M20三裂星雲 2013

例年にない早さで梅雨明け宣言が出された夜に、富士山麓に出掛けた。最初に向かった育樹記念公園は完全に雲の中、しかも七夕ということで一般の人が次々と訪れる。機材も出さずにとって返すと朝霧高原に向かった。着いてみると南から西の空は良く晴れていて、天の川が良く見えている。新暦の七夕に天の川が見られるなんて、そんな事が今までにあったろうか・・・

夏の星雲が手招きしているのに、肝心の北極星が雲に覆われている。双眼鏡で天の川に沿って夏の星雲/星団を流すように眺めながら、北極星が現れるのを待った。ようやく現れた北極星で極軸合わせを済ませると、大急ぎでM20をNikon 8cmに導いた。既にさそり座のS字は沈みかけている。心の片隅に雲が来襲するのでは、という懸念もあった。

久しぶりの撮影なので、なんだかあたふたしてしまう。この方向は、どうも赤道儀のバランスが良くないようで、手動追尾の精度も良くない。それでも、爽やかな高原の夜風に吹かれながら撮影するのは気分が良い。実生活の全てを忘れて、微動ハンドルを握りしめガイド星をただただ追いかける。心がリセットされていくのが実感される。

b0167343_1136292.jpg

2013年7月7日 23:08 - 24:27 富士山麓朝霧高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間20秒; ISO 3200) x 13コマ + (露光時間32秒; ISO 2500) x 12コマ+ (露光時間40秒; ISO 2000) x 7コマ+ (露光時間50秒; ISO 2000) x 8コマ+ (露光時間64秒; ISO 1600) x 4コマ+ (露光時間80秒; ISO 1250) x 2コマ 全46コマ積算露光時間 29分 
各露光条件でダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理


追尾エラーで星が流れて写っていたので、仕方なく星像が円形に近付くようにとコンポジットの際に少し赤経軸側にズラせて合成した。そうでなくても、久しぶりの撮影でピントの追い込みが不十分だったのに・・・また、天の川の微光星が背景にたくさん写っているので、簡易フラット画像を作るのが難しく、フラット補正で星雲の淡い部分が削られてしまった・・・星雲も本来ならもう少し上に置いた構図にしたかったのだが・・・それでも晴れて撮影できたことで満足だ。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-08-29 23:15 | 星雲

M106銀河 2013

随分と前に撮影した画像が残っていた。

レモン彗星を撮影に出掛けた夜、この夜は透明度があまり良くなかったのだが、気流は安定していた。メシエ天体の完走を果たして、以前に手持ち撮影しただけの銀河がいくつもあり、そのうち是非とも撮影したいと思っていたのがM106だった。

実は前の晩に、八ヶ岳山麓の原村で望遠鏡を向けたのがM106だった。その時の透明度は良好で、眼視でもM106の姿が良く見えていた。撮影の準備が全て整いガイド撮影をはじめようとガイド鏡を覗いたらガイド星が見えない。唖然として思わず空を見上げたら空を雲が覆っていた。一瞬のことで呆然とし、近くにいた同好の志に「急に曇りましたね!」って声を掛けたところ、それが「やまねももんが」さんだった

前の晩の眼視で良く見えていたのに比べて、この夜は眼視では何とか銀河が確認できる程度の条件だった。それでもと撮影してみると意外と良く写る。しかし、コマ数を重ねる高度を下げるに従い透明度が低いため西側の諏訪方面の街灯りの影響を受けるようになってしまった。

b0167343_0182379.jpg
2013年5月13日 23:57 - 25:08 八ヶ岳山麓富士見高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間64秒; ISO 1600-640) x 20コマ + (露光時間80秒; ISO 1000-640) x 8コマ 全28コマ積算露光時間 32分 
オート・ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク


銀河の外周部分が青味を帯びて薄らと確認できる。小さな姿ではあるが非常に美しい銀河だ。「たら・れば」を言ったってどうなる訳でもないのだが、もし前の晩のような良好な条件で撮影できたら、どこまで写ったのだろうか・・・
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-08-26 22:40 | 星雲

秋近し・・・

記録的な猛暑だが、暦の上で立秋を過ぎると夜空はもう秋。

夏の大三角が高原の木々の上に少しずつ高度を下げ始めると、東の空には昴が昇って来ていた。

b0167343_15145899.jpg
2013年8月11日 1:29-1:34 八ヶ岳野辺山高原
Canon S95 ISO 3200 15sec固定撮影(オートダーク減算) x 9コマ
星に合わせてコンポジット処理+星マスクによる強調処理+簡易フラット補正+HDR処理
前景の樹影は、前景に合わせて5コマをコンポジットした画面をハメコミ合成


きっと9月になれば天候が安定するだろう・・・

きっと9月になれば空の透明度がグンっと高まるだろう・・・

引き締まった夜気に包まれ

星が降るような空の下で

さあて何を撮影しようか・・・
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-08-24 00:55 | 月・星のある風景

速報!!! いるか座新星の増光を(たまたま)捉えた!

8月14日の晩に撮影した写真に、いるか座の新星が写っていた。

驚いたことに、わずか2時間弱の間にも増光しているのが確認できる。いずれの写真も10コマ連続で撮影されており、どのコマで見ても増光は確かだった。

新星と同程度の明るさに写っている矢印の星の光度を示したが、14日24時前には7等相当だったものが、15日1時過ぎには6等前後になっている。

8月10日の晩に撮影した写真で同じような位置に写っているように見える星は、8.4等の恒星のようだ。
b0167343_2513771.jpg


ちなみに発見者の板垣公一さんが新星を確認したのが14日の22時半頃とのことなので、真ん中の写真は発見から1時間後に撮影していたことになる・・・・

この写真は、ペレセウス座流星群の残党が写らないかと思って撮影し続けていた最初と最後のコマの一部をトリミングしたものなのだが、この間に流星は1つも写っておらず捨てようと思っていたもの・・・

まさか新星が増光する様子が写っていたとはびっくり仰天!!!いやあ、捨ててなくて良かった・・・
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-08-20 02:55 | 新星

とうとうやってしまった・・・

日中はとろけそうな暑さで、夜になると曇って昼間の熱気が盆地にこもってしまうような天気が続いている。そんな天候ではあるが、八ヶ岳周辺では長野県側は午前1時ごろまでなら晴れるかも・・・という予報に誘われて富士見高原に出掛けた。小淵沢までは雲っていたが、富士見高原に着いてみると南側を除けばそこそこの星空で、天頂から北東にかけて天の川も確認できた。

いつものようにNikon 8cm望遠鏡を組み上げて極軸合わせを済ませ、ガイド鏡のミニ・ボーグが本体のNikon 8cmと同一方向を向くように調整をした。そして、天頂方向の白鳥座にある赤い星雲に狙いを定め、ミニ・ボーグの視野の中心に適当なガイド星が入るように調整をして、さあコリメート撮影を開始というところまできて気が付いた。

なんと、カメラを持って来るのを忘れてしまっていた・・・。家を出る時点でカメラのバッテリーの充電が終わっていなかったので、まず機材を車に積込んで、最後にカメラのバッテリーをコンセントから外してポケットに入れたのに、肝心のカメラはテーブルの上に置いたままだったのだ。とうとう、やってしまった。

幸いと言おうか、この夜はペルセウス座流星群のピークだったので、敷物もないのに地面にふて寝して流星見物を始めた。一方で、流星見物に来る車がハイビームで絶えず出入りし、中には車のヘッドライトを点けっぱなしでキャンプ用のテントを組み上げる強者もいて、なかなか落ち着いて見物ができない。こんな様子だと、たとえ撮影できていても相当の忍耐を強いられたろうな・・・などとイソップ童話出てくる酸っぱいブドウのキツネみたいな心境になる。

そろそろ曇ってくるのかなあ、などと思って空を見ているのだが、意外と天頂方向は安定している。気温は20度程度だが、半袖で寒さを感ずることもなく、高原の夜は爽やかだ。痕を残すような火球が結構流れて、その度にオウッ!となる。鬱陶しい蒸し暑さの残る家で汗をかいて寝ているより、どれだけ快適なことか!!と気分を持ち上げてみるのだが、撮影しようにもできないというのは寂しいものだ。晴れていたら薄明まで撮影するつもりで来たのだが、撮影できないのなら仕事に備えて帰ろうか・・・午前1時前に撤収して家路についた。

ということで、もちろん成果はなかったのだが、それでは余りに寂しいので、先週末にお客さんを野辺山高原まで星見に案内した際に撮影した写真をアップしておく。

この晩も透明度は高くなかったのだが、それでも天の川を肉眼で十分に楽しむことができた。そして、カメラさえあれば15秒露光の固定撮影でだってソコソコ写るのだ。そう、カメラさえあれば・・・
b0167343_28368.jpg

2013年8月11日 1:40-1:47 八ヶ岳野辺山高原
Canon S95 ISO 3200 15sec固定撮影(オートダーク減算) x 11コマ
星に合わせてコンポジット処理+星マスクによる強調処理+HDR処理
前景の樹影は、前景に合わせて5コマをコンポジットした画面をハメコミ合成

[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-08-19 00:43 | 月・星のある風景

ペリカン星雲 2013

6月はじめにパンスターズ彗星を撮影した晩に、北アメリカ星雲のコリメート撮影にも挑戦してみた。

この夜は、湿度が高く空の透明度もやや低め。鏡筒がビッショリと結露するような条件だった。星雲の位置などを確認してこなかったので、適当にNikon 8cmをデネブの北側に向けて試し撮りをしているうちに、どうやら北アメリカ星雲の最も濃い部分と思われる領域が写るようになった。

構図を定めて本格的に撮影していると、少し様子がおかしい。よく見るとお隣のペリカン星雲の頭の部分であることがわかった。そして、ペリカンの頭が中心をハズれた構図になってしまっている。しかし、この夜は月が午前1時半頃には昇ってくるので、構図を設定しなおす時間的余裕はなく、そのまま撮影を続けることにした。

ところが、ちょうど月の出の頃に望遠鏡の結露をタオルで拭き取っている最中に、ガイド鏡のミニ・ボーグが少しズレて、ガイド星をロストしてしまった。約30分程かけて、回復させた頃には月明かりが目立つようになってしまい、LPS-V4フィルターを装着して撮影を続けた。

b0167343_0445463.jpg
2013年6月 1:04 - 3:06 八ヶ岳山麓清里高原美しの森
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間40秒; ISO 3200-2500) x 29コマ + (露光時間50秒; ISO 2000) x 4コマ+ LPS-V4 filter (露光時間40秒; ISO 3200) x 1コマ+ (露光時間50秒; ISO 3200) x 3コマ+ (露光時間64秒; ISO 200-2500) x 10コマ 全47コマ積算露光時間 37分 
オート・ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理


空の条件が悪かったにもかかわらず結構良く写っていてビックリだ。こんな時に限って、ピント合わせが上手く決まって追尾も良好とは・・・ちょっともったいない感じがする。まあ減るものではないので、今後もこのレベルのピント合わせを目指したいと思う。

撮影を終えた午前3時過ぎには、月も低空のモヤから上に出ていたので、久しぶりに撮影してみた。
b0167343_0465283.jpg


いかにも梅雨の合間って感じの眠たい写りになった。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-08-02 01:18 | 星雲