タグ:星雲 ( 220 ) タグの人気記事

馬頭星雲 2013

ちょっと前に撮影した対象だけど、この季節らしいものをアップ・・・

10月最初の週末は久しぶりに星空が期待できそうな新月期なのに、仕事と重なってしまった。日曜日の晩は家に着くと大急ぎで機材を車に積んで出発した。向かった先は、GVP予報で一晩中の快晴が約束された瑞牆山。1対象に2時間強費やすとして、なんとか2天体が写せるかどうかギリギリの感じ。そうすると最深部まで行くよりは、お天気次第では途中のみずがき湖に陣取ることも考えながら山道を走っていった。

ところが、みずがき湖は完全な曇天。予報とは少し違う。それでも上まで行けば晴れるだろうと信じて、そこから約20分ほどかけて目的地に到着した。しかし星が見えないのは同じだった。それでも30分もしないうちに晴れ間が広がって、秋の銀河が見えだした。上空の透明度は上々だ。よしよし、そうこなくちゃあ。

北極星を確認して望遠鏡を設置すると、最初の対象をNikon 8cmに導いてコリメート撮影を開始した。あれ、ガイド星が見えにくくなったなと思って空を見上げると、雲が広がっている。2コマ撮影しただけで、完全に曇ってしまった。風も止まり、天気が動き出す気配は感ぜられなくなった。

そのうち北西方向に少しだけ星が見え出した。八ヶ岳山麓は晴れているのだろうか・・・。しびれを切らして移動しようかと撤収しかけた時に、少し風が動き出して瑞垣山の上に木星が見えた。待っていたら、少しずつ東の雲が薄くなってオリオン座が見えるようになった。もう時間的に2天体を撮影するのは無理なので、馬頭星雲をじっくり明け方まで撮影することにした。

馬頭星雲はアルタニクがガイド星としてそのまま使えるので、Nikon 8cm本体とガイド鏡のミニ・ボーグを平行に据え付けてあれば、そのまますぐに撮影が始められるのも利点だ。もっとも、アルニタクの明るさが画像上では邪魔になるのだが・・・。途中で何度か雲に覆われて撮影を中断せざるを得なかったものの、次第に空が安定してきて露光時間を段階的に延ばしていった。

2分越えから160秒露光まで延ばした時、バックモニターの画像が期待したほどの写りでないことが気になった。鏡筒に触れてみると、馬頭星雲の撮影をはじめたころは乾いていたのが、薄らと汗をかくように結露しはじめている。対物レンズにはカイロが縛り付けてあるので、もしかしたら天頂ミラーが結露したのだろうか?豆ドライヤーを吹き付けて撮影し直したら、やはり写りが良くなった。どうも、この新しい天頂ミラーは結露しやすいようだ・・・。

b0167343_16449.jpg

2013年10月7日 1:48 - 4:39 山梨県瑞牆山山麓
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間40秒; ISO 3200-2000) x 9コマ + (露光時間50秒; ISO 3200-2500) x 8コマ+ (露光時間64秒; ISO 3200-2000) x 8コマ + (露光時間80秒; ISO 3200-2000) x 7コマ+ (露光時間101秒; ISO 3200-2000) x 6コマ + (露光時間128秒; ISO 2000-1250) x 4コマ+ (露光時間160秒; ISO 1250-1000) x 2コマ 全44コマ積算露光時間 55分 
オートダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理


出来上がりの画像は結露の影響か少しコントラストに乏しいが、昨年に1分露光でno filterとLPS-P2 filterを装着して各50コマ以上を稼いで112コマをコンポジットした画像よりも断然良い。特に火焔星雲と青いNGC2023の写りが遥かに良くなっている。今回はfilterを使っていないのと、コマ毎の露光時間が前回よりも長いことが効いているのだろうが、新調した天頂ミラーの性能が高いことも理由の1つだろう。ただし、天頂ミラーの結露対策を考えなくては・・・
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-12-04 22:35 | 星雲

IC1318星雲 2013

アイソン彗星の末路に肩を落としつつ、夏に撮影した赤い星雲シリーズ・・・

カシオペヤのNGC281を撮影し終えて、次にNikon 8cmを向けたのは、はくちょう座のサドルの近くに広がるIC1318星雲。北アメリカ星雲と迷ったが、どうにか視野内に収まるということで選んだ。

b0167343_0284638.jpg
2013年8月15日 2:20 - 3:33 八ヶ岳山麓野辺山高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間32秒; ISO 3200) x 8コマ + (露光時間40秒; ISO 3200) x 8コマ+ (露光時間50秒; ISO 3200-2500) x 8コマ+ (露光時間64秒; ISO 2500-2000) x 14コマ+ (露光時間80秒; ISO 2000) x 4コマ+ (露光時間101秒; ISO 1600-1250) x 4コマ 全46コマ積算露光時間 43分 
ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理


割と濃淡に乏しい単調な仕上がりになってしまった。また、星雲が視野内いっぱいに広がっているため、フラット補正用の星なし画像を作るのが非常に難しく、周辺部分の処理がうまくいっていない。それでも、不思議な妖しい雰囲気のある星雲の魅力を、ある程度は引き出すことができた。

b0167343_22554399.jpg
2013年8月15日 1:15-1:21 八ヶ岳野辺山高原
Canon S90 ISO 3200 15sec固定撮影(オートダーク減算) x 10コマ
星に合わせてコンポジット処理+星マスクによる強調処理+簡易フラット補正+HDR処理
前景の樹影は、前景に合わせて5コマをコンポジットした画面をハメコミ合成

[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-11-30 06:46 | 星雲

NGC281星雲 2013

天候不順に祟られたこの夏。数少ない成果をアップする・・・

どうやらこの夏の八ヶ岳周辺の天気は、場所によって随分と差があるようで、GPV予報が良い方向にハズレる傾向があると深読みし、前々日の晩にカメラを忘れた悔しい気持ちまで車に積込み、野辺山高原を目指した。

先日に訪れた時よりも雲が多く、途中までは星が全く見えない。それでも、まあ行ってみるかと八ヶ岳方面に登りはじめた。そして林道の突端近くまで来たら、なんと晴れていた!透明度は先日よりも落ちるが、林の中から見上げる空には雲はない。
b0167343_22195547.jpg
2013年8月14日 23:46-23:52 八ヶ岳野辺山高原
Canon S90 ISO 3200 15sec固定撮影(オートダーク減算) x 10コマ
星に合わせてコンポジット処理+星マスクによる強調処理+簡易フラット補正+HDR処理
前景の樹影は、前景に合わせて5コマをコンポジットした画面をハメコミ合成


カシオペヤのWが高度を上げていたので、その付け根にあるNGC281に狙いを定めた。そう、前々日の晩のリベンジだ。カメラの特性からして、赤い星雲なら多少は透明度が低かろうと写るだろうと考えての選択だ。眼視では存在の確認ですら困難な対象なので、星雲周辺の星の並びを手がかりにNikon 8cmを向けた。

淡い対象なので、露光の積算が60分になるように露光時間を段階的に延ばしながらコマ数を重ねていった。幸い赤道儀のご機嫌は良くて、気持ちよく手動追尾を続けることができた。そして、雲に覆われる事もなく、予定のコマ数を撮影することが出来た。

b0167343_047660.jpg
2013年8月14日 23:52 - 25:50 八ヶ岳山麓野辺山高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間32秒; ISO 3200) x 12コマ + (露光時間40秒; ISO 3200) x 10コマ+ (露光時間50秒; ISO 3200) x 16コマ+ (露光時間64秒; ISO 3200) x 8コマ+ (露光時間80秒; ISO 3200-2500) x 8コマ+ (露光時間101秒; ISO 2500) x 4コマ+ (露光時間128秒; ISO 2000) x 2コマ 全60コマ積算露光時間 57分 
ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理


ただし、この星雲に独特の波打つオーロラのような質感を出すことは出来なかった。露光時間はほぼ限界なので、空の透明度が良くなる秋の空が狙い目ということになる。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-11-23 00:38 | 星雲

M42オリオン星雲 2013-2

天頂ミラーの比較テストをしながら気がついたのだが、この夜の透明度はバツグンで、すぐ近くに月があるというのにM42の美しさはちっとも色褪せなかった。コンデジのバックモニターに現れる星雲を見ていると、なんだかテストだけで切り上げて帰るのがもったいなくなってきた。地面には月明かりで撮影している自分の姿が望遠鏡と一緒になって影絵になっている。それが、なんだか楽しげな気分にしてくれる。口笛でも吹きたい気持ちだ。

月明かりの影響を考えると、長い露光時間はかけない方がいいだろう。40秒露光を基本にして、ISOをさまざなに設定することで、星雲の中心部から周辺の淡い部分までカバーするようにした。星雲の美しい色合いが失われないように、月明かりはあってもフィルターは使用しなかった。今までは、ついつい小三ツ星を視野に入れたくなったのだが、この夜はM42の本体がバランス良く中央に広がるような構図に調整した。短時間露光でISOを低めに設定して撮影したコマでは、星雲の中心部分しか写らないので星雲が中心部を外れているように見えてアレッ!?と思うのだが、さすがに何度も向き合ってきた対象だけあって、冷静に判断できた。

b0167343_1434540.jpg
2013年10月28日 3:16 - 4:42 八ヶ岳山麓富士見高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間10秒; ISO 1250-1000) x 8コマ + (露光時間20秒; ISO 2000-1000) x 16コマ+(露光時間40秒; ISO 2500-1000) x 37コマ + (露光時間64秒; ISO 1000-800) x 4コマ 全65コマ積算露光時間 36分 
オートダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理 + 中心部約90%を円形にトリミング


コンポジットしてみると、月明かりの影響かいつもより画像に深みが感じられないようだ。周辺部も明るく写っていて無理にフラット補正をかけようとすると、星雲の淡い部分が削られてしまう。そこで周辺部は少しトリミングして、HDR処理をやや強めに効かせてメリハリが出るように仕上げてみた。ピントと追尾精度に若干不満はあるものの、月夜にここまで写るなんて、さすがは全天で随一の対象だけのことはある。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-11-18 00:25 | 星雲

M33銀河 2013

8月の新月期もスッキリと晴れないまま過ぎようとする中で、遠方からのお客さんを八ヶ岳まで星見物に案内する約束を以前からしていた。当日の天気予報は微妙ではあったが、随分と前から計画していたことだったので、野辺山高原に出掛けた。

案の定、清里を過ぎて野辺山まで来た辺りでは雲間から時々星が見えるような天気だった。しかし、どうも雲は低いところにあるようなので、思い切って八ヶ岳方向に林道を走って高度を上げていった。するとどうだろう、夢から覚めたのか夢の世界に入ったのか、とにかくスッキリとした星空が広がっていた。

客人達には、天の川はもちろん、Nikon 8cmでアルビレオ、M11、M13、M27、M57、二重星団、M31・・・と星雲・星団を楽しんでもらうことができた。満足した様子の客人を宿所に送り届けると、車をとって返して再び野辺山高原を登った。幸いまだ晴れていて、東の空には昴が昇っていた

双眼鏡で確認するとM33がかなり良く見えている。透明度は意外と悪くないようだ。急いで準備を整えると、コリメート撮影を始めた。コマ数を重ねて露光時間が長くなり、次第に星雲の淡い外周部分まで写るようになると、中心をやや外していることに気が付いたが、もう調整し直す時間が残っていない。そのまま撮影を続けた。

b0167343_21113694.jpg
2013年8月11日 2:31 - 3:42 八ヶ岳山麓野辺山高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間32秒; ISO 3200) x 9コマ + (露光時間40秒; ISO 3200) x 8コマ+ (露光時間50秒; ISO 3200) x 11コマ+ (露光時間64秒; ISO 3200-2500) x 12コマ+ (露光時間80秒; ISO 2500) x 5コマ 全45コマ積算露光時間 39分 
ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理


案の定、銀河の腕の淡い部分が周辺減光のところにかかってしまい、フラット補正用の星消し画像の作製に難渋することになったが、昨年の画像よりは随分とよくなった様に思う。

追尾やピントが今回の方が良かっただけでなく、星雲の淡い部分もよく出ているように思う。画像処理の技術が向上したこともあるが、露光は昨年の方が長かったので、新調した天頂ミラーの効果が出ているのだろう。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-11-04 23:05 | 星雲

M31アンドロメダ銀河 2013

7月初旬の空も夜半過ぎには東の空には秋の星座が昇ってくる。沈み行くアンタレスを見送り振り返ると、アンドロメダ銀河が肉眼でも確認出来た。去年は、最長で4分を越える露光にも試み、26コマで積算露光時間で68分、1コマ平均で2分越えという手動追尾の限界まで挑戦した。さて、今年はどうしたものか・・・

それなら、今年は追尾精度を追求してみよう。ということで、赤道儀のバランスはもちろん、手動追尾しやすいように望遠鏡と体の位置関係をいろいろと調整し、短めの露光時間で撮影を始めた。追尾ハンドルの手加減が飲み込めてくると、露光時間を段階的に延ばした。対象の高度が上がるにつれて赤道儀の動きもスムーズになって、最終的は80秒まで延ばした。

しかし朝の気配の訪れは早く、薄明開始時刻を過ぎても望遠鏡にしがみつき撮影を続けたが、目標とした1時間の積算露光には届かずにthe endとなった。

b0167343_11481618.jpg

2013年7月9日 1:41 - 3:06 八ヶ岳山麓富士見高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間20秒; ISO 2500) x 17コマ + (露光時間32秒; ISO 2000) x 8コマ+ (露光時間64秒; ISO 1600) x 8コマ+ (露光時間80秒; ISO 1250) x 18コマ 全51コマ積算露光時間 39分 
各露光条件でダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理


仕上がりは、今年の方が断然イイ。実は、露光時間を短くしても良く写ると言う確信があった。それは、ゴールデン・ウイークが終わってM8干潟星雲を撮影して以来なんとなく感じていたことなのだが、このところ確信へと変わりつつあった。その理由は、天頂プリズムにあった。

長く使ってきたMEADEの天頂プリズムの接続が緩んできてしまったので、出張で上京した際に秋葉原の望遠鏡店に寄った。店員さんは、Kasaiの高反射率プリズムを勧めてくれた。しかし、値段が通常のプリズムの3倍する。果たして値段だけの価値があるものなのか半信半疑だったが、店員さんの「だまされたと思って・・・」という一押しを信じて購入したのだった。去年の秋のことだった。

しかし、装着してみると今までのピント位置とは結構ズレていて使い勝手が違う。そこで、とにかくメシエ天体の完走を済ませるまでは封印していたのだった。それが、M8の撮影から本格的に導入したところだった。M8でオオッっ!?と思い、M106でコレは本物かも!!と感じていたのだが、梅雨に入ってしまった。そして、この梅雨明けの撮影で、その効果を確信したという次第。

よ〜し、この夏はバンバン行くゾッ!!と気合いの入る結果となった梅雨明け早々の2晩だったのだが、懸念通りそれからはスッキリ晴れない暑いだけの夏を過ごすことになってしまった・・・

追伸
画像処理をやり直し周辺部を少しトリミングした。
b0167343_21283433.jpg

[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-10-24 02:20 | 星雲

バブル星雲(NGC7635)とM52星団

バブル星雲ことNGC7635は、g-logさんのサイトで初めて見て以来いつか写してみたいと思っていた対象だった。台風一過の9月16日の晩は、月明かりが残るうちからLPS-V4フィルターを使って撮影するつもりでいたのだが・・・。

野辺山高原は、予報で湿度が一番低かったので選んで出掛けて来たのだが、台風の大雨でたっぷりと湿った大地に放射冷却現象が加わって急激に気温が低下した。しかも、途中の道中でいつもなら車の窓を開け放って走るところを、油断して窓を閉めたまま走ってしまったので、鏡筒の外気順応が出来ていなかった。Nikon 8cmを据え付けた場所のアスファルトは乾いていたのだが、目印のM52を導入できたと思ったら、鏡筒には雫が垂れるほどの激しい結露。

慌てて鏡筒には懐炉を取り付けたが、みるみるうちに接眼レンズや天頂プリズムまでが曇ってしまった。こんな激しい結露は経験したことがなかった。バッテリーに豆ドライヤーを取り付けて、温風を吹き付けることで、なんとか一旦は解消されたが、すでに時刻は午前2時を過ぎて月は沈もうとしている。結局フィルターなしでコリメート撮影を始めた。

ところが瞬く間に結露してきて、度々撮影を中断しては豆ドライヤーで温風を吹き付けなければならない。撮影を再開して数コマ撮影するうちに、またコンデジのバックモニター画像のコントラストが低下してきてレンズが曇ったことが知れる。しかも、極軸合わせが不良だったようで、たかだか30秒露光でもガイド星が十字線の上をゆっくり移動していくのがわかった。これでは、1分越えの露光は無理だ。

粘り強く撮影を続けたが、とうとうバッテリーが枯渇して豆ドライヤーが止まってしまった。薄明までは少し時間があったが仕方がない。

b0167343_1513046.jpg
2013年9月17日 2:33 - 3:45 八ヶ岳山麓野辺山高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間32秒; ISO 3200) x 19コマ + (露光時間40秒; ISO 3200) x 7コマ+ (露光時間50秒; ISO 3200-2500) x 15コマ 全41コマ積算露光時間 27分 
オートダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理


ピント合わせは悪くないハズなのだが、結露の影響に手動ガイド不良が重なり、しかもISOの高い短時間露光なので個々の画質が粗くコンポジットしても解消されなかった。そのため相当に眠たい仕上がりになってしまった。それでも、赤く広がる星雲の中心部に白っぽいシャボン玉のよう輪郭をなんとか辿ることが出来る。倍率的には、M52星団とバブル星雲がバランス良く収まる構図なので、条件の良い晩にぜひ再挑戦したい。

この夜の気温の低下は急激で、薄明前には冬用の上着まで身につけても寒さを感ずるほどだった。機材を撤収して車のエンジンをかけて、フロントガラスの結露をワイパーで取り除けようとしたら、結露が凍り付いていた。

PS1
ちょうどAPODに同じような構図の画像がアップされていた。

PS2
b0167343_035014.jpg
あろうことか、貴重な1コマの中央を堂々と航空機が通過していた。
人工衛星の航跡なら比較暗合成でどうにかなるが
ここまでハデだと、コンポジットには入れられない。

時刻は午前3時47分。
どこからどこに行くのだろうか・・・
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-10-20 00:11 | 星雲

M42オリオン星雲 2013

9月11日の晩は25時過ぎに一気に空が晴れて、星空が広がった。機材をセッティングしながら、まずは固定撮影で星空をコンデジにおさめた。
b0167343_1547286.jpg
2013年9月12日 1:18 - 1:23 富士山北麓 育樹記念公園
Canon PowerShot S95 固定撮影
No filter (露光時間15秒; ISO 1600) x 10コマ  
オート・ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いて星に合わせてコンポジット+フラット補正+HDR処理+前景をはめ込み合成


この直後に西から雲が広がって、それからは星空が雲間から見えたり見えなかったりの繰り返しだった。ようやく、午前2時過ぎから雲が少なくなってきたので、他に撮影したい対象がたくさんあったのだが、オリオン星雲に望遠鏡を向け撮影を始めた。

その後も時々雲に覆い隠されたりしたが、30分程で安定した空になった。そこから薄明開始までの間、神経を指先に集中させ手動ガイドによる撮影を繰り返した。明るくて色彩豊かな対象なので、コンデジのバックモニターに現れる画像を見る度に、幸せな気持ちになる。

ただ、気流も荒れていないし、ピント合わせも十分で追尾の精度も悪くないハズなのに、星がやや肥大して写る。撮影中には原因がよくわからなっかたのだが、撤収する時に三脚の固定ネジが締めてなかったことに気がついた。

b0167343_1357513.jpg
2013年9月12日 2:46 - 4:20 富士山北麓 育樹記念公園
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間32秒; ISO 3200-800) x 26コマ + (露光時間40秒; ISO 3200-2500) x 12コマ+ (露光時間50秒; ISO 3200) x 4コマ+ (露光時間64秒; ISO 3200-800) x 14コマ 全56コマ積算露光時間 40分 
オート・ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理


明け方までの残り時間が少なかったのと、極軸合わせがやや不良だったため、比較的短い露光時間の撮影とせざるを得ず、その分だけISOを高く設定することになった。そこで、強調処理やフラット補正、HDR処理は全て軽く行うにとどめておいた。昨年の撮影は、年末年始に覚えたてのHDR処理を効かせてコテコテにしたのだが、この位の方が自然な感じかな。

この1枚で9月も何とか足跡を残す事ができた。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-09-24 00:59 | 星雲

M16わし星雲 2013

梅雨明け宣言の出た七夕の夜に引き続き、翌晩は八ヶ岳山麓に出掛けた。例によって現地に着いたのは日付も変わろうかという時間。いて座の辺りの銀河は既に南中時刻を過ぎようとしており、ちょうど空を東西に分かつかのように天の川が見えているが、透明度は良くもなく悪くもなくといったところだろうか。

まずは、M16わし星雲にNikon 8cmを向けた。思ったより早く高度を下げる様に少々焦りを感じながら撮影の準備を整えた。とにかくコマ数を稼ごうと20秒露光からスタートした。露光時間を段階的に延ばしながら、最終的には64秒露光で再びコマ数を稼いだ。

b0167343_169324.jpg

2013年7月9日 0:00 - 1:09 八ヶ岳山麓富士見高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間20秒; ISO 3200) x 16コマ + (露光時間32秒; ISO 2500) x 10コマ+ (露光時間40秒; ISO 2500) x 8コマ+ (露光時間64秒; ISO 1600-1250) x 16コマ 全50コマ積算露光時間 33分 
各露光条件でダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理


久しぶりだった前日の撮影よりは少し落ち着いていて、ピント合わせや追尾は比較的うまくいったようだ。それでも、この方向は手動追尾の手加減が難しく、どうしても追尾エラーが出てしまう。昨年の画像よりは随分とよく写ったが、ぜひあぶり出したいと思っている「創造の柱」はもう一息の様子。また来年に頑張ろう。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-09-09 00:39 | 星雲

らせん星雲 2013

梅雨明け宣言の出された七夕の晩に、M20の撮影の合間にふと見ると、フォーマルハウトが富士山の横から姿を現した。もしやと思い双眼鏡で眺めてみると、期待通りNGC7293らせん星雲の存在が確認できた。雲の襲来を心配しながらM20を撮影していたが、どうやら手ぶらで帰ることは回避できたので、少々気が早いが透明度の高さに乗じて淡い対象に挑むことにした。

ただ雲の襲来の懸念は消えないので、高度は低いが暗い空に期待して、まずはISOをmaxの3200にして20秒露光でコリメート撮影してコマ数を稼いだ。続いて32秒露光、そして40秒露光、ついには64秒露光まで延ばしたところで一陣の風とともに低空にうす雲がやってきた。

ここまでかと思いつつも、雲越しにうっすらとガイド星が見えているので、撮影はしないまでもしばらく追尾を続けていくと、あら不思議。再び星空が戻り始めた。しかし、そこでトラブル発生。うっかりガイド鏡に頭をぶつけて鏡筒が動いてしまい、ガイド星を見失ってしまった。

幸いNikon 8cm本体の方は動かなかったので、ガイド鏡の微動マウントを調整して、なんとかリカバリーすることができたのだが、貴重な晴れ間の時間を随分とロスしてしまった。ようやく64秒露光で撮影を再開したものの、夏至からまだ2週間なので夜明けは早い。対象が南中を迎えかようかというタイミングで、薄明を迎えてしまった。

b0167343_2302910.jpg

2013年7月8日 0:56 - 2:49 富士山麓朝霧高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間20秒; ISO 3200) x 19コマ + (露光時間32秒; ISO 2500) x 11コマ+ (露光時間40秒; ISO 2000) x 12コマ+ (露光時間64秒; ISO 1600) x 18コマ 全60コマ積算露光時間 39分 
各露光条件でダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理


どうにかこうにか持ち上げた昨年の画像に比べると随分と「らせん星雲」らしくなった。外周の淡い部分まで出るようになると眼のような姿になるのだが、そのためには透明度の良い条件で長い露光のコマをもっと増やす必要がある。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-09-04 22:59 | 星雲