画像処理で蘇る星雲!(その4-NGC253銀河Again!)

NGC253銀河には、既に本シリーズの第2弾として「なんちゃってフラット補正」と「似非星マスク処理」を試みた。しかし、フラット補正が中途半端で、依然として星雲が背景カブリに埋もれてしまっており、星雲を持ち上げることが十分に出来ていなかった。

そこで、今度は各コマに「改良型なんちゃってフラット補正」を施した上で、再度コンポジット処理を行い、「似非星マスク処理」とHDR処理も含めた画像処理を施してみた。フラット補正が効いて背景のカブリをかなり押さえ込むことが出来たので、星雲の輝度を十分に上げることができた。
b0167343_1581224.jpg
最初の画像では光害カブリに消え入りそうな貧弱な感じだったが、随分と迫力ある姿になった。NGC253は、満月の大きさに相当する見かけの広がりがあるそうだが、この画像ならうなずける。
[PR]

by Nikon8cmtelescope | 2012-12-29 01:59 | 手持ち撮影にこだわる訳