人気ブログランキング |

タグ:散開星団 ( 75 ) タグの人気記事

M67星団 2013

もう1つ、昨年の12月に撮影した散開星団をアップする。

前回アップした二重星団は北西の空に傾いてからの撮影で、撮影地の傍らにあった自動販売機の照明の影響を避けるべくISOを低く設定したために、コントラストがキツイ仕上がりになってしまった。そこで、今度は東の空から高度を上げつつあったM67を対象に選んだ。

この方向の方が、赤道儀の動きがスムーズなので、露光時間も二重星団の時より50秒露光のコマの割合を増やした。この撮影地は周囲が林なので、八ヶ岳からの季節風の影響を比較的受けにくいのだが、冬型の気圧配置となった当夜は上空の気流が不安定で星々が瞬いて見えており、時折周囲の木々の梢がヒューヒューと鳴いていた。

b0167343_17555338.jpg
2013年12月新月期 0:05 - 1:09 八ヶ岳山麓清里高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間40秒; ISO 1600) x 5コマ + (露光時間50秒; ISO 1600-640) x 19コマ  全24コマ積算露光時間 19分 
オートダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク


輝星は青白色かオレンジ色だが、微光星は黄色みを帯びているように見えて面白い。気流の影響で、星団を構成する星々はやや膨化して写っているのだが、前回の撮影に比べると随分とシャープになっている。それでも眼視の方がもっと美しいと感ずる。散開星団は、お手軽な撮影対象のような気がするが、気流の影響や追尾とピントの精度が星雲よりもシビアに出やすく、意外とキレイに写すのが難しい。

by Nikon8cmtelescope | 2014-06-14 01:18 | 星団

二重星団 2013

季節はどんどん進んでいるが、昨年に撮影した画像の積み残しをアップする。

今回は二重星団。撮ろう撮ろうと思っているうちに12月になってしまった。散開星団だから露光時間は短くても大丈夫なので楽勝!!と思ったのが大間違い。Nikon 8cmの赤道儀は、南中後の天体との相性があまり良くなくて、手動追尾で微動ハンドルがスムーズに動かずに意外と苦労させられた。

b0167343_1854921.jpg
2013年12月新月期 1:04 - 1:58 八ヶ岳山麓清里高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間32秒; ISO 1250) x 16コマ + (露光時間40秒; ISO 1000-640) x 17コマ+ (露光時間50秒; ISO 640) x 3コマ   全36コマ積算露光時間 22分 
オートダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク + HDR補正


既に北西の空に随分と高度を下げてからの撮影で、この撮影地は北西側に清涼飲料水の自動販売機があって明るいために、ISOをかなり抑えざるを得なかった。そのためコントラストがキツく微光星があまり写っていない・・・前回の撮影からあまり進歩が感じられない・・・今シーズンは早めに撮影してみよう!!

by Nikon8cmtelescope | 2014-06-11 00:52 | 星団

M35星団 2013

M1カニ星雲に続いて、昨年秋に撮影した画像をアップする。

M35は、Nikon 8cmの眼視ではなかなか見応えがあるのだが、コリメート撮影するとやや散漫な印象になる。そして同一視野内入ってくるNGC2158は、眼視では存在が何とか確認できるかどうかだが、こうして画像になると楚々としてM35よりある意味で強い印象を受ける。

b0167343_0372169.jpg

2013年11月新月期 2:13 - 3:15 八ヶ岳山麓富士見高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間32秒; ISO 2000-1250) x 17コマ + (露光時間40秒; ISO 2000-1000) x 16コマ+(露光時間64秒; ISO 1600-800) x 6コマ  全39コマ積算露光時間 26分 
オートダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク


今回はピント合わせや追尾精度が良かったため、以前に撮影した画像よりもはるかにシャープに写っている。露光時間も散開星団としては長めに設定したせいか、M35が周辺の星々に埋もれてかけて、その分だけ印象が弱くなっている。かえって黄色みを帯びた微光星で構成されたNGS2158が存在感を放っている。

by Nikon8cmtelescope | 2014-05-24 16:51 | 星団

M37星団 2014

NGC2362は、青白く若々しい感じの星々からなる散開星団だったが、こちらは、どことなくくたびれた、いやいや大人の風格が漂う散開星団・・・撮影したのは、昨年11月の新月期。ぎょしゃ座にある3つのメシエ天体の散開星団の中で、このM37が最も星の密集度が高い。個々の星の明るさも揃っていて、眼視でも非常に美しい星団だ。

b0167343_2252472.jpg

2013年11月1日 1:13 - 2:18 八ヶ岳山麓富士見高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間20秒; ISO 3200) x 14コマ + (露光時間32秒; ISO 2500-2000) x 8コマ + (露光時間40秒; ISO 2000-800) x 10コマ + (露光時間50秒; ISO 1000-640) x 12コマ  全44コマ積算露光時間 26分 
オートダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク


強調処理はほとんど行わずに、背景ムラというか周辺減光を簡易フラット補正で軽く抑えただけの画像処理にしてある。周辺部には収差が出ているが、星団を構成する星々はほぼ点像になった。2シーズン前の画像を見てみると進歩がわかる。

by Nikon8cmtelescope | 2014-02-23 01:22 | 星団

NGC2362

「やまねももんが」さんのサイトから訪問させていただいている「いっこう」さんが、カルドウエル天体をリストアップしたことに端を発したと思われる、静かなブームの「北の宝石箱」ことNGC2362星団。「さとう」さん、「悠々遊」さん、「かたくちいわし」さん、「まるこう」さんとひろがって、とうとう「やまねももんが」さんがアップされた。「やまねももんが」さんの写真で、その位置と星団の規模を確認することができて、これはNikon 8cmのコリメート撮影のよい対象であるだろうとイメージが膨らんだ。別にリレーをしている訳ではないが、勝手にバトンを受けてこの新月期に狙ってみた。

おおいぬ座の尻尾のあたりに、その明るい中心星はNikon 8cmの小さなファインダーでもハッキリと確認でき、視野に導くとドキドキしながらNikon 8cm本体を覗き込んだ。一見すると、明るい青白い中心星が輝いている。しかし、その周囲が青みを帯びた霞のようにモヤモヤしていることにスグ気がつく。一息ついて、チラチラと直視しないで観察をしていると、そのモヤモヤが確かに微光星から成ることがイメージできた。ところが、もっとよく見ようと思って直視してしまうと、アラ不思議、中心星だけしか見えなくなってしまう。星団の見かけの大きさや形は、夏のM11星団に似ているように思う。

イザ、コリメート撮影となると、どうもこの方向は赤道儀との相性が良くなくて、微動ハンドルの動きがシブイ。そこを無理矢理に押さえつけるようにしてガイド撮影していると、力が入るために星が肥大して写ってしまう。最近は、撮影したコマのほぼ100%が利用可能という場合が多いのだが、今回は半分のコマが追尾エラーと歩留まりが悪くなってしまった。
b0167343_084328.jpg
2014年2月新月期 0:00 - 0:41 瑞牆山山麓みずがき湖畔
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間40秒; ISO 640-500) x 16コマ  全16コマ積算露光時間11分 
オートダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正


こうして画像にして個々の星が分離されて写ると、眼視で感じた美しさというか不思議さというか、この星団の何とも妖しい魅力が半減してしまっているように思う。大抵の天体は眼視よりも写真の方がズッと見映えするのだが、この「北の宝石箱」は眼視の方が面白い。それでも、星団と周囲の星々の色の対比が美しいところが、写真が眼視に勝るところかな。

ちょっとサボっていた格好になっていたけど、また少しずつアップしていきます・・・

by Nikon8cmtelescope | 2014-02-08 00:19 | 星団

M45スバル星団 2013

11月に入って、グンと冷え込む日が増えてきた。この日は、夕方になって急速に天候が回復に向かい夜遅くには快晴の天気予報だった。夕方から仕事の会合があって、会合の後には参加者で食事会が行われた。みんながワインを楽しむ横で、素晴らしい星空を逃すまいとウーロン茶で我慢する。ワインの力で話は盛り上がり、会は底なし沼のようだ。アルコール抜きで会の雰囲気を壊す事のないように、一緒になって底なし沼にはまり込んだ。

会が引けて家に戻ると、当然ながら日付は変わっている。しかし、底なし沼のテンションのままで、車に機材を積み込んで富士山麓を目指した。平日の晩なので誰もいないだろうと思って辿り着いた観望地には、ビックリするぐらいたくさんの同好の志が結集していた。一番隅っこに陣取ると、一声「今晩は!!」と周囲に声をかけてセットアップした。

そろそろ、ラブジョイ彗星が気になる時間帯になっていたが、南中を過ぎて天高く鎮座するスバルにNikon 8cmを向けた。淡いガス星雲を写し取るには長い露光時間が必要なのは去年の撮影でわかっているが、新調した天頂ミラーの上乗せ効果に期待して堅実に1分露光からスタートした。そこから段階的に露光時間を延ばして、最終的にはバッテリーが尽きるまで積算露光で1時間を目安に考えた。

ところが、結果的にはオートダーク減算処理に同じだけ時間がかかるのと冷え込みのせいで、考えていたよりも早くバッテリーが尽きてしまった。そうなると、ついつい画像処理で持ち上げて淡いガス星雲を浮かび上がらせたくなるが、空の透明感が失われてしまわないように仕上げはやや控えめにしてみた。
b0167343_1391080.jpg
2013年11月8日 1:48 - 3:42 富士山麓朝霧高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間64秒; ISO 2000-640) x 22コマ + (露光時間80秒; ISO 2500-1250) x 14コマ 全36コマ積算露光時間 42分 
オートダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正 + 簡易星マスク


バッテリーが早く尽きちゃったおかげ?!で、この後にアイソン彗星を写すことができた。

by Nikon8cmtelescope | 2013-12-23 23:32 | 星団

バブル星雲(NGC7635)とM52星団

バブル星雲ことNGC7635は、g-logさんのサイトで初めて見て以来いつか写してみたいと思っていた対象だった。台風一過の9月16日の晩は、月明かりが残るうちからLPS-V4フィルターを使って撮影するつもりでいたのだが・・・。

野辺山高原は、予報で湿度が一番低かったので選んで出掛けて来たのだが、台風の大雨でたっぷりと湿った大地に放射冷却現象が加わって急激に気温が低下した。しかも、途中の道中でいつもなら車の窓を開け放って走るところを、油断して窓を閉めたまま走ってしまったので、鏡筒の外気順応が出来ていなかった。Nikon 8cmを据え付けた場所のアスファルトは乾いていたのだが、目印のM52を導入できたと思ったら、鏡筒には雫が垂れるほどの激しい結露。

慌てて鏡筒には懐炉を取り付けたが、みるみるうちに接眼レンズや天頂プリズムまでが曇ってしまった。こんな激しい結露は経験したことがなかった。バッテリーに豆ドライヤーを取り付けて、温風を吹き付けることで、なんとか一旦は解消されたが、すでに時刻は午前2時を過ぎて月は沈もうとしている。結局フィルターなしでコリメート撮影を始めた。

ところが瞬く間に結露してきて、度々撮影を中断しては豆ドライヤーで温風を吹き付けなければならない。撮影を再開して数コマ撮影するうちに、またコンデジのバックモニター画像のコントラストが低下してきてレンズが曇ったことが知れる。しかも、極軸合わせが不良だったようで、たかだか30秒露光でもガイド星が十字線の上をゆっくり移動していくのがわかった。これでは、1分越えの露光は無理だ。

粘り強く撮影を続けたが、とうとうバッテリーが枯渇して豆ドライヤーが止まってしまった。薄明までは少し時間があったが仕方がない。

b0167343_1513046.jpg
2013年9月17日 2:33 - 3:45 八ヶ岳山麓野辺山高原
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間32秒; ISO 3200) x 19コマ + (露光時間40秒; ISO 3200) x 7コマ+ (露光時間50秒; ISO 3200-2500) x 15コマ 全41コマ積算露光時間 27分 
オートダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理


ピント合わせは悪くないハズなのだが、結露の影響に手動ガイド不良が重なり、しかもISOの高い短時間露光なので個々の画質が粗くコンポジットしても解消されなかった。そのため相当に眠たい仕上がりになってしまった。それでも、赤く広がる星雲の中心部に白っぽいシャボン玉のよう輪郭をなんとか辿ることが出来る。倍率的には、M52星団とバブル星雲がバランス良く収まる構図なので、条件の良い晩にぜひ再挑戦したい。

この夜の気温の低下は急激で、薄明前には冬用の上着まで身につけても寒さを感ずるほどだった。機材を撤収して車のエンジンをかけて、フロントガラスの結露をワイパーで取り除けようとしたら、結露が凍り付いていた。

PS1
ちょうどAPODに同じような構図の画像がアップされていた。

PS2
b0167343_035014.jpg
あろうことか、貴重な1コマの中央を堂々と航空機が通過していた。
人工衛星の航跡なら比較暗合成でどうにかなるが
ここまでハデだと、コンポジットには入れられない。

時刻は午前3時47分。
どこからどこに行くのだろうか・・・

by Nikon8cmtelescope | 2013-10-20 00:11 | 星雲

M3球状星団 2013

5月の連休明けにNikon 8cmによるメシエ天体のコリメート撮影は目出たく完走を果たしたが、それまでの奮闘・迷走を順次アップしていく・・・

3月も半ばに久しぶりに富士山麓に出掛けた。この夜も、なかなか残りのメシエ天体を撮影する気分にならず、またまた気分転換!!っと開き直って、しばらくぶりでM3球状星団にNikon 8cmを向けた。メシエ天体には球状星団が29含まれているのだが、まだ手持ち撮影だった頃の2010年10月の時点で球状星団は完走を果たしていた。あの頃は勢いがあって、メシエ天体の完走にこんなに苦しむとは夢にも思っていなかった。

せめて今までにないような解像度の高い画像を目指そうと、フォーカス合わせを慎重に行った上で、手動追尾も肩の力を抜いてソフトな動きを心がける。広場を囲む赤松林の梢を時折風が鳴らすが、上空の気流はそれほど悪くなさそうだし、何よりも赤道儀のご機嫌が珍しくうるわしいようだ。気温が高くなったせいだろうか。

中心部が飽和しないように、いつもなら短時間露光の撮影を入れるところを、画質の向上を意識して露光時間は40秒で維持しながらISOを下げることで対応した。撮影しながらコンデジのバック・モニターで確認する限りは、なかなかシャープな写りのようだ。画像の処理でも、シャープさを尊重し星が膨化しないように強調処理は軽めに施して終わりにした。

b0167343_16395792.jpg

(画像をクリックすると少し大きくなります)
2013年3月新月期 23:05 - 24:50 山梨県富士山麓
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間32秒; ISO 2000-2500) x 8コマ + (露光時間40秒; ISO 400-2000) x 40コマ + (露光時間80秒; ISO 640-800) x 6コマ 全54コマ積算露光時間 30分 
オート・ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理


あまり持ち上げなかったので、昨シーズンの撮影より立体感にはやや乏しいが、「針で突いたような」とまではいかないまでも、ツブツブというよりはチクチクした感じに近い狙い通りの仕上がりになった。ここまで写るとなると、球状星団も放っておけないなあ。

また逃避してしまいそう・・・

by Nikon8cmtelescope | 2013-05-18 23:35 | 星雲

M46星団 2013

メシエ天体も残り5つになって少し気力が湧いてきた。そこで、まだ上限の月が残る中を冬のホームグラウンドと化した盆地東部の山中に馳せ参じた。しかし気合いが空回り気味で、まだお目当ての「しし座」はようやく山の上に姿を見せたばかり。しかも月明かりが残っているので、たまには散開星団を撮影してみようと思い立った。そこで、これまでにNikon 8cmでは思うよう写せていなかったM46を選んだ。

周囲をぐるりと山に囲まれているので、M46も山のすぐ上に見えている。Nikon 8cmに導くと、眼視では繊細な輝きの星々が視野の中心に程よい密度で広がっていて、なかなか美しい。このところ、ちっぽけな光芒の銀河ばかり追いかけていたので、なおさら美しく感じられるのだろうか。ちなみに、星団のなかにある惑星状星雲の存在は確認できなかった。

40秒露光で撮影を始めたのだが、このところ撮影していた天頂付近にあった「おとめ座」や「かみのけ座」の銀河群とは赤道儀のバランスが異なるせいか、微動装置の手応えが異なってガイドエラーが頻発した。それでも、だんだんと慣れ手加減がわかってきて、64秒露光に延ばしても星が点像に近く捉えられるようになった。

b0167343_172158.jpg
(画像をクリックすると少し大きくなります)
2013年2月新月期 22:58 - 24:12 山梨県笛吹市
Nikon 8cm (f 1200mm) + Takahashi LE30 (30mm) 手動ガイドによるCanon PowerShot S95 コリメート撮影
No filter (露光時間40秒; ISO 1000-320) x 29コマ + (露光時間64秒; ISO 320) x 4コマ 全33コマ積算露光時間 24分 
オート・ダーク減算 + Photoshop Elementsを用いてコンポジット+フラット補正+簡易星マスク+HDR処理


散開星団だし月明かりの影響もあったので、強調処理はほとんどせずに完成とした。それでも、小さなシャボン玉のような惑星状星雲の存在が確認できる。また、青ハロが出ている訳ではないのに、星団を構成する微光星が青みを帯びて写っており、清新な印象がなかなかよろしい。

by Nikon8cmtelescope | 2013-04-26 01:05 | 星団

深まりゆく秋(二重星団)

記録的な暑さだった9月も終わり、10月の新月期の星空は秋から冬の星座へとそろそろ主役が交代しつつある。八ヶ岳周辺も急に紅葉が進み、甲府盆地から望む山々も高いところは薄らと雪化粧した。

b0167343_14303549.jpg
写真は、8月下旬に撮影した二重星団。あまり露光時間はがんばらず、20秒露光(ISO 1600) 12コマ、32秒露光(ISO 1600-1000) 16コマ、40秒露光(ISO 800-500) 12コマの合計40コマで、積算露光時間は20分。微光星の集団が視野の両側に位置するため、レンズの収差が比較的目立つのが、これはもうコリメート撮影の宿命だなあ。

by Nikon8cmtelescope | 2012-10-21 14:31 | 星団