春の系外宇宙(その13-M84銀河とM86銀河)

とうとう遠征も撮影もないまま6月も終わろうとしている(そういえば金星の太陽面通過でかろうじてボウズは免れていた)。晴れ間が広がった夜がなかった訳ではないが、夜勤やら宴会やらと重なってしまったりして行けずじまいだった。そんな訳で、「春の系外宇宙」のシリーズも不本意ながら、ここらで切り上げることに相成った。つまりメシエ天体の完全制覇は来年に持ち越しということになった。で、このシリーズの最後は、メシエ天体を含む系外宇宙を一網打尽にできる有名な領域という次第。ちょうどシーズンの締めくくりには相応しいが、決して狙った訳ではない・・・。

5月12日の晩に、M58とシャム双生児に取り組んでいたら、時間はあっという間に過ぎて日付が変わろうとしていた。そこで、大急ぎで次の対象に望遠鏡を向けた。「おとめ座」の3等星εから真っすぐにM59とM60を更に過ぎて、同じぐらい離れた辺りにNikon 8cmを向けてみると、視野の中に3つの小さな光芒が等距離で一直線に並んでいるのが確認できた。接眼レンズにコンデジを装着して試し撮りをしてみると、眼視で確認できた3つの楕円銀河に加えて、細長い銀河が2つ写っていた。間違いなく、M84とM86を含むたくさんの銀河がならぶマルカリアンの鎖(Markarian's Chain)と呼ばれる領域の一端だ。

そうこうしているうちに日付が5月13日に変わって、間もなく下弦の月が上ってきてしまった。まずは露光時間を20秒(ISOは3200-2500)から撮影をはじめて、32秒(ISOは2000)から40秒(ISOは1600から)へと露光時間を延ばしていくが、月が高度を増すにつれて空の明るさが増してくる。仕方がないので、ISOを段階的に落としていった。最後は50秒露光もやってみたがISOは800-640とした。それでも背景が明るくなって、再び40秒露光に戻してISOは500まで落として撮影していると、とうとう星雲が高い木の梢に隠れてしまった。ここまで約1時間を費やして合計で50コマを撮影した。空には下弦の月が煌々と輝いている。その一方で、空の透明度が高いので天の川が薄らと見えていた。

b0167343_111718.jpg
コンポジットしてみた写真は、月明かりの影響でコントラストに乏しいが、M84からM86を経てNGC4438が一直線上に視野の中央に並んだ。NGC4438はThe eyesの別名を持ちNGC4435とセットのようになっている。NGC4438は、よくみると弓形をした銀河の外周が薄らと写っている。細い紡錘型をしたNGC4402とNGC4388も、小さいながらも目を惹く存在だ。それ以外にも2-3個の系外宇宙の存在が確認できる。少々ピントが甘くて色彩にも乏しいが、月のない夜にもう少し露光時間をかけて撮影してみたい対象だ。

この領域のメシエ天体を制覇することは出来なかったが、こうやって幾つかの系外宇宙を実際に画像にしたことで、前進したことは間違いない。来シーズンこそ制覇したい!!

(撮影したメシエ天体 通算92/107個)
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-06-30 01:13 | 星雲

春の系外宇宙(その12-M58銀河とNGC4567-8)

新月期を迎えたもののお天気がハッキリせずに、このままだと今月は1晩も星を見に行けなそうにない予感。台風が猛スピードで駆け抜けた晩に外を見たら、街中からでも「いて座」のひしゃくがハッキリと確認できる素晴らしい透明度だった。あの夜が今思えばチャンスだったのかも知れない。でも山は吹き戻しの風が強くて、撮影どころではなかったかも・・・・。ということで、先月の撮影に戻る。

5月12日の晩は、この季節にしては透明度の高い青空が広がった。ただ、季節風が強まる予報だったので、八ヶ岳山麓は避けて富士北麓に向かった。行った先は、かなり有名な観望ポイントだったので、21時少し前に着くと今までに見た事がないくらいたくさんの同好の志が来ていた。みなさんGPV予報を見て同じような判断をしたのだろう。

月の出までに残された時間は3時間程なので、大急ぎで望遠鏡を組み上げて目指す天体を導入する。今夜は、懸案の「おとめ座」にあるメシエ天体をいくつか見て撮影する積もりだった。「おとめ座」はちょうど天頂方向で、望遠鏡の下に潜り込むような苦しい姿勢になって、3等星εから真っすぐにM59とM60をやり過ごして直ぐの辺りに望遠鏡を向けた。接眼レンズを覗き込むと、8等星とならんで星雲上の小さな光芒が確認できた。目指すM58は、これで良さそうだ。しかし、これで満足してはいけない。同じ視野におさまる位置に、2つの銀河が衝突してシャム双生児の異名を持つNGC4567とNGC4568があるハズなので、それと一緒にM58を写そうという算段なのだ。しかも、「4567」とは妙に嬉しくなるような番号ではないか。

まずは、M58を中心付近においてコンデジで撮影して確認してみると、視野ギリギリにそれらしい天体が写った。撮影してはバックモニターで確認しながら、徐々にM58とシャム双生児がバランスよく視野におさまるように調整していった。それにしても、コンデジのモニターに写し出された姿はいかにも小さい。M58が9.8等なのに対してNGC4567とNGC4568は11等なのだが、モニターで見るとM58が明るいのは中心部だけで、見かけの広がりはどちらも変わらない感じだ。しかし、眼視で確認すると、M58がはっきりと見えるのに対して、NGC4567とNGC4568は、そこにあると思って見るのでかろうじて確認できるといった程度だ。

まずは露光時間を20秒(ISOは3200-2000)に設定して撮影してみる。微動装置の動きはやや重いがスムーズで、慣れてくるとガイド星はピタリと十字線上に留まるようになった。そこで、露光時間を32秒(ISOは2000-1000)から40秒(ISOは1250-800)、そして50秒(ISOは1250-800)へと次第に延ばしていった。64秒(ISOは800-640)でも数コマ撮影してみたが、今回は極軸合わせがいま一歩だったようで少しガイド星が動くので、露光時間はそこまでとした。約2時間で合計80コマ弱を撮影した。

b0167343_12532895.jpg
追尾エラーの目立つコマはほとんどなく、66コマを選んでコンポジット処理してみた。M58は、明るい中心部をぐるりと囲むように銀河の腕がなんとか薄らと確認できる。一方、NGC4567とNGC4568の方は、衝突銀河といった生々しい感じは皆無で、キツネの耳か分裂したばかりの細胞、それとも周囲をカジったお菓子の「○氏パイ」のような感じだ。NGC4567とNGC4568は別名ハート銀河ともいわれるようだが、露光時間が不足しているために随分と薄幸なハートになってしまった。

ちょっとフォーカスが甘かったかも・・・。

(撮影したメシエ天体 通算90/107個)
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-06-24 12:56 | 星雲

春の系外宇宙(その11-M98銀河)

4月23日の晩に、M59とM60の組み合わせに次いで、望遠鏡を向けたのはM98だ。今度は「しし座」のデネボラから巡って辿り着いた。細い紡錘形の光芒が、眼視でも確認できる。近くにある3等星を挟んでほぼ反対側にはM99があるので、できれば一緒に写そうと試みたのだが、同一視野には入らなかった。

そこでM98を視野の中心におくとコンデジを装着し、手動ガイドをはじめた。今度は手頃なガイド星が見つかったので、追尾はスムーズだ。露光時間を20秒にしてISOは3200から1250で、32秒にしてISOは1600から1000で、そして40秒にしてISOは1600から1000で撮影してみるが、コンデジのバックモニターで見るM98は大海原を漂う木舟のように小さい。しかも撮影している間に、東の空に姿を見せた銀河が次第に光度を上げて、夏の賑やかな星座が手招きしている。夜明けが早くなって薄明開始は午前3時半前なので、夏の星雲・星団を撮影するならそろそろ始めなくては・・・と誘惑に負けてしまい全部で40コマを撮影したところで区切りとした。

b0167343_1342759.jpg
追尾は良好だったので撮影した40コマの全てを使ってコンポジットしてみたが、露光不足は明らかだった。明るい中心部から二本の腕が皿のように見えているが、その外周の淡い部分は僅かに確認できる程度で、一見すると系外宇宙とは思えないような何とも不思議な姿になってしまった。

(撮影したメシエ天体 通算89/107個)
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-06-19 01:42 | 星雲

春の系外宇宙(その10-M59/M60銀河)

華々しかった金環食に金星の太陽面通過、そしてなんと言っても星ナビ入選と、いつまでも余韻に浸っていたいのはヤマヤマだが、冴えない過去ともちゃんと向かい合わなくっちゃあ、やっぱり前には進めない。

「しし座」の尻尾の2等星デネボラと「おとめ座」の3等星εを結んだ線上のε星寄りの比較的狭い領域には、なんと16個のメシエ天体がひしめきあっている。これらは全て系外宇宙で、比較的特徴に乏しい楕円銀河が半数以上を占めている。しかも、メシエ天体にはリストアップされていない系外宇宙がどっさりとあって、手導入のNikon 8cmでは、見えている小さな淡い光芒が果たしてどの天体なのかも判然としないぐらいだ。そんな訳で、全メシエ天体の制覇を目指すとは言いながらも、この領域は最後の難関として完全な手つかず状態で残ってしまっていた。

ところがコリメート撮影の盟友であり良きライバルであるくっしーさん*が、この領域の銀河を丹念に1つずつ拾っているのを見て、さすがに重い腰を上げた。追尾撮影が出来るようになったので、目標と思われる天体が眼視で確認出来たなら、何はともあれ撮影してみて目的の天体か否かを画像で判断すればよいと考えた。

*脚注
(くっしーさんは、6月6日アップの記事の時点で93天体を撮影し、完全に追い越されていた・・・・)

4月23日の晩は、AstroGPVで久しぶりの晴れの予報に誘われて長野県の富士見高原に出掛けた。スキーシーズンも終わりを告げナイタースキーや人工降雪のための照明が消されて、ようやく星空が帰ってきたのだった。広い駐車場の片隅に望遠鏡を出すと、まずはM59とM60に向けた。いっぺんに2つのメシエ天体を済ませてしまおうという了見だった。

ファインダーでε星から暗い星列をたどって、ここと思われる領域にNikon 8cmを向けて覗き込むと、眼視でも密集度の高い小さな球状星団のような感じで2つの銀河が見えている。うまく目的の天体が導けたようだ。つぎに、ガイド望遠鏡のミニ・ボーグでガイド星を探すのだが、どうも暗い星ばかりで適当な星がなかなか見つからない。

しびれを切らして比較的暗い星をガイド星に選んで、手動追尾を始めた。気難し屋の赤道儀のバランスはマズマズで微動ハンドルの動きは悪くないのだが、いかにせんガイド星が暗くて赤く照らされた十字線との位置関係が判然とせず、追尾が難しい。ISOを3200で露光時間を20秒、ISOを3200から2000で露光時間を32秒、そして露光時間を40秒として全部で40コマを撮影したところで、とうとうギブアップした。

b0167343_0403942.jpg追尾エラーの比較的少ない20コマを選んでコンポジットしてみたが、やはり星がかなり流れて写っている。やはり、妥協せずにもう少し明るいガイド星を選んだ上で撮影を始めるべきだったのだ。しかもM60から、ちょうどM59との距離と同じくらい離れた反対側にはNGC4606とNGC4607という紡錘型の銀河が並んであるのだが、視野の端っこになってしまって接眼レンズの収差の影響が強く出ている。M60をもう少し視野の真ん中近くに配置させたら良かったのだが、これはもう後の祭り。なので、写真はちっちゃくアップ・・・・。

とにもかくにも、メシエ天体の制覇まで久しぶりに2天体分だけ前に進んだ。

(撮影したメシエ天体 通算88/107個)
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-06-13 00:45 | 星雲

Nikon 8cm アーカイブス(3)

第三弾。このシリーズは春の銀河が並んだ。
b0167343_065054.jpg


(以下をクリックすると、掲載された記事に飛びます)
M51(子持ち銀河)
M81/M82(ボーデ銀河)
M101(回転花火)
M104(ソンブレロ銀河)
NGC4565
M83(南天の回転花火)
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-06-10 00:11 | アーカイブス

星ナビに掲載

「メシエマラソンに挑戦」と題したメシエ・マラソンの時の写真を、スターパーティーのオーナーさんと連名で星ナビに投稿しておいたところ、今月号に掲載されているという知らせをくっしーさんをはじめ何人かの方から頂き、ルンルンと鼻歌まじりで、というよりもデレデレとニヤけながら書店へ出掛けた。

危ない人と間違えられないよう表情を引き締めて、雑誌コーナーを敢えて通り過ぎる。そして、読みたかった文庫本を購入しておいてから、いざ科学雑誌のコーナーへ。星ナビの表紙を一瞥してから、まず手に取ったのは天文ガイド。星ナビは後回しにする。載っているのがわかっているのだから、見るまでのワクワク感は出来るだけ長く楽しみたい。

b0167343_0471765.jpgパラパラと天文ガイドを立ち読みしてみるが、どことなく上の空といった感じで、頭に入ってこない。一通り目を通すと、深呼吸して星ナビを手に取った。しかし、楽しみはもう少し先延ばしにして、表紙から順番に金環食のレポートなどを斜め読みしてみる。ベイリービーズの連続写真にあぶり出された月の辺縁のギザギザに、思わず「オッー!!」と声を上げそうになる。なかほどの活字部分は飛ばすと、いよいよギャラリーのコーナーが迫る。

心なしか震える手でページをめくってみると、最初のページにバーンと大きく掲載されているのが目に入った!!いやはやなんと、最初のページって、いつもはプロ級の方々の作品が掲載されているポールポジションとも言うべき場所ではなかったか!!確かにそうだ。実際に今回だって向かいのページには常連さん達のスゴイ作品が載っている。

b0167343_0465839.jpg気分よく家に戻ってきて、最初のページに大きく掲載されたことを家内にさりげなくアピールしてみる。家内曰く「あらっ、他のみなさんの作品に比べると1つ1つの写真が虫眼鏡でも見えないくらいに、とっても小さいのね!」って、そりゃあそうさメシエマラソンの組み写真なのだもの・・・。この分では、反抗期真っ盛りの娘にアピールするのは止めておこう。プイッと無視されたり、鼻先でせせら笑われては、せっかくの幸せな気分が台無しになってしまう。

月と惑星の手持ちコリメート撮影が掲載されたのが、2010年10月号の星ナビだった(そう言えば、あの時は本当に小さく掲載されたっけ・・・)。それから、手持ち撮影した星雲・星団の組み写真を2011年1月号の星ナビに載せて頂いたけど、あれは読者広場だった。次こそはと誓ってから1年半。とうとう念願のフォトコンに写真が掲載された。くっしーさんと切磋琢磨し、スタパオーナーさんとも力を合わせて、コンデジのコリメートお手軽撮影が星雲星団の天体写真の1つの手法として市民権を得られるようにと願ってきたので、これは嬉しい快挙だ。

今回の星ナビの選評をそのまま引用すると
b0167343_0494634.jpg

ということで、コリメート撮影に関するコメントはなく、あくまでメシエマラソンを記録に残す手法としての評価といった位置付けのようだ。まだまだ今回の入選に満足せず(いやいや、これはこれでとっても満足しているのですが・・・)、次こそはNikon 8cmで見る星雲・星団の世界をコンデジのコリメート撮影で切り取って入選できるように、これからも楽しみつつ精進していこうと思う。

追記
掲載された組み写真です!!
(写真をクリックすると、少しですが大伸ばしになります)
b0167343_1134329.jpg

たった15秒の露光でここまで写るスタパのメイン機の40cmは、改めてスゴイなあと思います。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-06-08 01:02 | 手持ち撮影にこだわる訳

果報は?!待て(金星の太陽面通過)

皆さん晴れ間を求めて西へ西へと遠征されたようですが、天文現象は日常生活の中で眺めてこそ意義あり!!・・・がポリシーと言うわけでは全然ないのですが、今回も私は職場で天候の回復を待ちました。そして、昼休みに撮影してみた成果がこれです!!!!

b0167343_00112.jpg
約15分間隔で撮った画像を、太陽の黒点が重なるように比較暗処理で合成し、撮影した時刻を入れてみました。撮影間隔が揃っていないのが残念です・・・・っと、実はこれはYou tube上でライブ配信された産経新聞社からの映像を、PCの画面でスクリーン・ショットして合成したもの*なんです。

*脚注
この、動画をPCのスクリーンショットで撮影し、コンポジット合成するという手法は、「はやぶさ」が帰還した時に思いついて、初めてやったのでした。


b0167343_0194.jpg机仕事や弁当の合間を縫って一応音だけはカシャ・カシャと賑やかに、しかしコソコソとやった訳です。金環食の時は大騒ぎしていた同僚達も、今回はほとんど興味がない様子でした。残念ながら、第3および第4接触の時間帯には机の前に座っていられませんでしたが、こうして曲がりなりにもリアルタイムで世紀のイベントの一部を楽しむことができた次第です。素晴らしい時代になりました。揺らめく太陽面に重なる丸薬のような金星は可愛らしくて、「ラ○パのマークの正○丸」を思い浮かべてしまいました。

当地は朝から厚い雲に覆われていたのですが、天文ファンのたしなみとして、いつ晴れてもいいようにと胸のポケットには日食グラスをしっかりと隠し持って仕事に励みました。そして午前11時過ぎに仕事が一区切りついた時に外の様子を見ると、空が大部明るくなってきているではないですか。そうこうして、チラッと薄日が差してきた瞬間に、建物の外に大急ぎで出てみました。

しかし雲が太陽の前をどんどん通過していくので、日食グラス越しの肉眼では細かい様子までは確認できません。そこで、日食グラスにコンデジを押し当てて、軽くズームをかけて何コマか撮影してみたところ、その中の1コマだけ、なんとか金星らしい影が写っていました(中心よりやや左下にある黒い影が金星ではないでしょうか・・・アップした画像で確認できるといいのですが・・・)。

b0167343_01475.jpg
時刻は11時18分。しかし間もなく雲が再び厚くなってしまいました。冴えない画像ですが、こちらは正真正銘の自作品です。皆さんが西まで求めていった晴れ間が当地に到着したのは、食(って言うのかなあ?)が終わった1時間ほど後のことだったのでした。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-06-07 00:09 | 惑星

Nikon 8cm アーカイブス(2)

続いて第二弾。こっちは、前回に比べると色彩が地味だが・・・・。
b0167343_0162059.jpg


(以下をクリックすると、掲載された記事に飛びます)
M67
M35/NGC2158
M1(カニ星雲)
M97(ふくろう星雲)
M3
M13(ヘルクレス星団)
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-06-06 00:24 | アーカイブス

Nikon 8cm アーカイブス(1)

コンパクトデジタルカメラのCannon Power Shot S90およびS95を使った、完全手動追尾によるNikon 8cm望遠鏡のコリメート撮影の成果が、それなりに蓄積されてきた。そこで、作品一覧をアーカイブスとしてまとめてみることにした。

まずは第一弾。
b0167343_23512589.jpg


(以下をクリックすると、掲載された記事に飛びます)
M31/M32(アンドロメダ銀河)
M78
M42/M43(オリオン大星雲)
NGC2024/Barnard33(火焔星雲/馬頭星雲)
M45(スバル星団)
M37
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-06-04 00:03 | アーカイブス

熊に注意!?

富士北麓で訪れる人が比較的多い観望地に、鳴沢村の育樹祭記念公園がある。その手前の富士北麓公園で、クマが目撃されたという小さなニュースを新聞の地域記事で読んだ。

以下に朝日新聞の記事を引用する。
『14日午前9時50分ごろ、富士吉田市上吉田の富士北麓公園南側の道路で、 「クマを目撃した」と、ジョギングをしていた男性から市に通報があった。 連絡を受けて周囲を巡回していた地元の猟友会のメンバーが午後3時ごろ、 目撃現場近くの遊歩道で、親グマと子グマ2頭を発見し、そのうち子グマ1頭を射殺した。 市によると、射殺したクマは体長60センチほど。12日~14日朝に、 現場付近で計3回目撃情報のあったクマとは「別の可能性が高い」という。 市は、防災無線で注意を呼びかけたり、 地元の猟友会に「射殺許可」を出したりするなど対策に乗り出していた。 現場付近が市民の散歩道であり、富士山への登山客が通る可能性もあることから、 市は14日までに注意を呼びかける看板約10基を設置。捕獲用のおりも二つ仕掛けた。』

こちらはネットで探した読売新聞の記事
『富士吉田市上吉田の富士北ろく公園付近で14日午前、クマの目撃情報があった。 地元猟友会が捜索していたところ、午後3時ごろ、同公園から数百メートル南側の山林で親子連れのクマ3頭を発見、うち1頭を射殺した。射殺したのは体長約60センチのツキノワグマの子どもで、ほかの2頭は逃げた。市は、付近に近寄らないよう引き続き注意を呼びかけている。 発見現場は、同公園と中の茶屋を結ぶ遊歩道から約20メートル山林に入った場所で、東富士五湖道路より南の富士山側。市内では12、13の両日、富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合(吉田恩組)役場や富士パインズパーク付近で、1頭で行動しているクマの目撃情報があった。いずれも東富士五湖道路 より北側で、このクマは、14日に見つかった親子連れとは別の個体である可能性が高いという。』

ということで、目撃情報は育樹祭記念公園から北東側に離れた場所で、もっと人里に近いあたりになる。

ところで、クマは日中に行動するイメージであるが、野獣である以上は夜行性ということはないのだろうか?もっとも、暗闇で活動する小動物を食する訳ではないのだから、夜行性ということはなさそうだ。それであれば、星を観望している最中にクマに襲われる心配はないだろう。ただ、ネットで検索してみると、クマも人里に下りる時は夜行性になるという記述も見つかった。畑の作物を狙う時は暗いうちに行動するとは、クマもなかなか抜け目ない。

山間の観望地では、ここに限らず『クマに注意』の看板を目にする機会も多いので一応の覚悟はあるのだが、じゃあ実際に出会ったらどうしたものだろうか。

なお、こうしてアップしたのは、育樹祭記念公園の星空を独り占めしようという意図ではないので悪しからず。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-06-03 00:47