明るくなる。雷鳴こそ聞こえないが、遠くで雷が光っているだとわかる。やはり、この晴れ間は一時的なのだろう。

(写真をクリックすると、大伸ばしが見られます)
b0167343_120252.jpg
既に時刻は午前2時になろうとしていた。どちらにしても、もうNikon 8cmでのコリメート撮影を始めるのには遅すぎる。南中を過ぎて随分と小さく見える蠍座の尻尾から立ちのぼる銀河にコンデジを向けて、1分露光で再びガイド撮影を始めた。ダーク減算処理の間には双眼鏡で観望する。東の空にはペガススの四辺形が姿を見せて、アンドロメダ銀河の光芒も確認できた。ISOを1800から250まで落としながら全部で10コマ撮影した頃に薄明開始時刻を迎えた。

b0167343_1205917.jpg
なんだ、天頂方向は終止晴れたままだったんじゃあないか。その気になれば狙っていた対象をNikon 8cmでコリメート撮影することも出来たハズだった。いや、でも不満は全然なかった。星空を双眼鏡でこんなにタップリと眺めたのは本当に久しぶりだもの。最近は、キレイな写真が撮れるハズという期待感と引き換えに、ただただガイド星を十字線に重ねるばかりで夜を過ごしていた。この時期は夜明けも早いし、もう直ぐ梅雨入りだ。次の新月期には、たとえ晴れたとしても、慌ただしくまたガイド星を追いかけることになるのだろう。

そう、この夜の晴れ間はGiftだったんだ!
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-05-29 01:22 | 月・星のある風景

基本は極軸合わせ(M20三裂星雲+M21)

金環食の余韻に浸るなか、地味な春の系外宇宙シリーズに戻る気分にはならず、一足先に日食を目前に控えた5月18日の晩に撮影した華やかな夏の星雲をアップすることにした。この夜は、夜半前に富士見高原に向かったのだが、いつもは行き交う車もない鉢巻き道路を妙に多くの車が走っていた。スキー場に着いてみると、土日に自転車競技会が開催されるらしく、駐車場には既にたくさんの車が止まってるではないか。ただ、まだ彼らの時間ではないので、駐車場の一番奥に車を止めてNikon 8cmをセットアップした。さすがに翌朝に競技会を控えているので、ほとんどは車中泊の様子で、車がたくさん止まっている割には静かだった。それでも、次々にヘッドライトを明るく照らして車が入ってくるのには閉口した。

この夜は、久しぶりにミニボーグで夏の星雲星団を撮影するつもりでいたのだが、事前の確認が足りず思うように合焦しない。早々に諦めて、いつも通りにNikon 8cm本体でのコリメート撮影へと切り替えた。しかし、頭は簡単には切り替わらず、単独の対象を狙う気持ちにはどうしてもならない。そこで、M20三裂星雲をM21とのセットで写すことにした。

30年以上昔に作られたNikon 8cmの赤道儀には極軸望遠鏡は据え付けられていないので、水平出しをやった上で三脚ごと望遠鏡を持ち上げて望遠鏡本体が北極星に向かうように微調整するという、適当この上ない極軸合わせになる。ただ、ほんのオマジナイ程度だが小熊座の向きで若干の方向調整を図っている。この夜はそんな適当な極軸合わせが割合とうまくいって、ガイド星は2-3分なら十字線からほとんど離れない。そこで、がんばって少し長めに露光をかけてみることにした。

露光時間を20秒 (ISO 1600)から始めて、40秒(ISO 800-400)、64秒(ISO 640-500)、100秒(ISO 500)と延ばし、128秒(ISO 400-320)露光も試みた。コンデジのバックモニターでも、露光時間に比例して星雲の色合いが鮮やかになっているのが確認できた。それを励みに、微動ハンドルを握りしめて心の中でカウントダウンしながらガイド星を追いかけ続けた。

b0167343_0575666.jpg
(今回は画質が比較的良いので、クリックすると大伸ばしも見られます!!)
全部で40コマを撮影した中から32コマを選んでコンポジット処理した。32コマの積算の露光時間が30分を超えたので、コマあたりの平均露光時間が1分と、完全手動追尾としては相当に気張った露光になった。その成果は明らかで、何が嬉しいと言って微光星までも色が良く出ているのが今までの画像にはなかったことだ。そしてM20もかなり淡い部分まで写っており、星雲の色彩も豊かになった。さほど強調処理もしていないので、星が肥大していないのも良いなあ。

頭が複数の対象を同時に写す!!という思考回路になっていたので、この構図にしたのだが、結果的にはどうだったのか。M21の端の方の星々はレンズの収差の影響で星が線状になってしまっている。M21は散開星団としては規模の小さいものなので、こうして無理に2つの対象を視野内に収めるよりは、M20を単独で視野の中心に置いた方が良かったのかも知れない。

いずれにしても、1年前の簡易手動追尾の頃に苦戦して写した画像は何だったの!!というぐらい美しい写真になった。コリメート撮影としては、かなり極めた感じがする。成功の要因はというと、何と言っても十分な露光時間と、それを可能にした極軸合わせ。運任せではない極軸合わせの調整法を研究しなくては・・・。

追記
その後に、「なんちゃってフラット補正」と「似非星マスク処理」を加えたので、アップする。
b0167343_211977.jpg
(クリックすると大きくなります)
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-05-26 00:42 | 星雲

晴れた!

金環食
b0167343_841788.jpg

見えた!



追記
職場で窓越しの観望でした。床にペタンと座り込んで、もう周囲にはおかまいなしで観望と撮影に夢中でした。上の写真は、雲のおかげでノーフィルターです。いつものPowerShot S95で、少しズーミングした上でのオートの手持ち撮影なのですが、フィルターなしが功を奏して自然な色合いになりました。
b0167343_161171.jpg

b0167343_16307.jpg
周りでは、同僚達が携帯電話を向けての撮影に悪戦苦闘していましたので、これらの画像を見せると皆とても驚いていました!!

b0167343_0293527.jpg
こちらは、星ナビの付録についていたフィルターにPowerShot S95を押し付けた上で、同じように手持ち撮影しています。約3分間で撮影した6コマを比較明合成してみました。撮影の間隔はバラバラですが、適当に対角線上に並べてみた「なんちゃって画像」です。

晴れていたら、ずっとこちらで撮影するつもりでいました。しかし、このフィルターはちょっぴり肥大して見えるようで、雲を通したノーフィルター撮影ほどにはシャープに写りませんでした。その意味でも、結果的には「雲サマサマ」だったのでした。

観望できて大満足ですが、心残りは室内からの観望だったので気温や風の変化を体感できなかったこと・・・。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-05-21 08:04 | 日食

もうすぐ金環食

当地は金環食が見られるハズの場所なのだが、それはあくまで太陽が見えていればの話し。
b0167343_045496.jpg今回の金環食は、3サロス周期をさかのぼると、少年時代にあと10年早く生まれていれば・・・と思った八丈島の金環食に辿り着く。その意味でも絶対に見たい!!のだが、運を天に任せて職場での観望と決め込んだ。

5月18日の晩から19日の朝にかけては、日食当日までとっておきたいような晴天だった。いつものように八ヶ岳山麓で夏の星雲星団を堪能した帰り道に、東の空に細い月が見えた。日食から逆算すれば、ちょうど月齢が28日ということになる。自宅近くまで来て農道に車を停めると、車中からコンデジで月を撮影してみた。そう言えば、2009年7月の日食の時も、2-3日前の明け方に月を眺めたっけ・・・・。

明るさを増しつつある空に溶け込みつつある糸のように細い月の姿に、金環食直前の太陽の姿を連想した。

どうか、金の輪を、この目で見る事ができますように!
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-05-20 00:58 | 日食

春の系外宇宙(その9-M65/M66銀河再挑戦)

3月25日の晩に、M83の撮影を終えたのが午前2時過ぎだった。日曜日の晩なので、この時間になると週明け早々から待ち構えている仕事がチラチラと頭をよぎる。でも、そこで切り上げて帰るには余りに惜しい好条件だ。どうしようか。

西の空には「しし座」が下を向きはじめていて、尻尾が天頂方向を指している。そう言えば、昨年末に撮影したM65とM66そしてNGC3628のいわゆるトリプレットの画像は比較的良く写っていたけど、追尾が悪くて星が流れていたなあと思い出した。それじゃあ撮影してみようか・・と望遠鏡を向けてみると、M65とM66に加えて眼視でNGC3628の存在もハッキリと確認できた。こんな好条件を前にして、さっさと家に帰れるぐらいだったら、この趣味を続けてはいない。

先ほどのM83で長い露光時間の威力を認識したばかりなので、早速に40秒露光から手動追尾をスタートしてみたが、今度は赤道儀のバランスが悪くて微動装置の動きが渋い。バランスウェィトの位置や望遠鏡の前後位置の微調整を試みるが、たいして改善しない。やはり、この赤道儀は望遠鏡の向きによって微動装置の動きに差が出るようだ。30年以上も前の観望専用の赤道儀だし、発売当時は追尾撮影をするにしても標準レンズか200 mm程度の望遠レンズのカメラを載せるのが主流だったので、この程度の動きの渋さは全然問題とならなかったのだろう。なにせ、堅牢さが売りの赤道儀だったものなあ。

そんな訳で露光時間は20秒からスタートしISOを2500から1000で撮影を重ねた。そして、少し微動装置の動きのクセに慣れてきたところで、露光時間を32秒にしてISOを2000から1250に設定して撮影した。最後は、露光時間を40秒にしてISOを1600としたが、結果的には大部分が追尾エラーになってしまった。赤道儀のバランスのことはともかく、仕事の事を気にしながら撮影していたのでは、いい写真になる訳はないのだ。ここまで約1時間半を費やして、時刻は3時半をまわっていた。

b0167343_18333636.jpg
結局は全部で約70コマを撮影したが、コンポジットに使用出来たのは40コマで、その大部分が20秒露光のコマになってしまった。出来上がった画像は、確かに前回よりは追尾エラーが少なくなったが、星雲の色調が全くと言っていい程出ていない。40秒露光だった前回の撮影では、NGC3628の深遠な色合いが結構良く出ていたのに・・・。この次こそは、追尾エラーの目立たないシャープな像と、美しい色合いを同時この手に収めてみたいと思う。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-05-19 18:37 | 星雲

春の系外宇宙(その8-M83銀河再挑戦)

前の晩は雲と街明りの影響もあって満足のいく画像が得られなかったM83を撮影しようと、3月25日の晩も出掛けることにした。この夜は、八ヶ岳方面は季節風が強まるという予報だったので、より条件が良さそうな富士北麓に向かった。富士北麓からはM83の方向には富士山がそびえ立つので、街灯りの影響が少ない点も魅力だった。

夜半に現地に到着してみると、ちょうど「からす座」の四角形が南中しようとしていて、M83を撮影するにはうってつけのタイミングだった。Nikon 8cmにM83を導き、早速にISOを1600で露光時間を40秒にして撮影してみると、昨晩に比べて背景の空も暗く銀河がクッキリと写った。そこでISOを1600から640に、さらに露光時間を64秒にしてISOを640から400にして撮影した。

どうやらM83の方向はNikon 8cmの気難しい赤道儀のバランスが良いようで、氷点下5度を下回る冷え込みでも、昨晩に続いて微動装置が気持ちよく動いて手動追尾がスムーズに出来るのが嬉しい。そこで、露光時間をさらに80秒にまで延ばしISOを400から320に設定して数コマを撮影した。こうして全部で約50コマを撮影した中から、追尾エラーの少なかった30コマを厳選してコンポジット処理してみた。

b0167343_23554873.jpg
出来上がった画像では、銀河がほんのりと美しいスミレ色を帯びているように見える。やはり露光時間が延びた分だけ色彩も豊かになったようだ。さらに、2本の腕の微細な構造を淡くとりまく部分もかなり明確になった。また、赤道儀のバランスが良く追尾エラーも少なかったので、比較的長い露光時間をかけたにもかかわらず微光星まで点像で、いつになくシャープな画像になった。この冬から春にかけて撮影した系外宇宙の中で、一番美しい画像になった。

b0167343_23561453.jpg
最後に、せっかくなので前の晩の画像とあわせて全部で75コマのコンポジットにしてみた。やや、銀河の色調がくすんでしまった感じがするが、コマ数が増えた分だけ画質が柔らかくなった印象だ。

結局は、コリメート撮影においても、条件の良い空で、露光時間と追尾精度を向上させた上で、十分なコマ数を稼ぐことが、よい画像を得る絶対条件なのだ。g-logさんをはじめ、系外宇宙の素晴らしい姿を撮影されている猛者が、1つの対象に何晩も費やして撮影している理由が理解できた気がする。系外宇宙を狙うなら、例えコリメート撮影であっても、その位の気合いで取り組まなくては!!!

追記 2013年1月
簡易フラット補正+星マスク処理+HDR処理を施してみた。
b0167343_22505726.jpg
(クリックすると少し大きくなります)
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-05-12 00:02 | 星雲

春の系外宇宙(その7-M83銀河)

M83は南天の回転花火の異名を持つ系外宇宙で、腕のねじれ具合が独特な上にみかけの大きさもそこそこある。ただ、高度が低い点にやや難がある。

3月24日の晩の茅が岳山麓は、季節風も弱まってマズマズの条件。Nikon 8cmにM83を導いてみると、眼視でもかなりの広がりを持った銀河だということがわかる。本家の回転花火であるM101よりもはるかに見やすい。しかし、ちょうど甲府盆地の街灯りが被るので、ISOを高くすると写野が真っ白になってしまう。

そこで、ISOを抑え目にして露光時間を20秒にしてISOを1600に、さらに露光時間を32秒にしてISOを1600から500に、そして露光時間を40秒にしてISOを640から400に設定すると、全部で約50コマを撮影した。本当は、もう少し露光時間を増やしていきたかったのだが、雲が広がってしまい撮影を中止した。望遠鏡のバランスも良かったのか、手動追尾も実にスムーズに出来て、ほぼ全てのコマで星が点像に写っていたのに残念だ。

b0167343_23431724.jpg
45コマをコンポジットしてみると、追尾が良好だったので2本の腕は微細な構造まで比較的良く写っている。しかし、街灯りの影響でISOを抑え目にしたこともあって、腕の淡い部分は背景に埋もれてしまっていた。ということで、銀河星雲とは思えないような何だか不気味な画像に仕上がってしまった。この星雲の美しさは、翌日に富士山麓で好条件のもとで撮影してリベンジできたので、また後日にアップしたい。

ところで、このM83は久しぶりに新たに撮影したメシエ天体となった。調べてみると、昨年の春のはじめに撮影したM44以来ということになった。ガイド望遠鏡を載せて完全手動ガイドが出来るようになってからは、手持ち撮影や簡易手動追尾で撮影した対象を撮り直してばかりだったのだから仕方がないのだが・・・。また、メシエ天体の完全制覇に向けて、少しずつ積み上げていこうと思う。

(撮影したメシエ天体 通算86/107個)
[PR]

by nikon8cmtelescope | 2012-05-08 00:09 | 星雲

春の系外宇宙(その6-NGC2903銀河)

NGC2903銀河はメシエのリストには入っていないものの、長く伸びる2本の腕が見事なので、3月20日の晩に茅が岳の麓で挑戦してみた。

獅子座の鼻先にぶら下がるような位置にあって導入は容易で、ファインダーでもその存在が何とはなしに確認できた。早速にNikon 8cmを覗き込んでみると、楕円状の姿がハッキリと確認できる。これなら、割と良く写るかもしれないと期待に胸が膨らむ。

ところが、この晩は風が強くて木々の梢を吹き抜ける風がヒューヒューと音を立てている。建物を風よけにして望遠鏡を設置しておいたので、なんとか撮影は可能だったが、ガイド星が視野の中で小刻みに揺れていた。そんな条件下で、露光時間を20秒にしてISOを2000から1250に、さらに露光時間を32秒にしてISOを1600から1000に、そして露光時間を40秒にしてISOを1000から640に設定すると、全部で約80コマを撮影した。

b0167343_1629910.jpg
風に伴う振動が手動ガイドによる追尾エラーを相殺する感じで、星は点像に写っているコマが多いのだが、その分だけ個々の画像の解像度は低い。46コマを選んで、とにかくコンポジットしてみた。出来上がった画像だと、銀河の小さな中心部から腕が細長いS字状に写っているのが確認できた。しかし、S字状の腕がスッーと銀河の外周に伸びていく様はハッキリしなかった。そこで、強調処理を強烈に施してみたところ、銀河の色合いが飛んでしまって美しさの片鱗も感じられないが、M81の腕のように淡く伸びる腕がなんとか確認できる画像にはなった。

訂正:NGC2903を「NGC2603」と記載してしまいましたので、訂正いたします。くっしーさんご免なさい。
[PR]

by nikon8cmtelescope | 2012-05-05 16:31 | 星雲

春の系外宇宙(その5-M51子持ち銀河)

追尾エラーを減らすために露光時間を控えめにしての系外宇宙の撮影だが、3月12日の晩にM51の撮影にもう一度挑戦してみた。

露光時間を20秒にしてISOを3200から1600に、さらに露光時間を32秒にしてISOを1600に、そして露光時間を40秒にしてISOを1600から1000に設定すると、全部で約100コマを完全手動ガイドで撮影した。本来なら1分以上の露光時間が欲しいところではあるのだが、20秒から40秒までの露光時間で抑えてみた。

b0167343_174928.jpg
露光時間を控えめにしたことで追尾エラーはグンと少なくなって、その中から64コマを選んでコンポジット処理してみた。やはり、追尾エラーが少ない分だけ前回よりもシャープな画像になっている。

しかし、その一方で露光時間不足の感は否めない。そこで、前回の画像とコンポジットしてみた。ただし、前回の画像は銀河の淡い部分が比較的良く写ってはいるものの追尾エラーも目立つため、コンポジットの比率は今回の画像を8に対して前回の画像は2の割合としてみた。

b0167343_181532.jpg
その結果、若干は淡い部分も出てきたような気がするがシャープさは失われたかなあ。この画像を今シーズンのM51の打ち止めとしよう。
[PR]

by nikon8cmtelescope | 2012-05-03 01:12 | 星雲