人気ブログランキング |

夏の宝石箱(その6-M6散開星団)

夏が近付き夜半には天の川が南の空に立つようになった。そうなると、宝石箱を引っくり返したかのように天の川に散らばる星雲・星団が気になる。しかし、ゴールデン・ウイーク中は晴天に恵まれたものの月が明るくて望遠鏡は出せなかった。そのおかげで連休中は夜更かしすることもなく、日中を有意義に!?過ごすことができた。

連休が終わって月の出の時間がどんどん遅くなってくると、なんだか落ち着かなくなってきた。しかも今年は5 月に入っても寒さが戻る日があり、そんな晩は5月とは思えないような澄んだ空が広がって、こちらを誘惑する。5月7日の晩は、夜半を過ぎてから雲が晴れて星空が広がったので、午前2時を過ぎてはいたが慌てて望遠鏡を出した。月が昇るまでに残された時間は長くない。そこで、視野は狭いものの撮影しやすい今までのツアイス・サイズの接眼レンズを装着することにした。

最初に望遠鏡を向けたのは、「さそり座」の散開星団M6。M7星団のすぐ西側にあって、これも規模の大きな星団でガイド・スコープでも星団であることがうかがわれる。ツアイス・サイズの25mm接眼レンズで約50倍という組み合わせだが、視野の中に星団が収まっている。M7は青白色の星が中心で清楚な印象だが、M6の星々は色に変化があって賑やかな印象だ。

b0167343_0491176.jpgISOは3200に、露出時間は2.5秒に設定して手持ち撮影した16コマをコンポジットしてみた。実際には星はほとんどが青白色で、1つオレンジ色の明るい星があるために受ける印象がM7と異なっているだけのようだ。M6は蝶の姿に例えられるそうだが、確かに意味ありげな星の並びをしていて面白い。

200回目の更新にふさわしい華やかな対象になった。

(撮影したメシエ天体 通算50/107個 手持ち撮影50天体達成!!)

by Nikon8cmtelescope | 2010-05-31 00:50 | 星団