タグ:球状星団 ( 65 ) タグの人気記事

M4球状星団 2015

晴れれば空の暗い場所まで車に機材を積んで出かけ、Nikon 8cmにお目当ての天体を導いて接眼レンズにコンデジを装着すると、ミニ・ボーグでガイド星を追いかけ手動追尾でコリメート撮影する。それは今年に入っても続けている。ただし、なかなか晴れないが・・・。

撮影しただけではカッコがつかないコンデジのコリメート撮影なので、コマ数を重ねることが基本になる。この撮影作業自体は意外と楽しい。これは負け惜しみではなくて、何度も書いているが水面に浮くウキがグイッと引き込まれるのを待つ釣りと同じようなものだろうと思う。ところが、その後の画像処理が滞ってしまっている。滞っているのに、晴れれば撮影してくるので、未処理の画像が溜まるばかり。

暑いばかりでちっとも晴れないこの夏。高原の涼しい夜風に和みながら手動追尾をすれば、風光明媚な渓流で釣り糸を垂れるように命の洗濯になるのだが、盆地の底の熱帯夜で浅い眠りのために気力も萎えてくる。それでも、汚れた机を片付ければ少しは作業意欲が湧いてくるように、滞った画像処理を少し片付ければ気力がよみがえるかも知れない。まずは、日の丸構図で画像処理のたやすい対象を選ぶことにした。

b0167343_22391875.jpg
2015年3月新月期 2:29 - 4:04 八ヶ岳高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
no filter (露光時間40秒; ISO 3200-1000) x 40コマ + (露光時間64秒; ISO 3200-500) x 13コマ 全53コマ積算露光時間 40分 
オート・ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク


この夜は別にお目当ての天体があったのだが、思うような撮影ができずに諦めてしまったところだった。薄明までの残り時間から逆算すると、淡い対象を狙うのは無理なので、このM4に狙いを定めたのだった。コマあたりの露光時間をのばすよりも、短い露光時間で追尾精度を高めることを優先した。

星団周辺部の広がりをあぶり出すには露光時間が不足しているが、2年前の撮影と比較すると圧倒的にシャープな像になった。こうしてやってみると画像処理だって楽しい。晴れない間に、少しずつ進めて行こう。でもやっぱり晴れて欲しいなあ・・・。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2015-08-14 22:57 | 星団

M22球状星団 2014

夏前に撮影した球状星団シリーズの最後・・・

手持ち撮影の頃はよくNikon 8cmを向けた対象だったが、今の撮影方法になってからちゃんと撮影したことがなかった。というか、Nikon 8cmを向けると必ず曇るという曰く付きの対象だ。

この夜は網状星雲を狙っていたのだが、雲に度々覆われて諦めた。なぜか南天の低い空には雲が出なかったので、逆説的ではあったがNikon 8cmの前では雲を友とするM22を対象に選んだ。しかし、ジンクスとは恐ろしいものだ。準備が整い本格的な撮影を始めたとたんに雲が天頂から下りてきた・・・

ただ、もう時間的に他の対象に浮気する時間もなかったので、そのまま待つ事しばし。ついに雲が退散した。明るい対象なので、露光時間は延ばさずにコマ数を重ねることにした。そして目出たく雲に邪魔されずに薄明を迎えることができた。

b0167343_0504693.jpg
2014年5月新月期 1:51 - 3:20 八ヶ岳山麓富士見高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間40秒; ISO 2000-500) x 29コマ 全29コマ積算露光時間 19分 オートダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク


合計の露光時間が19分だと、ダーク減算処理に同じ時間がかかるので、正味の撮影に要した時間は40分弱のところが、実際には1時間半をかけていたことになる。その間は、双眼鏡を片手に雲の合間の天体を散歩していたので、まあそんなに悪い時間を過ごしていた訳でもない。

b0167343_0533898.jpg


短い露光時間の割にはなんとかなった。天の川のど真ん中にあるので背景の星々が賑やかで星団との境目が判然としないが、かなり広い範囲まで星が広がっているようだ。

これで悪しきジンクスの1つが崩れたと喜んでみたが、たぶんこれでM22にNikon 8cmを向けることはしばらくないだろうから、それほどお目出度い話ではないことに気が付いた・・・このジンクスが他の対象に伝染しないようにと願うばかりだ。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2014-11-01 07:26 | 星団

ω星団 2014

4月の新月期にはω星団にNikon 8cmを向けた。富士山麓とは言え南天に低いω星団なので最初はLPS-P2フィルターを装着して撮影をはじめた。

ところが、望遠鏡の設置場所に配慮が足りなかった。ちょうど南中したタイミングで電柱に星団が隠れてしまった。ご丁寧に電柱には斜めにもう1本電柱が添えてあって、その影から抜けるまでに随分と時間を無駄にしてしまった。電柱から抜け出した後はフィルターを外してコマ数を重ねたが、ほどなく樹木に隠された。

b0167343_23584575.jpg
2014年4月新月期 0:04 - 1:38 富士山麓朝霧高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
LPS-P2 filter (露光時間32秒; ISO 2500-200) x 9コマ + (露光時間40秒; ISO 1600-1000) x 12コマ + (露光時間50秒; ISO 1000-500) x 8コマ + (露光時間64秒; ISO 500) x 4コマ No filter (露光時間40秒; ISO 2000-320) x 20コマ 全53コマ積算露光時間 37分 オートダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR補正+40秒露光20コマの恒星像を合成


フラット補正が出来るようになった分だけ昨年よりも見映えがしているが、本質的な写りには差がない感じだ。南天に低い対象は、気象条件はもちろんだが機材の設置場所も慎重に選ばないといけない!という教訓を忘れずに、来シーズンにまた挑戦しよう・・・
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2014-10-20 00:06 | 星団

M13球状星団 2014

3月に撮影したM13をアップ!!

・・・大雪後の久しぶりの撮影から1週間。今度は慎重に極軸合わせを行い、Nikon 8cmをM13に向けた。3月も末になると春の王者アークトゥルスが天頂に輝き、そろそろ星空は夏の気配だ。

シャープな星像になるようにとISOは低めに設定し、露光時間を128秒から161秒まで延ばしてみた。露光時間を延ばすと追尾の精度が落ちるのは仕方がない。気が付くと、富士山の上に天の川が昇っていた

b0167343_0302794.jpg
2014年3月新月期 0:19 - 3:35 富士山麓朝霧高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間64秒; ISO 2000-500) x 33コマ + (露光時間101秒; ISO 1000-640) x 16コマ + (露光時間128秒; ISO 1000-640) x 5コマ + (露光時間161秒; ISO 640) x 2コマ  全56コマ積算露光時間 78分 オートダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR補正+101秒露光10コマの恒星像を合成


b0167343_0353369.jpg

昨年の撮影よりも、追尾精度も良くて周辺部の微光星の存在もかなりよく写った。ただ、ISOを低く設定したのを画像処理で持ち上げたので、仕上がりがカリカリの硬い感じになってしまった。もう少しISOを高くしたコマも混ぜて撮影しておくと良かったのかも知れない。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2014-09-23 16:44 | 星団

M3球状星団 2014

今年の夏は天候が不順で、8月は全くコリメート撮影ができなかった。思えば、2月には2回の大雪があり特に2回目の大雪は1メートルを超える記録的な積雪で、空の暗い場所へは1ヶ月以上も近づくことができなかった。

春分の日を過ぎ雪がようやく溶けて最初に撮影したのが、このM3球状星団だった。久しぶりの撮影で、極軸合わせに手間取り、ピント合わせもなかなか確信が持てずに、随分とまごついてしまった。
b0167343_2131793.jpg
2014年3月新月期 21:42 - 23:41 富士山麓朝霧高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間64秒; ISO 1600-320) x 27コマ + (露光時間101秒; ISO 1000-640) x 12コマ  全39コマ積算露光時間 49分 オートダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR補正+101秒露光12コマの恒星像を合成

b0167343_1574365.jpg

星団の周辺部まで写すには露光をもう少しかける必要があったが、残念ながら極軸合わせが不十分でこれ以上に露光時間を延ばせなかった。それでも昨年よりは鮮明な画像になった。

半年近くが過ぎたが、久しぶりの撮影は楽しく心弾んだことを覚えている。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2014-09-06 16:23 | 星団

ギャラッド彗星とM92 再処理

2012年2月にギャラッド彗星がM92球状星団をかすめたことがあった。当時は単純にコンポジットし、トーン・カーブを使って調整するだけで仕上げていた。
b0167343_052348.jpg

しかし、お互いに位置がズレたコマをコンポジットすることで周辺部の収差が酷く出ているし、あまりガイドが良くないコマも使っているので解像度が低下している。星マスクも使っていないので、明るい星がうるさく、飽和して色も失われてしまった。一方、恒星に合わせてコンポジットしているため、彗星の動きで彗星中心部が二重になっている。当時はまだフラット補正をしていないので、この画像から中心部をトリミングしてアップしていた。

その後2年近くを経て画像処理の引き出しが以前より増えたので、どこまでシャープになるか再処理してみた。まず位置のズレの少ない追尾精度が高めのコマのみ選んで、恒星に合わせてコンポジット処理した。一方、彗星の中心部に合わせて4コマずつ比較暗でコンポジットした画像同士を通常に合成した画像も用意した。そして、両者を比較明で合成した上で星マスクを使いながら強調処理を行い、星と彗星を消した画像を作って軽くフラット補正を追加した。

b0167343_1582349.jpg


周辺部の星像の乱れは随分と改善し背景もフラットに近付いたが、彗星がスッキリした分だけ迫力が失われてしまった感じもする・・・
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-12-21 18:13 | 彗星

M4球状星団 2013

5月の連休明けにNikon 8cmによるメシエ天体のコリメート撮影は目出たく完走を果たしたが、それまでの奮闘・迷走を順次アップしていく・・・

くじら銀河を追いかけているうちに、しし座は当然ながら西の空に大きく高度を下げてしまった。メシエ天体の完走がまた遠のいた上に、くじら銀河の写りも冴えない。聞こえてくる同好の志の楽しげな話し声が、何だかうつろに響く。テンションが下がっていたところに声をかけて下さったのは、ラッキーさんだった。元気なラッキーさんにお願いして、撮影中の機材を見せていただいた。

みなさんの立派な機材と冴えた写りを見せていただくと、自分のやっていることが子供の悪戯みたいな気がしてくる。その一方で、たくさんのコードで繋がれた機材とパソコンを見せていただきながらシステムを説明していただくと、メカ音痴の自分の手に余ることは明確だ。やっぱり手動ガイドとコリメート撮影で悪戯するしかないなあ・・・

さて、薄明まで2時間を切るなかで何を撮影しようか。空の透明度が低いので星雲って選択肢はなさそうだ。そうなると球状星団ってことになる。折から、さそり座が南中を過ぎて手招きしている。そうそう春の薄明の頃からズッと気になっていたM4にしよう。透明度が低くて光害カブリが出そうなので、LPS-P2フィルターの効果に期待することにした。

それほど追尾が悪い訳ではないし、ピントだってそれなりに追い込んでいるハズなのに、バックモニターで確認すると、またしても冴えない写り。何がいけないのか掴めないままに、薄明を迎えることになった。

b0167343_22491752.jpg
2013年5月6日 1:51 - 3:30 八ヶ岳山麓富士見高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
LPS-P2 filter (露光時間32秒; ISO 3200-2500) x 12コマ + (露光時間40秒; ISO 2500-800) x 8コマ + (露光時間50秒; ISO 2500-800) x 24コマ + (露光時間64秒; ISO 1000-800) x 8コマ 全52コマ積算露光時間 40分 
オート・ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理


こうして改めて見ると、やはりピントの追い込みが甘かったようだ。

この夜の冴えない写りで、ようやく目が覚めた。寄り道なんてしている余裕はない。さもなくばメシエ天体の完走が、また1年先になってしまう!!!
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-06-15 00:29 | 星団

ω星団 2013

5月の連休明けにNikon 8cmによるメシエ天体のコリメート撮影は目出たく完走を果たしたが、それまでの奮闘・迷走を順次アップしていく・・・

富士見高原は東南側は街明かりの影響を受けるが、南から南西にかけては南アルプスがあるので空が暗く、南天に低い天体を撮影するのに適した場所だった。しかし、今年はどうも空が明るい印象だ。あるいは木々の芽吹きが遅くて、スキー場の南側にある施設や別荘地の街灯の光が木々で隠されていないせいかも知れないが・・・。

さて、球状星団の季節になると何と言っても気になるのがω星団だ。2年前に、この富士見高原でドブソニアンで眺めた時に、眼視では巨大な光芒にしか見えなかったのが、追尾なしのコリメート撮影で密度の高い星の塊が現れて迫力に圧倒された。

ようやくスキーシーズンが終わって、4月の新月期に富士見高原で星が見られるようになると、ω星団をNikon 8cmで撮影しようと、メシエ天体の完走そっちのけで狙っていた。4月中旬の新月期に最初に撮影した時は、比較的条件が良かったにもかかわらず到着が遅かったたため、ω星団は南中時刻を過ぎていた。大急ぎで追尾を始めたが、ガイド鏡の微動マウントが使えずにガイド星の選択に手間取ってしまい、数コマ撮影したところで入笠山に隠れてしまった。

週末に多くの同好の志と富士見高原に集った時には、到着して最初にω星団を狙った。しかし、生憎と光カブリが大きいために、高度が少し高くなるのを待ってからLPS-P2フィルターを装着して撮影を始めた。ただ、予報より少し早く南天の低空にモヤがかかり始めて、次第にコントラストが低下してしまったため予定より早く撮影を終了とした。

b0167343_1837519.jpg
2013年4月13日 23:29 - 25:00 八ヶ岳山麓富士見高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
LPS-P2 filter (露光時間40秒; ISO 2000-1250) x 9コマ + (露光時間64秒; ISO 1250-1000) x 4コマ + (露光時間80秒; ISO 1600-640) x 14コマ 全27コマ積算露光時間 29分 
オート・ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理


またチャンスがあれば狙いたいが、今シーズンは無理かなあ。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-06-06 00:34 | 星団

M5球状星団 2013

5月の連休明けにNikon 8cmによるメシエ天体のコリメート撮影は目出たく完走を果たしたが、それまでの奮闘・迷走を順次アップしていく・・・

M3M13と球状星団を撮影して勢いがついた。こうなるとM5も写さなくちゃあ、とメシエ天体の完全走破の目標は忘れちゃったかのような迷走ぶり。定期試験の前になると、試験勉強そっちのけで長編モノの小説を読んでしまっていたウン十年前と何ら変わらない。上巻・中巻ときたら下巻も読んでから勉強した方が、きっと効率が上がるよ!なんて自分に言い訳しながら、読み耽っていたなあ。

この日は日中に南風を伴った暖かな雨が降って夕方に止んだ。その後、急に冬型の気圧配置になったようで、グングンと空が晴れて夜半過ぎには星空が広がった。北からの季節風が強まってヒューヒューと風の音が聞こえている。しかし、冬のホームグラウンドなら北風にはとことん強い。早いとこM5の撮影を済ませて、残りのメシエ天体に集中する環境を自ら整えなくっちゃあネ。なんて、ブツブツ言いながら夜中に車のハンドルを握った。

現地に到着してみると、見事な透明度だが上空の風は強い。それでも、あまり星が瞬いて見えないのは、気流が安定しているからだね♪なんて良い方に解釈していた。しかし、後から考えると雨上がりと風のおかげで透明度が高く、その加減でそんな風に見えたのかも知れない。いずれにせよ、M5をNikon 8cmに導入して、手動追尾によるコリメート撮影を開始した。

追尾していると、この場所にしては珍しく風が吹き込んでくる。望遠鏡が揺れるほどではないが、風の音は集中力を低下させる。また、例によって赤道儀の動きもやや渋め。そんな訳で、2コマに1コマの割合で、追尾しながら「ああ、このコマは使い物にならないなあ・・・」と思っていた。ところが、うまく追尾できたと思ったコマでも、バック・モニターで確認してみると眠たい写りだった。フォーカスを確認して再調整しても改善しない。途中で、さすがにこれは気流の影響だと、状況を認識した。

バッテリーが切れて撮影終了。そのまま撤収しようと思ったが、東の山の上には夏の第三角から天の川が伸びているのがキレイに見えた。そこで、コンデジをNikon 8cmに同架して、星野撮影をしてから終了とした。これで、いくらか溜飲を下げることができた。

b0167343_0365646.jpg
2013年3月新月期 2:01 - 3:31 山梨県笛吹市
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間40秒; ISO 1600) x 4コマ + (露光時間64秒; ISO 400-1250) x 21コマ 全25コマ積算露光時間 25分 
オート・ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理


反省も込めて、画像をアップした。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-06-03 00:33 | 星団

M13球状星団 2013

5月の連休明けにNikon 8cmによるメシエ天体のコリメート撮影は目出たく完走を果たしたが、それまでの奮闘・迷走を順次アップしていく・・・

M3球状星団がキレイに写ったものだから、気分はすっかり球状星団狙い。M3を撮影したら、M13を放ってはおけない。ということで、この夜も真っ先に東の空に昇りはじめたM13にNikon 8cmを向けた。しかし、赤道儀との相性が悪いようで、手動追尾するとガイド星が十字線のあっちとこっちを往復するという悲惨な状況に、さすがに一旦は撮影を諦めた。

仕方なく!?天頂付近にNikon 8cmを向けて、下に潜り込むようにして何とか本来の優先順位1番のM88を撮影したことは、前回の記事にアップした。1時間半ほどM88を追いかけて撮影を終え、再びM13に望遠鏡を向けてみると、今度は赤道儀の動きがだいぶ良いようだ。

M3の撮影では、40秒露光をメインにしてISOを調整しながらコマ数を重ねたが、露光不足気味だった。そこで、今回は64秒から80秒露光を中心に、ISOを幅広く設定してコマ数を重ねた。そして、画像処理では強調処理よりもフラット補正に主眼を置いて、星が膨化しないように心がけた。

b0167343_0365551.jpg
(画像をクリックすると少し大きくなります)
2013年3月新月期 2:40 - 4:29 山梨県笛吹市
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間32秒; ISO 2500) x 8コマ + (露光時間40秒; ISO 2000-2500) x 8コマ + (露光時間64秒; ISO 800-1600) x 15コマ + (露光時間80秒; ISO 800-1250) x 10コマ + (露光時間101秒; ISO 800-1000) x 5コマ + (露光時間128秒; ISO 640) x 1コマ 全47コマ積算露光時間 50分 
オート・ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理


M3を撮影した晩よりも、この晩の方が風が弱くて気流が安定したせいだろうか、星団を構成する微光星が針で突いたかのように一段とシャープになった。もともと明るい対象なので、強調処理が軽くて済んだのも成功の要因だろう。星マスクも使っているので、星団の中心部分も星に分離したままで仕上がった。また、黄色みを帯びた明るい星と、青っぽい微光星の色の対比もイイ感じに出ている。

ちょっと残念だったのは、コンデジを固定するネジの締め具合が少し緩くて、コマ数を重ねるうちに少しずつカメラが回転してしまったため、コンポジットしたら周辺部の輝星に収差が出てしまったこと。いずれにせよ、手動追尾によるコリメート撮影でここまでの精度の撮影が出来たという事実は、自分の意識の中では大きな成果だ。これをスタンダードにして、さらに極めたい!!

おっと、その前にメシエ天体の完全制覇を果たさなくちゃあ・・・。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2013-05-31 00:33 | 星団