人気ブログランキング |

月とすばる

4月17日の未明は季節外れの雪になった。さすがに市街地は薄らと積もったに過ぎなかったが、少し標高の高いところでは10cmを越える積雪になった。しかし、寒気が入り込んだせいか、夕方には素晴らしく透明度の高い上天気になった。

西の空には、金星と三日月が輝いており、双眼鏡で眺めると月とすばる星団がちょうど並んでいる。Nikon 8cmを向けてみると、風が強い割には気流が比較的安定しているようだ。

b0167343_0195048.jpg
そこで25mmの接眼レンズで、デジカメの絞りをF2.8、ISOを400、露出時間を1/30秒に設定して手持ち撮影してみた。「危難の海」からラングレヌス、フェンデリヌス、ペタビウス、フルネリウスと並ぶ大型クレーターも比較的鮮明に写って、気流という点では春の空の印象だ。

b0167343_020041.jpg望遠鏡では視野が狭く、残念ながら月とすばるを同一視野で写す事はできない。そこで50mm7倍のNikon双眼鏡の片側を覗き込むようにデジカメを手持ちで押さえつけて、カメラの絞りをF4.0、ISOを2500、露出時間を1/2秒に設定して撮影してみた。

月明かりにゴーストはあるが、構図としてはなかなか面白い。すばるの星々も地球照もはっきりと写っていて、空の透明度が高いことがうかがわれる。すばるが三日月と並ぶのは春ならではだが、どことなく冬のような冴えた印象を受ける写真になった。季節外れの雪をもたらした寒気の置き土産だ。

by Nikon8cmtelescope | 2010-04-20 00:24 |