タグ:月・星のある景色 ( 79 ) タグの人気記事

青空の向こうにも星がある

天気予報だと今週末も曇りや雨のようだ。普段の行いが悪いからだ、という声がどこからともなく聞こえてきそうだ。ただ、今はかなりひろく青空が見えている。

b0167343_11305679.jpg今なら、どんな星が輝いているのか、想像してみるのも悪くない。やはり、木星が存在感のある光を放っているはずだ。その近くには海王星がいて、低倍率なら望遠鏡で同じ視野に入るはず。その様子をデジカメで捉えたいと、天気が回復するのを待っているのだが・・・。

写真は、5月9日の晩の月だ。深夜に家に帰って居間に入ると、窓から満月の光が差し込んでいた。灯りをつけるのがもったいないと思うような、幸せな気分になった。

今も青空の向こうにだって星はある、いや雨雲の上にだって星空は変わらずにあるのだ、そう思うと気持ちが少しは晴れてくる。でも、やっぱり夜に晴れて欲しいなあ。日頃の行いが・・なんてことにならないように、さあ頑張ろう!
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2009-05-30 11:34 | 月・星のある風景

赤い星たち(その2)

「赤い星たち」と命名された母のキルト作品であるが、キルト教室の作品集にある母のコメントを抜粋してみる。

b0167343_23314559.jpg
「・・・寒い夜空の星を天体望遠鏡で飽かずに眺めていた息子たちの姿が浮かびます。・・・(中略)・・・赤い星のひとつひとつが瞬いて、希望の星であり続けるように。」

母がニコンの望遠鏡を想い描きながらキルトを縫い上げた事は間違いない。かけた手間を考えると一緒にしては申し訳ない気もするが、こうしてニコン望遠鏡で撮影した月や惑星の写真と並ぶにふさわしい作品と言える。

b0167343_23293646.jpg完成を楽しみに、くる日もくる日も縫い続ける。そんな根気がいる作業をどうして毎日続けられるのか、ちょっと不思議だった。しかし、こうして書いてみると母の想いが少し理解できたように思う。

母が意識しているのかどうかわからないが、一針ごとに思い出と未来への気持ちを縫い込んでいるのだ。私たちの幼少の頃の姿、そして孫たちの将来の姿とも対話しながら縫っているのだろう。

そんな母の姿と作品が、どんな言葉よりも雄弁にいろいろなことを伝えてくれているのは言うまでもない。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2009-05-12 00:25 | 月・星のある風景

赤い星たち(その1)

これまでに何度か父の話が出て来た。これを母が読むはずもないが、父の話ばかりでは申し訳ないので、母の話も書いておこうと思う。

商売をやっていた両親は、子供心に本当に忙しそうだった。来客も多くて、母はてんてこ舞いだったはずだ。だから、母に趣味と呼べるようなものは全くなかった。ただ当時はどこの家でもそれが当たり前だった。

b0167343_16283716.jpg仕事と子育てに追われていた母だが、われわれ子供達が次々に親許を離れ、父も3年間の闘病生活を終えて旅立ちしばらくすると、キルトを始めた。今から20年ほど前になる。

習うのなら一流の先生に、と母は考えたようだ。東京の国立市で教室を主宰している実力派の先生のもとに、月に1度片道2時間かけて列車で通うようになった。

それからキルト作りが母の生活の全てになったと言っても過言ではない。欠かさずに教室に通いながら、身の回りの事をする時間以外はひたすら針を持って布に向かうようになった。今日も間違いなくキルトと向かい合っているはずだ。

そんな母が、キルトを始めてから10年近く経った頃に、約1年をかけて縫い上げた作品がこれである。「赤い星たち」と命名された幅1.6メートル縦2.2メートルの大作は、我が家の吹き抜けに飾られている。

b0167343_16281475.jpg写真は昨夜のさそり座頭部だ。赤い星の代表であるアンタレスは、薄雲と満月にも負けず赤く光っていた。きれいな写真ではないが、母の日のカーネーションのかわりでもある。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2009-05-10 16:41 | 月・星のある風景

芋の天ぷら

連休後半から3日間降り続いた雨が上がると満月が煌々と輝いた。大気中にたっぷりと残る水分のために空全体が白くはなっているが、天頂付近に見える星はシャープに見えた。

夜半過ぎの帰り道に歩きながらそんな空を見上げて、望遠鏡を出すか出さないか思案していたが、家に着く頃には心は決まっていた。

望遠鏡を組み立てて月に向けると、無風であるにもかかわらず月は激しく揺らいでいて、まるで油の中で揺れながら揚がる芋の天ぷらみたいだと思った。立ち昇る水蒸気の影響だろう。

b0167343_1343146.jpg
それならと、家の周辺の灯りの様子を写真に収めた。道路沿いの街灯が明るいが、上に反射板がついているため天頂方向への影響は思ったよりも少ないようだ。

むしろ隣家の屋根の向こう側にある24時間営業のショッピング・センターからの光りの方が、家から距離があるにもかかわらず南の空を明るくしてしまっている。月明かりにも勝る勢いだ。

b0167343_13431357.jpgそんな写真を撮っているうちに、モヤが晴れて高く昇った夏の大三角が輝きを増していた。久しぶりに琴座にあるM57リング星雲に望遠鏡を向けてみると、いつもならぼんやりドナーツ状に見える星雲が、気流の影響かシミのようにしか見えなかった。

条件はともかく星雲独特の茫洋とした光に触れて満足し、望遠鏡を片付けようと鏡筒に触れると、ビッシリと夜露が付いていた。緑が濃くなったケヤキの葉を見ながら、草木が喜ぶ晩だなと思った。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2009-05-09 13:52 | 月・星のある風景

画像処理

先日の天の川の写真は、空が紫になってしまい気になっていた。iPhoto上で天の川を強調しようと処理すると空が紫色になってしまい、空を暗くすると天の川が目立たなくなってしまうため、補正がうまくできなかった。

たまたま昨晩買ってきた天文ガイドの6月号に、Photoshop上で背景の空を黒くする方法が紹介されていて、早速試してみた。

b0167343_17165837.jpg
下が新しく処理した写真であるが、天の川が少し目立たなくなった印象はあるものの、より自然な感じの色調になった。こちらの方が銀河を横切る暗黒星雲がシャープな感じだ。

それにしても、画像処理にはたくさんポイントがある。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2009-05-06 17:19 | 月・星のある風景

街灯の上の星空

26日は北海道に季節外れの大雪をもたらした冬型の気圧配置のおかげで、夕方に見上げた空は春とは思えない透明度の高さだった。計画を実行するには、うってつけの空だと思った。

夕食後から仮眠をとり夜半近くに起きて外に出てみると、真冬のように澄んだ夜空に春の星座が見えていた。これなら大丈夫と確信して、その時が来るまで静かに待った。

午前2時過ぎに、身支度を整えてベランダに出た。周囲の街灯の光を遮るようにしてベランダにしゃがみ込むと期待通り天の川が見えていた。射手座から夏の大三角にかけて緩やかに流れる様子が美しい。

デジカメは周囲の光の影響をできるだけ受けないようにベランダの床に置き、同じアングルで30秒露出の固定撮影を繰り返した。撮影の間は、じっくりと夏の星座を眺めた。真夏にこれだけ透明度のある空はまず得られまい。冷え込みは気にならなかった。

撮影した写真はデジカメのモニターでは明るい星しか判らない。しかし、逆に街灯の影響も少なくて空は黒く写っている。コンピューター上で条件を上げると銀河がわずかに判別できる。その写真をPhotoshopで重ねてみた。
b0167343_23345696.jpg
b0167343_23351067.jpg
b0167343_21134794.jpg
b0167343_23354675.jpgb0167343_21311859.jpg
街灯に明るく照らされたケヤキの若葉と隣家の屋根の向こうに、期待通り銀河の存在が判る写真になった。4-8枚の写真を重ね合わせているので、2-4分の露出時間に相当するが、赤道儀のガイド撮影で同じ露出時間をかけるよりも街灯の影響もノイズも少なくなっているはずだ。

コンポジットによる作像ではあるが、街中でもコンパクト・デジカメの固定撮影で銀河を捉えることが出来た。もともと周囲は山に囲まれた盆地なので街灯の上には案外素晴らしい星空が広がっている。何とももったいない話だ。


この観測を世界天文年の
「めざせ1000万人!みんなで星を見よう」に登録しました。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2009-04-29 00:04 | 月・星のある風景

失われた古都の夜(その2)

京都の夜に訪れた中で、境内に入って撮影できたのは南禅寺の三門だけだった。周囲の光は境内の木々に遮られ、火災報知器を照らす灯りを除けば境内は暗く、三門の甍の上には土星や北斗七星が静かに光っていた。学校帰りの高校生が時々横切るのと上空を通過する航空機を除けば、都市の喧噪とは無縁の世界だった。

b0167343_1363229.jpg暗い境内でも不気味さを感じなかったのは、星が見えていたからだろうか。木の枝を微かに揺らす夜風と、漂う古寺特有の香りが心地よかった。春の宵の雰囲気を五感で味わいながら、方向を定めてはデジカメを地面に置き、心行くまで撮影することができた。

何百年も前から自分と同じように三門と星空を見上げた人々があったろう事に静かな感動を覚えるとともに、古都の本来の姿に一歩近づいた気がした。

b0167343_1281164.jpg
b0167343_1425651.jpg
各所でライト・アップされた古都の姿はたしかに美しく、それで有名な高台寺の門前には夜になっても人が絶えなかった。しかし、何百年も脈々と続く京都の夜を最も感ずることが出来たのは、暗く静かな南禅寺の三門の上の夜空だった。

満天の星の中に影のように浮かび上がる塔や、月光を纏ってほんのりと浮かび上がる塔・・・・。建立以来ずっとあった夜の五重塔の本来の姿を、当たり前に見上げる事はもう難しいのだろう。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2009-04-23 01:47 | 月・星のある風景

失われた古都の夜(その1)

子供の頃から五重塔が好きだった。中学と高校の修学旅行では、どの五重塔を訪れても立ち去りがたい気持ちになった。幸田露伴の「五重塔」は、本が薄く手頃だった事もあるが高校時代に読んだし、梅原猛の「隠された十字架:法隆寺論」を大学時代に夢中で読み、相輪に架かる鎌が実際に見たくて独りで奈良に出かけたこともあった。

かねてから五重塔にかかる星空を眺めてみたいと思っていたところ、奈良に出張する機会が出来た。大学生の時に訪れてから早30年近く経っている。星空は難しいかも知れないが、月光が射す塔を是非見に行こうと楽しみにしていた。

月を見るには不向きな下弦過ぎの月齢に当たってしまったのは残念だったが、予約が遅くなって適当なホテルが奈良市内に確保できなかったのをいい事に、仕事上は多少不便であるが2泊目は京都にした。京都にも美しい五重塔があるので、そちらも夜に散策してみようという魂胆だった。

b0167343_1112977.jpg
奈良の夜は曇天で星は見えなかったが、興福寺の五重塔はライト・アップされ、三重塔は四方から街灯に照らされていた。いずれもデジカメを地面に置いて夜景モードで撮影したが、黒く沈む松の枝越しに見る灯りに照らされて古色蒼然とそびえる塔や、猿沢池畔の新緑との対比に浮かび上がる塔、そして街灯に照らされた夜気に霞むような三重塔のいずれもが、それはそれで美しかった。

b0167343_11135319.jpg
晴天に恵まれた翌日の京都での夜は、東寺の塔の勇姿に大いに期待したが、夕方に下見を兼ねて訪れると既に境内に入る事はできなかった。仕方なく近くの歩道橋の上から夕日に染まる塔を撮影したが、日没と同時に塔を照らすライトが早々と点灯された。古い町並みにひっそりとたたずむ八坂の塔も、やはりライト・アップされていた。高台寺の界隈では新緑が灯りに照らされていた。暗がりに浮かぶ知恩院の三門は、例祭のための飾りで幻想的だったが、石段の下から柵越しに撮影する以外になかった。

どれも美しいのだが、自分が求めている古都の夜の姿はなかなか得られなかった。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2009-04-19 11:24 | 月・星のある風景

薄雲の演出

日曜の晩は天気が回復してきたので期待したが、結局は薄雲が抜けずに月は笠をかぶったままだった。望遠鏡を出すのをあきらめると職場に向かい、週明けからの仕事の準備をした。

日付も変わっての帰り道に、職場の構内にある満開の桜の下を歩いてきたせいか、家に戻ってきても落ち着かなかった。時計は既に1時をまわっていたがデジカメを持つと、外に出た。

引き寄せられるように職場に戻り構内の門の上にカメラを置くと、構図の確かめようもないまま月にカメラを向けて「夜景モード」で撮影した。ほぼ無風だったおかげで、ストロボなしのスローシャッターでも桜があまりブレずに写った。
b0167343_154982.jpg
b0167343_144248.jpg

夜空を覆い疎ましく思われた薄雲だが、桜の下ではかえって春爛漫を感じさせてくれた。桜と月との競演を妖艶に演出する見事な脇役ぶりに、この時ばかりは心の中で拍手喝采した。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2009-04-07 00:05 | 月・星のある風景