生ビールよりも・・・(NGC7293らせん星雲)

8月20日の晩は、当地では久しぶりの星空。しかし、この夜は職場で飲み会が・・・どうしようか・・・いやこんな良夜を逃すと次はいつになるか・・・ということで一夜の断酒を決意した。居酒屋にメンバーが揃い、さあ乾杯という段階になる。生ビールの誘惑に負けそうな(いや、負けてしまいたい・・・)ところをグッとこらえて、ウーロン茶を注文。同僚には「この後で私用がちょっと・・・」と言い訳をする。しかし、飲まないがために宴会の雰囲気を壊すことがないよう飲んでいる時よりも賑やかに振る舞う。会は意外とアッサリとしていて21時過ぎにはお開きになった。

機材を積むと一路八ヶ岳山麓の富士見高原へ。こちらも久しぶりの満天の星空で、ちょうど天の川が天頂にアーチをかけているかのように見える。運転中に頭の中でシミュレーションしてきた段取りで、最初の目標の二重星団に望遠鏡を向けて撮影を開始した。それにしても、このところ雲の出方を伺いながらの撮影が当たり前のようになっていたので、こんなにキレイに晴れていると何だかかえって落ち着かない気がする。二重星団の次にはM33に望遠鏡を向けて撮影した。

そして一服入れながら以前から秋になったら狙ってみたいと考えていたNGC7293らせん星雲を双眼鏡で探してみた。星図の記憶をたよりにフォーマルハウトから「やぎ座」への星の並びをたどり、ここぞと思われる辺りを覗いてみると、ちゃんと眼視でも存在が確認できるではないか。しかし、すでに南中時刻を過ぎている。しまったと思ったのも束の間、我に返ればNikon 8cmの鏡筒をしっかりと目標方向に向けていた。リング状の形までは確認出来ないが、眼視で大きな光芒がハッキリと見えた。てっきり大型望遠鏡でなければ見えないほど淡い対象だとばかり思っていた。

早速にCanon S95を接眼レンズに装着すると、手動ガイドによるコリメート撮影を開始した。そうでなくても高度が低い対象なのに南中時刻を過ぎて西の空に傾きつつあるので、まずはコマ数を稼ごうと20秒露光(ISO 3200)で 18コマ撮影した。その後、32秒露光(ISO 3200と2000)で21コマ、そして40秒露光(ISO 1600と1000)で16コマを撮影したところで高度を大部下げてしまったので終了とした。

b0167343_22385594.jpg
合計で55コマをコンポジットしたが、コマ数はそこそこ多いものの1コマあたりの露光時間が短くて積算の露光時間は30分に満たなかった。以前にAPODでみた画像だと、青い目星雲と呼ぶべき形状と光彩を思わせる中央部辺縁の風合いが印象に残っているが、今回は露光時間が短かった分だけ、まさに螺旋状に2つの円が重なったように見える。星雲の内側が青味を帯びている様子も何とか写っている。意外と良く見え写る対象なので、次は南中前から撮影をはじめて露光時間を十分にかけてみたいと思う。

生ビールの誘惑を断ち切ったのが十二分に報われた夜だった。

追記
その後に再度の撮影を試みたが、雲に阻まれ予定のコマ数に達しなかった。そこで、2夜の合計84コマを無理矢理にコンポジットしてみた。収差が目立つので、中心部だけをトリミングしてある。
b0167343_1541515.jpg


追記2 2013年1月
簡易フラット補正+星マスク処理+HDR処理を施してみた。
b0167343_7483228.jpg
(クリックすると少し大きくなります)
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-08-29 22:41 | 星雲

Nikon 8cm アーカイブス(4)

ちょっとおそくなったけど・・・第四弾。
今回は春の銀河と、夏の星雲・星団が半分ずつ。そう言えば、まだ夏の星雲・星団シリーズのアップが全部終わっていない・・・。
b0167343_23251546.jpg

(以下をクリックすると、掲載された記事に飛びます)
M65/M66/NGC3628
M58/NGC4567-8
M84/M86(マルカリアンの鎖)
M5
M57(リング星雲)
M27(亜鈴状星雲)
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-08-28 23:25 | アーカイブス

見えない対象を写す(網状星雲)

「見えない」というのはNikon 8cmでの話。32cmのドブソニアン望遠鏡では眼視でも確かにその存在は確認出来た。そう、網状星雲のことだ。いつもは眼視で対象を視野の中央に導いた上でコリメート撮影するのだが、見えない対象を撮影するのが、ここまで大変だったとは・・・・・。

お盆を過ぎて多少は天候が安定してきたので、GPV予報はあまり良くなかったが19日の晩も遅くに八ヶ岳山麓へ出掛けた。星は見えているが絶えず雲が動いていて、やはり安定はしてない。一番雲の影響が少ないのは天頂方向なので、対象は網状星雲と決めて準備にかかる。八ヶ岳にかかる雲に度々隠される北極星を目安に極軸を合わせるだけで、いつも以上に時間が要る。しかし、今夜の対象を網状星雲と決めた以上は長秒露光が必須なので、焦る気持ちを抑えて慎重に合わせる。

網状星雲の辺りの星の並びは星図で予習済みなので、双眼鏡で眺めながら復習をして目標方向を定める。そして、Nikon 8cmに据え付けの小さなファインダーで目標に望遠鏡を向けるのだが、これがなかなか大変だ。星図と双眼鏡でイメージが一致しても、ファインダーでは上下が反転して見える。しかも低空の霧のような薄雲がしばしば視野を遮り邪魔をする。それでも、ファインダーの星の並びと、手で振り回す方向のイメージを統合させるというヤヤコシイ手順を踏んで、なんとか星図のイメージと重なる場所に望遠鏡を向けた。どれどれ、と少し期待して望遠鏡を覗き込んだが、星雲らしい光芒は全く確認できない。

そこでガイド鏡のミニボーグの微動装置を上下左右に動かして適当なガイド星を導いた上で、やおらコンデジをNikon 8cmの接眼レンズに据え付けると、露光時間を20秒にして手動ガイドをやってみた。撮影した画像をコンデジのバック・モニターで確認するが星雲は写っていない・・・・。そこで、少し望遠鏡の向きを変えては試写を繰り返すうちに、とうとう写野の端っこに星雲の一部が入った。こうなれば望遠鏡本体とガイド鏡の位置を微調整しながら試写を繰り返し、目的の網状星雲とガイド星の位置を追い込んで行く。なんとか納得できる位置に調整できるまでに、1時間近くを要した。試しに、コンデジを外して眼視で確認してみたが、やはり星雲の存在は全くわからなかった。

まずは20秒露光(ISO 3200)で 2コマ撮影した後に、 40秒露光(ISO 3200)で 8コマ 撮影した。極軸合わせは今までに無いくらい良好で、追尾は口笛でも吹きたいような気分になる。バック・モニターでも、無数の微光星の世界に暗赤色の星雲がゆるやかなカーブを描いて見えて本当に美しい。これに元気をもらって、ISOは3200とmaxのまま露光時間を64秒へと延ばす。露光時間が延びた分だけ星雲の写りは良くなるが、明るくなった分だけ画質の粗さが目についた。そこで11コマを撮影した時点で、露光時間はそのままでISOを2000に落とした。ところが、この頃から再び低空の雲の動きが活発化して対象をしばしば覆い隠すようになってしまった。

撮影は中断しつつも、せっかく導入した星雲を見失うことのないよう、ガイド星を追いかけて雲が消えるのを待った。ガイド星すら見失なって諦めかけると、一時的に雲が切れて何とかガイド星を捕まえるというのを繰り返しているうちに、再び星空が戻ってきてくれた。残念ながら先ほどまでの透明度は蘇らないものの、撮影を再開することができた。そして雲による中断はあったが、64秒露光(ISO 2000)で 16コマ、さらに80秒露光(ISO 2000)で 3コマを追加撮影することが出来た。こうして撮影した40コマの単純な積算の露光時間は約40分で、1コマあたりの平均露光時間は1分ちょうどという計算になる。

b0167343_13233243.jpg
コンポジット処理後にいつも通りの増幅処理をやったら、背景の星々まで明るくなって非常にうるさい画像になってしまったので、かなり控え目の処理に止めざるを得なかった。その結果が淡く儚い網状星雲のイメージに近い画像になったとも言えなくもない。星雲の赤い部分に比べて白っぽい部分の写りが悪いのは、コンデジの感度の問題もあるのだろうが、薄雲のせいで透明度が低かった影響なのだろうか。欲を言えば、星雲の淡く大きく広がった部分まで写野におさまるように出来れば良かったが、反射的に一番明るい部分が中央にくるような構図になってしまった。まあ、「見えない」対象が相手なのだから仕方がないか・・・・。

雲の影響もあって眼視で確認出来ない対象を撮影するのは、とっても大変だったけど、こんな画像が出来上がると苦労は達成感に置き換わる。そして、また満天の星空の下で思う存分撮影したいという衝動に突き動かされる・・・・。

追記 2013年1月
簡易フラット補正+星マスク処理+HDR処理を施してみた。
b0167343_7321110.jpg
(クリックすると少し大きくなります)
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-08-25 13:27 | 星雲

3ヶ月ぶりのNikon 8cmの世界

なんとなんとNikon 8cmでのコリメート撮影は3ヶ月ぶり。不安定な天候ながら晴れ間が出るかも!!と期待して8月16日の晩に八ヶ岳山麓に出掛けた。しかし、なかなか晴れ間に出会えずに彷徨した結果、日付が変わってから富士見高原で星空に邂逅した。すでに空は秋の星座が主役になっていた。

網状星雲を狙って行ったのだが、ちょうど天頂方向なので筒の長いNikon 8cmは三脚につかえて向けられなかった。そこで、秋の定番のアンドロメダ星雲に望遠鏡を向けてPower Shot S95によるコリメート撮影を開始した。雲の襲来で撮影が中断される可能性も考えて、まずは露光時間を短めでコマ数を稼ぐことにした。

露光時間を20秒でISOを3200で9コマ、露光時間を40秒でISOを1250で9コマとISOを800で16コマ、露光時間を64秒でISOを800で5コマとISOを500で4コマ、と順調に露光時間を延ばしつつコマ数を稼いでいった。しかし、露光時間を90秒でISOを500で1コマ撮影したところで空が雲に完全に覆われてしまった。極軸合わせも手動追尾もマズマズだったので、これからというところだったのだが仕方がない。

ということで全部で44コマをコンポジット処理した。単純な積算の露光時間は30分で、1コマ当たりの平均露光は40秒という計算になる。それでも、さすがは明るい対象だけあって迫力ある画像になった。複雑な暗黒帯の切れ込みや、銀河の微妙な色の変化も捉えられていると思う。
b0167343_1859279.jpg


アンドロメダ銀河と言えば、1年前の立秋には露光時間8秒の簡易手動追尾撮影で写りっぷりに感激し、昨年の9月末には念願のサブ望遠鏡の搭載による手動ガイドで、ガイド不良に苦しみながらも15秒露光での撮影を行った。その後は、ガイド鏡だったハズのミニボーグでのコリメート撮影に浮気していたが、今回がようやくNikon 8cmでの本格的な撮影となった。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-08-18 19:03 | 星雲

有るのか無いのか

闇には、得体の知れない怖さを感ずる一方で、目を凝らさずにはいられないような惹き付ける力を感ずる。これは、危険な相手をいち早く察知しようという、丸腰で生きてきた頃からの人間の本能なのだろう。

父の実家は山腹にある寺だった。昼間は従兄達との遊び場になる本堂は、夜になると別世界だった。灯りを点けても広い本堂の隅々には闇があって、そこは何かが有るような無いような不思議な空間だった。昼間にはただの空間だった場所が、闇となると俄然存在感が出てくるのが不思議だった。

地球に絶えず同じ側を見せている月の裏側は、イメージ的には闇の世界だったのだが、こどもの頃のアポロの写真でイメージが崩れた。しかし、今でも月の影の側には心惹かれる。そして、同じように欠け際のクレーターの底の闇にも、強く惹き付けられる。そこには何かが息をひそめて隠れているような気配を感ずるのだ。光を受けたクレーターの山の部分が明るく輝けば輝くほど、その存在感は増してくる。ところが、おなじクレーターが正面から光を受けるようになると魔力は消失してしまう。

天の川には様々な規模の暗黒帯がある。それは銀河に口を開ける底なしのクレバスのようでもあるし、背景に無数の星々があることで浮かび上がる暗黒のガスのようでもある。射手座のあたりから天空に伸びる天の川を2つに分かつ暗黒の帯は壮大で、そこには闇の魔力はそれほど感じられない。

写真は、射手座と蠍座の尻尾の間にある銀河の最も濃い部分をミニボーグでコリメート撮影したものだ。そこには幾筋にも暗黒の帯が入り乱れていて、じっと見ていると何か意味のある形や文字のようにも感じられる。その1つ1つは果たしてクレバスなのか、浮かび上がった暗黒のガスなのか・・・想像力をかき立てられる。
b0167343_1312728.jpg
(画像をクリックすると拡大されます)

こちらはM24の辺りを写したもの。オメガ星雲を写野から無理矢理に追い出そうとしたら、肝心のM24も中心から外れてしまった。不規則な暗黒帯は、バンビの横顔に例えられているが、それを浮き立たせるには露光時間がやや不足気味だった。端っこギリギリにはM18散開星団が写っている。
b0167343_1313971.jpg
(画像をクリックすると拡大されます)

カメラの目は、肉眼では捉えられないような暗黒帯もあぶり出してくれる。銀河の中に無数にある暗黒帯は、ミニボーグによるコンデジのコリメート撮影のなかなか面白い撮影対象になりそうだと、これらの写真を撮りながら思った。そして、暗黒帯を浮き立たせるには、明るい部分を映し出す以上にタップリ露光時間が必要になるのは、ちょっと面白い発見だった。

近付きつつある次の新月期こそは、天候が安定するようにと祈りたい。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-08-12 13:15 | ミニ・ボーグの世界

Slow and Steady

今回はNikon 8cmと直接には関係はありません。しかし、全く関係がないかと言えばそうでもないのです。それまでのドンヨリとした天気から一転して素晴らしい夏空が広がったものの、月齢は満月前後という巡り合わせ。夜になると美しい月明かりです。しかし、これでは星雲星団の撮影はできません。その美しい空を見上げて指をくわえてイライラを募らすぐらいなら、いっそのこと・・・・と、かねてからの計画を実行することにしました。

盆地の底から朝な夕なに見上げる山々の中で、登ってみたいなあと思っている峰が幾つかあります。しかし、険しい山容はどれも私を拒んでいるかのようにも感じられます。そんな峰々の中では比較的標高が低い鳳凰三山は、冥王星の命名で知られる野尻抱影の随筆にもしばしば登場し、なかでも細い弓のような月が鳳凰三山の頂に沈んでいく様を望遠鏡で見る話しは強く印象に残っています。しかし、鳳凰三山の一角の標高2780メートルの薬師岳までは、手軽に登れるとされる1380メートルの夜叉神の登山口からのルートでも、標高差が1400メートルで全行程は18キロメートルもあるのです・・・。

友人の手招きで、昨年の秋に標高差が約1000メートルで行程が8キロメートルという山に登り、体の重さを再認識しました。それから食事に注意し大嫌いなスクワットを含む体操で体幹を鍛えて、今年の梅雨時に標高差800メートル前後で行程が9キロメートルのミニ縦走にも挑戦しました。いずれも友人のサポートで無事に帰ってくることができました。それから更に体重を絞り、正月に記録した最高記録からだと約6キログラムの減量となりました。しかも、夜な夜な体操に励み始めた頃はそのせいで朝からダルさの残る日々だったのが、最近は朝のダルさが随分と緩和されていることを自覚するようになりました。これなら登れるかも・・・・その気持ちを後押ししたのが、満月期に迎えた晴天だったのでした。折よく職場も落ち着いていて金曜日に休みをとりました。急な決行なので今回は単独行です。

いつもの天体写真撮影なら薄明の中を車で山から戻るところを、今回は山へと向かいます。登山口に着いたのが午前5時。準備を整え出発します。長い行程なので、できるだけ脚力を消耗しないように歩幅は小さく、一足ごとに反対側の足はリラックスさせ休ませるような意識で登ります。間もなく夜叉神峠の山小屋に着きました。白根三山と呼ばれる南アルプスの峰々が朝の光の中で美しく見えています。この場所は星景写真でも有名な場所です。
b0167343_2337192.jpg


この辺りから若者2人組と一緒になりました。若さにまかせて大股でグイグイと登る二人組は、ノロノロと歩く私を颯爽と追い越します。しかし小一時間も登ると休憩している二人に私が追いつき先行します。すると間もなく二人は私を追い越していくのです。そして私が3度目に追いついた時には、彼らも苦笑していました。まさにカメがウサギに追いつく図です。そして、その後は彼らが追い越すことはありませんでした。

Slow and steady・・・念仏のように呟きながら、とうとう薬師岳の山頂が近付いてきました。
b0167343_23375350.jpg


振返ると、遠く富士山も雲海の上に姿を見せています。
b0167343_23381386.jpg


山頂までの所要時間は5時間半。夏山シーズンとは言え平日だからか山頂には誰もいません。白砂を敷きつめたような山頂からは南アルプスが大きく見えます。爽快この上ない景色を満喫しました。澄み切った青空を眺めていると、ここからの星空を想像せずにはおられません。
b0167343_23384645.jpg


尾根続きには鳳凰三山の1つ観音岳が見えています。縦走してみたいという欲望を抑えたのは、薄くなった空気です。登りはちょっと動くだけで動悸がしてきます。
b0167343_2339991.jpg


後ろ髪引かれる思いで薬師岳山頂を出たのは午前11時過ぎでした。山頂近くの山小屋で弁当をひろげていた二人組に会釈して帰路につきます。

ペースを守って快調だった登りに比べて下りは過酷でした。鍛えたハズの太腿が悲鳴を上げて、1時間も下らぬうちに脚は棒のようになってしまいました。それでもslow and steadyとつぶやきながら歯を食いしばって歩を進めます。歩幅はどんどんと短くなって、最後の方は牛歩どころかカタツムリが動いているかのようでした。いや、本当のところ歩くよりも這った方が早かったでしょう。登山口に辿り着いたのは16時半でした。

家に戻りひろげた新聞には、たまたま中高年の登山ブームの記事があって、専門家からの注意点が書かれていました。曰く「下りのために体力を4割は温存しておくこと」。いや6割は残しておいた方がよい、というのが今回の感想です。

最後に、途中で間近に姿を見たホシガラスの写真。
b0167343_23394149.jpg


・・・体色は全体的にチョコレートのような黒茶色だが、白い斑点が縞をなしているため、星空のようにみえる。和名の「ホシ」ガラスはこれに由来する・・・wikipediaより引用
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-08-06 23:50 | 月・星のある風景