逆さ富士とさそり座 その2

鏡のように静かな湖面にアンタレスと土星が映っているのが肉眼でも確認できたので、撮影してみた。
b0167343_23432371.jpg

2015年3月30日 3:28-3:36 富士山麓河口湖畔
Canon PowerShot S95(F 2.0) 固定撮影 
露光時間16秒 ISO 1600 x 10コマ + ISO 400 x 4コマ
オート・ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いて夜空は星の位置に合わせて最初の10コマをコンポジット+景色は全14コマをコンポジットして前景を切り出して合成 +湖面の星は星の位置に合わせて最初の10コマをコンポジットしたものを前景に比較明合成 + HDR処理


空の透明度が低いので銀河はさすがに無理だったが、さそり座のS字はなんとか写っているのが確認できる。もう10コマ撮影しておいたら、もう少し滑らかな画像になったのに・・・構図的には、湖面の左手前に何か岸辺の景色を入れられれば良かったなあ。そして何より本物の星空の写りが残念。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2015-04-22 23:53 | 月・星のある風景

逆さ富士とさそり座

夜になって晴れて無風という予報だが、当地から見る夜空はどんよりとして月も赤みを帯びて見える。大陸から黄砂とPM2.5が流れ込んでいるのも予報通りだった。しかし、富士山周辺は日中にまとまった雨が降ったようだから、いくらかは透明度がよいだろうと考えて、日付が変わってからコンデジと三脚だけ車に積むと峠を越えた。

トンネルを抜けてびっくり。精進湖は完全に霧の中だった。やはり雨上がりに気温が高く無風状態だとこうなるだろうなあ。GPV予報も霧はなかなか読めないようだ。しかし、精進湖畔を抜けてしばらく国道を行くと霧が晴れて月夜になった。西湖の撮影ポイントに到着してまたびっくり。月没前というのに、数名の同好の志が既に立派なカメラと三脚を並べて撮影していた。今は、もうとっくに日付が変わって月曜日の午前3時だよ・・・と自分のことを棚に上げて呆れてしまった。

そそくさと撤収して河口湖畔へと向かった。幸いこちらも晴れている。去年撮影したポイントに着いたが、駐車場に他の車はいなかった。湖畔まで降りて、またまたびっくり。去年は波が打ち返していたのが、水面は鏡のようで波音は全く聞こえない。しかし、予想通り空の透明度は低く、月が沈んでも空は街灯に照らされて明るいままだ。高度を増してきた夏の大三角の辺の天の川は、その存在がなんとか確認できるかどうかといったところだった。
b0167343_23121894.jpg
2015年3月30日 4:01-4:16 富士山麓河口湖畔
Canon PowerShot S95(F 2.0) 固定撮影 
露光時間16秒 ISO 1600 x 10コマ + ISO 800 x 10コマ + ISO 400 x 4コマ
オート・ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いて夜空は星の位置に合わせて最初の10コマをコンポジット+景色は全24コマをコンポジットして前景を切り出して合成 +湖面の星は星の位置に合わせて最初の10コマをコンポジットしたものを前景に比較明合成 + HDR処理


水面にクッキリと逆さ富士と星が映っており、水面から突き出した枯れたヨシが意外と絵になっている。豪雪にみまわれた去年の写真と比べると、富士山の雪の量が随分と少ないことがわかる。

この鏡のような湖面になる穏やかな天気で、真冬のような空の透明度に恵まれるってことは、なかなか難しいだろうなあ・・・
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2015-04-11 23:31 | 月・星のある風景