人気ブログランキング |

2009年最後の月面写真

12月26日の夕方にも月を撮影した。季節外れの黄砂の影響で、快晴にもかかわらず透明度の低い空だった。

b0167343_23484546.jpg
望遠鏡を月に向けてみると、天頂にあるにもかかわらず以外と気流の影響を強く受けている。盆地の中は風もなくどんよりしているが、黄砂が運ばれてくるぐらいなので上空は偏西風が意外と強いのだろう。前日に比べると細かい地形は気流の揺らぎにかき消されてしまっている。

b0167343_2348565.jpg
さて、望遠鏡を向けると何と言っても目立つのは、欠け際のほぼ中央に位置するコペルニクス(Copernicus)だ。ほぼ全体が見渡せるようになった雨の海の中程にまで光条が伸びているのがわかる。写真では、クレーター外壁の内部が階段状になって中央部には複数の突起があるのが見てとれるが、クレーター周辺の細かな放射状の筋と点状の突起は気流の影響で流れてしまっている。

b0167343_2349589.jpg
南部のクレーター群に目を移すと、前日には内部が影に覆われていたティコやクラビウスが目立つ存在になって、逆に目立っていたロンゴモンタヌスやモレトスは本来の脇役に収まっている。それにしても南部のクレーター地帯の独特の質感には、いつ見ても陶器を連想してしまう。

1月11日の満月に始まった2009年の月面撮影も、これで締めくくりとなった。ブログを始めたことで撮影に熱が入り、結果としてNikon 8cm屈折望遠鏡の高い能力を改めて認識した1年だった。アダプターを使用して本来の能力を引き出す写真を撮るほうが、望遠鏡は喜ぶかも知れないとも思うが、条件が整えばコンパクト・デジカメの手持ち撮影でもっと美しい写真が撮れるようなるはずなので、来年も「手持ち撮影」にこだわっていくつもりだ。

最後になりましたが、このような自己満足のための写真や文章にもかかわらず、訪れて下さっている皆さんの新しい年が、希望に満ちた1年でありますように祈念しております。

それでは良いお年を!

by Nikon8cmtelescope | 2009-12-31 00:03 |